警告

  • バッテリーパックは爆発、または有毒な物質を放出する場合があります。火災または火傷の恐れがあります。開けたり、押し潰したり、改造したり、分解したり、60℃以上の熱に曝したり、焼却したりしないでください。
  • メーカーの指示に従ってください。
  • Shure充電器はShure充電式バッテリーの充電のみに使用してください
  • 警告:電池が間違って交換された場合、爆発する恐れがあります。同じ種類または同等の種類の電池と交換してください。
  • 決して口の中に電池を入れないでください。飲み込んだ場合は医師または最寄りの中毒事故管理センターまで連絡してください。
  • ショートさせないでください。火傷または火災の原因となります。
  • Shure充電式バッテリー以外のバッテリーパックを充電、または使用しないでください。
  • バッテリーパックは正しく処分してください。使用済みバッテリーパックの適切な廃棄方法については、各地域の販売店にお問い合わせください。
  • 電池(電池パックまたは内蔵電池)は直射日光、火などの高熱に曝さないでください。

警告:電池が間違って交換された場合、爆発する恐れがあります。単三電池のみを使用してください。

注:必ず同梱の電源、Shure純正品を使用してください。

電池、パッケージ、電子廃棄物については地域のリサイクル方法に従ってください。

警告:本製品には、ガンや先天性欠損症をはじめとする生殖機能の異常を引き起こすことがカリフォルニア州当局により明らかにされている化学物質が含まれています。

低功率電波輻射性電機管理辦法

第十二條

經型式認證合格之低功率射頻電機,非經許可,公司、商號或使用者均不得擅自變更頻率、加大功率或變更原設計之特性及功能。 第十四條

低功率射頻電機之使用不得影響飛航安全及干擾合法通信;經發現有干擾現象時,應立即停用,並改善至無干擾時方得繼續使用。前項合法通信,指依電信法規定作業之無線電通信。低功率射頻電機須忍受合法通信或工業、科學及醫療用電波輻射性電機設備之干擾。

AD1 Axientデジタルボディパック送信機

ADシリーズのボディパック送信機は、ワイドチューニング、高密度(HD) モードで暗号化機能付きの完璧な音質とRFパフォーマンスを実現します。送信機は、耐久性の高い金属製で、単三またはSB900A充電池(ドックで充電可能)が使用でき、TA4またはLEMO3コネクターのオプションを備えています。

特長

パフォーマンス

  • フラット周波数特性の20 Hz-20 kHz範囲
  • 自動入力ステージングでゲイン設定を最適化
  • AES 256-ビット暗号化対応で安全に送信
  • >120 dBダイナミックレンジ
  • 100メートル(300フィート)の見通し線送信到達距離
  • 選択可能な変調モードにより、スペクトル効率性のパフォーマンスを最適化:
    • 標準 - 最適カバー領域、低レイテンシー
    • 高密度 - 最大システムチャンネル数で劇的に向上
  • 内蔵のトーンジェネレーターとRFマーカーで歩行テストに対応
  • 切替可能電力レベル = 2/10/35 mW(地域による)
  • 2つのボディパックを使った周波数ダイバーシティの選択

設計

  • TA4またはLEMO3音声コネクタオプション
  • ナビゲートしやすいメニューとコントロールのバックライトLCD
  • 頑強な金属製ボディ
  • 柔軟な¼波長アンテナ
  • メニューおよび電源ロックアウト

送信出力

  • AAアルカリ電池2個で8時間以上の連続使用
  • Shure SB900Aリチウムイオン充電式バッテリーは長時間のバッテリー寿命、正確な計測、およびゼロメモリエフェクトを提供します
  • ドッキング充電用の外付け充電接続

同梱物

単3アルカリ乾電池2個 80B8201
¼波長アンテナ 地域により異なります
ねじロック式TAF4アダプター WA340
送信機キャリングケース WA610
ジッパー付きバッグ 26A13
ベルトクリップ 44A12547

オプションのアクセサリー

ボディパック用充電式リチウムイオン電池 SB900A
ボディパック型送信機用Yケーブル AXT652
ボディパック型送信機用LEMO Yケーブル AXT652LEMO3
楽器用ケーブル WA302
交換用ベルトクリップ 44A12547
L字型1/4インチコネクター付き装置ケーブル WA304
ボディパック用ミュートスイッチ WA661
2ボディパック用ミュートスイッチ WA662

AD1送信機概要

① RFアンテナ

RF信号送信用。

② ディスプレイ

メニュー画面と設定を表示します。コントロールボタンのいずれかを押すとバックライトが点灯します。

③ 赤外線(IR)ポート

受信機のIRポートに合わせてIR同期を行い、送信機を自動的にチューニングとセットアップします。

④ コントロールボタン

パラメータメニューの操作と設定の変更に使用します。

⑤ 電池コンパートメント

単3乾電池2個またはShure SB900A充電池が必要です。

⑥ 単3乾電池アダプター

単3乾電池を固定するために使用します。Shure SB900A電池使用時は取り外します。

⑦ SMAコネクター

RFアンテナの接続ポイント。

⑧ 電源スイッチ

ユニットの電源をオン/オフします。

⑨ 電源LED

  • 緑色 = ユニットの電源がオン
  • 赤 = 電池低残量、ミュートモードが有効、入力オーバーロード、または電池エラー(トラブルシューティング参照)
  • オレンジ = 電源スイッチモード:オフの位置でスイッチをロック

⑩ 入力ジャック

4ピンミニコネクター(TA4F)付きマイクロホン、または楽器用ケーブルを接続。

注:この送信機のLEMOコネクタモデル版もあります。

ファームウェアの更新

ファームウェアとは、各コンポーネントに組み込まれ、動作をコントロールするソフトウェアのことです。新機能や拡張を組み込むために、定期的に新しいバージョンのファームウェアが開発されています。改善点を利用するには、Shure Update Utilityを使って最新バージョンのファームウェアをアップロードし、インストールして下さい。Shure Update Utilityはhttp://www.shure.com/.からダウンロードできます。

ファームウェアバージョン

更新を行うする際、ファームウェアをまず受信機にダウンロードして、次に送信機を同じファームウェアバージョンに更新して一定した動作が得られるようにします。

Shure製デバイスのファームウェアには、「MAJOR.MINOR.PATCH」(例えば1.2.14)という形式で番号が付けられています。ネットワーク上のすべてのデバイス(送信機を含む)のファームウェアは、少なくともバージョン番号の「MAJOR」と「MINOR」の部分が同じである必要があります(例えば1.2.x)。

送信機を更新する

  1. ファームウェアを送信機にアップロードするには、受信機の Device Configuration > Tx Firmware Update に進みます。
  2. 送信機を横に置き、IRポートを向き合わせます。
  3. 受信機の ENTERを押して、送信機へのダウンロードを始めます。ダウンロードは50秒またはそれ以上かかりますが、その間RFポートは向き合っている必要があります。

送信機コントロール

コントロールを使ってパラメータメニューの操作と値の変更します。

exit "戻る"ボタンとして機能し、値の変更を保存せずに直前のメニューまたはパラメータに戻ります。
enter メニュー画面に入り、パラメータの変更を確定します
∨∧ メニュー画面をスクロールし、パラメータ値を変更するために使用します

ヒント:簡単に設定を行うために、次のコントロールショートカットを使います:

  • 起動中に∧ボタンを押したままにして、送信機コントロールをロックまたはロック解除します
  • 起動中にexitボタンを押したままにして、送信機RF出力をミュートに設定します

コントロールのロック

意図しない、または許可されていないパラメータの変更を防ぐため、送信機のコントロールをロックします。コントロールロックが有効になると、ホーム画面に錠前のアイコンが表示されます。

  1. Utilitiesメニューから、Lockまでナビゲートして次のうちいずれかを選択します:
    • Locked:コントロールをロックします
    • Unlocked:コントロールのロックを解除します
  2. enterを押して保存します。

ヒント:送信機のロックを素早く解除するためには: enterを押し、 Unlockedを選択し、再びenterを押します。

ホーム画面ディスプレイ

ホーム画面には送信機の情報とステータスが表示されます。

ヒント:ホーム画面に表示される情報は、4種類から選ぶことができます。矢印ボタンを押して、以下のうち一つを選んで下さい。

  • 名前
  • 周波数設定
  • グループ(G)およびチャンネル(C)
  • デバイスID

送信機の設定を示すため、以下のアイコンが表示されます。

  • 電地残量(時間と分)またはバーディスプレイ
  • 鍵:暗号化が有効なとき表示されます
  • 錠前:コントロールがロックされているときに表示されます
  • STD:標準送信モード
  • HD:高密度送信モード
  • チェックボックス:ボックスにx印が付いている場合、ミュートモードがONで、ミュートになっています。ボックスが空白の時は、ミュートモードがONですがミュートにはなっていません。

電池の装填

① 電池コンパートメントを開く

ボディパックのサイドタブを押して図のようにバッテリーカバーを開き、電池コンパートメントにアクセスします。

② 電池を装填する

  • 単三電池:(+と-に注意して)電池と単三アダプターを図のように装填し、ふたを閉めます。
  • Shure SB900A電池:(+と-に注意して)電池を図のように装填します。単三電池を取り外し、保管します。ふたを閉めると、電池が固定されます。

注:単三電池を使用する場合は、送信機メニューで電池タイプを設定してください。

単3乾電池の種類の決定

送信機の作動時間を正確に表示するため、装填されている単3乾電池の種類に合うように送信機メニューで電池の種類を設定します。

注:Shure SB900A充電式電池を装填する場合、電池のタイプを設定する必要はなく、電池タイプはShureと表示されます。

  1. Utilitiesまでナビゲートし、Batteryを選択します。
  2. ▼▲ボタンを使って、装填した電池の種類を選択します:
    • Alkaline= アルカリ電池
    • NiMH= ニッケル水素電池
    • Lithium= リチウム一次電池
  3. enterを押して保存します。

単3乾電池の装填

電池を確実に接続し、ふたをしっかりと閉じることができるように、表示に従って電池を奥まで挿入します。

Shure SB900A充電池

Shure SB900Aリチウムイオン電池は送信機の電源として充電オプションを提供します。充電池は、1時間で容量の50%を充電でき、3時間で完全に充電できます。

シングル充電器とマルチベイ充電器がShure電池の充電用として用意されています。

注意:Shure充電器はShure製充電池以外の充電には使用できません。

Shure SB900A動作時間

2 mW 10 mW 35 mW
最大 9 時間 最大 9 時間 最大 5 時間

バッテリー情報をチェック

SB900A充電池を使用しているときは、受信機と送信機のホーム画面に残り時間が時間と分で表示されます。

電池の詳細情報は受信機のBatteryメニューに表示されます: Utilities > Battery

  • Battery:装填した電池の科学的な種類(Shure、アルカリ、リチウム、NiMH)
  • Bars:表示されるバーの本数を示します
  • Time:電池の持続時間
  • Charge:充電容量の割合
  • Health:現在の電池状態のパーセント
  • Cycle:入っているバッテリーの充電サイクル回数の記録
  • Temp:電池温度(摂氏と華氏)

Shure製充電池の手入れと保管についての重要なヒント

Shure製電池は、適切に手入れして保管することで、性能・信頼性・寿命が向上します。

  • 常に電池と送信機を常温で保存してください
  • 電池を長期的に保存する場合、なるべく、最大容量の約40%に充電してください
  • 定期的に電池の接点をアルコールで拭くことで、良好な接触を維持することができます。
  • 保管中は、6ヶ月毎にバッテリー電圧をチェックし、電圧レベルが下がっているバッテリーは容量の40%まで充電してください

充電池の詳細情報については、www.shure.comへアクセスしてください。

単3乾電池と送信機の作動時間

送信機には次の単3乾電池が使用できます:

  • アルカリ
  • ニッケル水素(NiMH)
  • リチウム一次電池

送信機と受信機の画面には、送信機の電池の充電レベルを示す5段階の電池インジケーターが表示されています。送信機の残り作動時間は、以下の表に「時間:分」の形で示されています。

注:電池の持続時間は、製造業者、電池の経年数、および環境条件により異なります。

単3乾電池と送信機の作動時間

アルカリ

電池インジケーター 残りの推定動作時間(時:分)
8:00~6:00
> 4:00
> 1:45
≦ 1:45
≦ 0:45
≦ 0:15

NiMH(2,700 mAh)

電池インジケーター 残りの推定動作時間(時:分)
11:00~8:00
> 5:00
> 2:00
≦ 2:00
≦ 0:45
≦ 0:15

リチウム一次(3,500 mAh)

電池インジケーター 残りの推定動作時間(時:分)
14:00~10:00
> 6:00
> 2:00
≦ 2:00
≦ 0:45
≦ 0:15

メニューパラメータ

Mainメニューでは、使用可能な送信機のパラメータを3つのサブメニューに整理します:

  • Radio
  • Audio
  • Utilities

矢印ボタンを使用して、サブメニュー間をスクロールします。

メニューパラメータ設定のヒント

  • ホーム画面からメニューオプションにアクセスするには、enterボタンを押します。矢印ボタンを使って他のメニューやパラメーターにアクセスします。
  • 編集が可能になるとメニューパラメータが点滅します
  • パラメータを増加、減少または変更させるには、矢印ボタンを使用します
  • メニューの変更を保存するには、enterを押してください
  • 変更を保存しないでメニューを終了するには、exitを押します

メニューマップ

Radioメニュー

G:とC:グループとチャンネル

Enter ボタンを押すと、グループ(G:)とチャンネル(C:)の編集ができるようになります。値を調整するには矢印ボタンを使います。

周波数

Enterボタンを1回押して最初の3桁を編集するか、または2回押して次の3桁を編集します。

RF Power

電力を高く設定すると、送信機の範囲を拡張できます。

RF Output

  • On:RF信号がアクティブです
  • Mute:RF信号が非アクティブです

Audioメニュー

Pad

音声入力のオーバーロードを回避するために、パッドを調整します。-12 dBまたはOffを選んでください。

Offset

周波数ダイバーシティのために2台の送信機を使う場合、または受信機スロットに複数の送信機を割り当てる場合は、オフセットレベルを調整して、マイクレベルを釣り合わせて下さい。調整範囲:-12 dB から +21 dB。

Polarity

LEMOコネクタ送信機の選択可能な極割当て:
  • Pos:マイクロホンのダイヤフラムへの正の圧力は、ピン2(XLR出力のピン3に対する)とTRS出力のチップ端子に正電圧を生成します。
  • Neg:マイクロホンのダイヤフラムへの正の圧力は、ピン2(XLR出力のピン3に対する)とTRS出力のチップ端子に負電圧を生成します。

MuteMode

有効な場合、電源スイッチが音声のミュートスイッチとして構成されます:
  • 電源スイッチがオン:音声信号がオン
  • 電源スイッチがオフ:音声信号がミュート

Tone

送信機は連続した試験信号音を生成します。周波数は400 Hzまたは1000 Hzに設定可能です。

レベル

有効な場合、試験信号音の出力レベルを調整することができます。

Utilitiesメニュー

Dev ID

最大9つの文字または数字を使ったデバイスIDを割り当てます。

Lock

送信機コントロールと電源スイッチをロックします。

Marker

有効な場合、Enterボタンを押してWireless Workbenchにマーカーをドロップします。

Battery

電池情報を表示します:
  • Battery:装填した電池の科学的な種類(Shure充電式、アルカリ、リチウム、NiMH)
  • Bars:表示されるバーの本数を示します
  • Time:電池の持続時間
  • Charge:充電容量の割合
  • Health:現在の電池状態のパーセント
  • Cycle:入っているバッテリーの充電サイクル回数の記録
  • Temp:電池温度(摂氏と華氏)

About

送信機情報を表示します:
  • FW:インストールされたファームウェア
  • HW:ハードウェアのバージョン
  • SN:シリアルナンバー

Reset All

すべての送信機パラメータを工場出荷時設定に復元します。

赤外線同期

赤外線同期を使って送信機と受信機間の音声チャンネルを形成します。

注:受信機の帯域は送信機の帯域に一致しなくてはなりません。

  1. 受信機チャンネルを選択します。
  2. グループスキャンを使ってチャンネルを使用可能な周波数にチューニングするか、あるいは、または手動で空き周波数に合わせます。
  3. 送信機の電源をオンにします。
  4. 受信機のSYNCボタンを押します。
  5. IR LEDが赤く点灯するように、送信機と受信機のIRウィンドウを向き合わせます。完了すると、Sync Success!と表示され、送信機と受信機の周波数合わせが完了したことが分かります。

注:

受信機の暗号化状態を変更する(暗号化の有効化/無効化)には、送信機に設定を送るための同期が必要になります。赤外線同期を行うたびに、送信機・受信機チャンネルの新しい暗号化鍵が生成されます。このため、送信機用に新しい鍵を要求するために、目的の受信機チャンネルと赤外線同期を実行します。

周波数の手動設定

送信機は特定の周波数、グループ、またはチャンネルに手動でチューニングできます

  1. Radioメニューに移動します。
  2. 周波数を手動で選択するには、G:とC:までスクロールし、グループとチャンネルを編集するか、または周波数パラメータまでスクロールします。
  3. 編集を有効にするには、enterボタンを押します。
  4. ∧∨ボタンを使ってグループ、チャンネル、または周波数を調整します。
  5. enterを押して保存し、終わったらexitを押します。

ボディパック型送信機の装着方法

図のように、送信機をベルトに留めるか、送信機のクリップにギターストラップを通します。

確実に固定するために、ベルトをクリップの奥まで押し込んでください。

ヒント:クリップは、取り付けオプションを増やすために、取り外して180度回転させることができます。

RFミュート

RFミュートにより、送信機をオンのままにした状態で、RF信号を抑制することにより音声送信ができないようにします。ホーム画面にはこのモードでRF Muteが表示されます。

  1. Radioメニューから、RF Outputに移動します。
  2. 次のオプションからいずれかを選択します:
    • On:RF信号がアクティブです
    • Mute:RF信号が無効です
  3. enterを押して保存します。

送信機のオンとオフを切り替えたり、電池を交換したりすると、RF OutputOnに戻ります。

RFミュートをオンにします。

RFミュートをオンにすると、すぐに送信機がRFミュートモードになります。

  • 送信機がオフの状態で起動し、exitボタンを押したまま電源を入れます。
  • RF Mutedメッセージがホーム画面に表示されるまでexitボタンを引き続き押したままにします

入力オーバーロード

入力で高レベルの音声信号が発生した場合、OVERLOADメッセージが表示されます。オーバーロードをさらに示すために、電源LEDが赤く変わります。入力信号を減少させるか、入力パッドを有効にしてオーバーロードを除去します。

オーディオレベルをオフセットに合わせる

2台以上の送信機を1台の受信機に接続する際は、マイクや楽器の間に音量の差が出ることがあります。その際は、Offset機能を使って音量を合わせ、送信機の間の音量差を無くして下さい。送信機が1台だけの時は、Offsetを0dbに合わせてください。

  1. 1台目の送信機の電源を入れてサウンドチェックを行い、オーディオレベルを確認します。終わったら送信機の電源を切ります。
  2. 2台目の送信機の電源を入れてサウンドチェックを行い、オーディオレベルを確認します。他にも送信機があれば、同じ手順を繰り返します。
  3. 送信機間で可聴サウンドレベルに差がある場合は、送信機でOffsetメニュー( Audio > Offset )までナビゲートし、オーディオレベルに合うようリアルタイムでOffsetを増減してください。

トーンジェネレーター

送信機には、連続音声信号を発生させるトーンジェネレーターが内蔵されてます。トーンは、サウンドチェックを実施する際や音声信号チェーンのトラブルシューティングに役に立ちます。トーンのレベルは-60 dB-0 dBに調整可能であり、周波数は400 Hzまたは1000 Hzのおずれかに設定できます。

  1. AudioメニューからToneを選択します。
  2. 周波数を400 Hzまたは1000 Hzに設定します。
  3. Levelを選択して矢印ボタンを使用し、-60 dB-0 dBの範囲で値を調整します。

ヒント:スピーカーまたはヘッドホンのオーバーロードを避けるため、必ずレベルを-60 dBに設定した状態で起動します。

メニューからOffを選択するか、送信機の電源をいったん切ってから入れることによりトーンをオフにします。

仕様

マイクオフセットレンジ

-12 ~ 21dB(1 dB刻み)

電池タイプ

Shure SB900A 充電式リチウムイオン または LR6 単三電池1.5 V

電池の持続時間

@ 10 mW

Shure SB900A 最大9 時間
アルカリ乾電池 最大8 時間

電池持続時間チャートを参照

寸法

86 mmx 66 mmx 23 mm (3.4 インチ x 2.6 インチ x 0.9 インチ) 高さ×幅×奥行き

質量

142 g (5.0 オンス), 電池除く

外装

ダイカストメタル

音声入力

コネクター

4ピン・オス型ミニコネクター (TA4M) または Lemoコネクター

構成

アンバランス

インピーダンス

1 MΩ,

最大入力レベル

1% THDで1 kHz

パッドオフ 8.5  dBV(7.5 Vpp)
パッドオン 20.5  dBV(30 Vpp)

プリアンプ等価入力ノイズ(EIN)

システムゲイン設定 ≥ +20

-120  dBV, Aウェイト, 標準

送信出力

コネクター

SMA

アンテナタイプ

1/4波長

インピーダンス

50 Ω

占有周波数帯域幅

<200 kHz

モジュレーションタイプ

Shure Axientデジタル所有権

電源

2 mW, 10 mW, 35 mW

周波数レンジおよび出力電源表を参照, 地域により異なります

周波数帯と受信機RF出力

バンド 周波数帯域(MHz) RF出力(mW)***
G53 470 510 2/10/35
G54 479 565 2/10/20
G55 470 636* 2/10/35
G56 470 636 2/10/35
G57 470 616* 2/10/35
G62 510 530 2/10/35
H54 520 636 2/10/35
K53 606 698* 2/10/35
K54 606 663** 2/10/35
K55 606 694 2/10/35
K56 606 714 2/10/35
K57 606 790 2/10/35
K58 622 698 2/10/35
L54 630 787 2/10/35
R52 794 806 2/10/35
JB 806 810 2/10
X51 925 937.5 2/10
X55 941 960 2/10/35

注:*608-614 MHz間に差がある

注:**608と614 MHz間、616と653 MHz間に差がある。

注:***電源はアンテナポートに供給されます。

K55 606-694 MHz

Country Code

Code de Pays

Codice di paese

Código de país

Länder-Kürzel

Frequency Range

Gamme de frequences

Gamme di frequenza

Gama de frequencias

Frequenzbereich

A, B, BG, CH, CY, CZ, D, DK, EST, F *
FIN, GB, GR, H, HR, I, IRL, IS, L, LT *
M, N, NL, P, PL, RO, S, SK, SLO, TR *
all other countries *

* This equipment may be capable of operating on some frequencies not authorized in your region. See Licensing Information.

G56 470-636 MHz

Country Code

Code de Pays

Codice di paese

Código de país

Länder-Kürzel

Frequency Range

Gamme de frequences

Gamme di frequenza

Gama de frequencias

Frequenzbereich

A, B, BG, CH, CY, CZ, D, DK, EST, F *
FIN, GB, GR, H, HR, I, IRL, IS, L, LT *
M, N, NL, P, PL, RO, S, SK, SLO, TR *
all other countries *

* This equipment may be capable of operating on some frequencies not authorized in your region. See Licensing Information.

K57 606-790 MHz

Country Code

Code de Pays

Codice di paese

Código de país

Länder-Kürzel

Frequency Range

Gamme de frequences

Gamme di frequenza

Gama de frequencias

Frequenzbereich

A, B, BG, CH, CY, CZ, D, DK, EST, F *
FIN, GB, GR, H, HR, I, IRL, IS, L, LT *
M, N, NL, P, PL, RO, S, SK, SLO, TR *
all other countries *

* This equipment may be capable of operating on some frequencies not authorized in your region. See Licensing Information.

入力コネクタ略図

TA4M

LEMO

認証

FCCパート74認証。

カナダでRSS-210に対して認証。

FCC ID: DD4AD1G55、DD4AD1G57、DD4AD1K53、DD4AD1K54、DD4AD1X55。IC: 616A-AD1G55、616A-AD1K53。

このデバイスは、カナダ産業省ライセンス免除RSS基準に適合しています。本装置の操作は次の2つの条件の対象となります:(1) 装置は干渉を起こしてはならない、(2) 装置は、望まない操作を起こす干渉を含め、あらゆる干渉を受け入れなければならない。Le présent appareil est conforme aux CNR d'Industrie Canada applicables aux appareils radio exempts de licence.L'exploitation est autorisée aux deux conditions suivantes :(1) l'appareil ne doit pas produire de brouillage, et (2) l'utilisateur de l'appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le brouillage est susceptible d'en compromettre le fonctionnement.

次の欧州指令の必須要件を満たします:

  • WEEE指令2002/96/EC(2008/34/EC改正)
  • RoHS指令2011/65/EC

    注:電池および電気製品の廃棄については地域のリサイクル方法に従ってください

本製品は、関連するすべての欧州指令の基本的要件を満たし、CEマークに適合しています。

Shure Incorporatedは、無線機器が指令2014/53/EUを順守していることを宣言します。EU適合宣言書の全文は以下のインターネットアドレスでご覧いただけます:http://www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str. 12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Email: EMEAsupport@shure.de

ライセンスについて

免許:本機器操作の際、行政上の免許が特定の地域で要求される場合があります。必要条件の有無については国内当局にお問い合わせください。書面によるShure Incorporatedの承認を得ることなく本機器の変更・改造を行った場合、装置を使用する権利が無効となる場合があります。Shureワイヤレスマイクロホン装置の免許取得は使用者の責任であり、免許の取得は使用者の区分とアプリケーション、周波数によって異なります。周波数の選択と購入の前に、適正な免許に関する情報を得るために監督機関にお問い合わせになることを強くおすすめいたします。

ユーザー情報

本機器はテストされFCC規定パート15に従いクラスBデジタル機器に適合しますが、制限があります。これらの制限は、住宅地域において設置する際、有害な電波干渉から機器を適度に保護するためのものです。本機器は電磁波を発生・使用し、放射する場合があります。取扱説明書に従って設置しないと無線通信に電波干渉が起こります。また、設置状況に関わらず妨害を引き起こす可能性もあります。本機器によりラジオやテレビの受信に電波干渉が起こるようであれば(これは、機器の電源を一度切ってから入れるとわかります)、次の手段を1つまたは複数用いて電波干渉を防いでください。

  • 受信アンテナを別の方向に向けるか、別の場所に移す。
  • 機器と受信機の設置間隔を広げる。
  • 受信機を接続しているコンセントとは別の回路にあるコンセントに機器を接続する。
  • 販売店または熟練したラジオ/テレビ技術者に相談する。

オーストラリアの無線に関する警告

このデバイスは、ACMAクラスライセンスの下に動作し、動作周波数を含む当該ライセンスのあらゆる条件に適合している必要があります。2014年12月31日までは、このデバイスは、520-820 MHz周波数帯域での動作に適合します。警告:2014年12月31日を過ぎたら、適合のためには本機器を694-820 MHz帯域で動作させてはいけません。

このデバイスは、カナダ産業省ライセンス免除RSS基準に適合しています。本装置の操作は次の2つの条件の対象となります:(1) 装置は干渉を起こしてはならない、(2) 装置は、望まない操作を起こす干渉を含め、あらゆる干渉を受け入れなければならない。

Le présent appareil est conforme aux CNR d'Industrie Canada applicables aux appareils radio exempts de licence.L'exploitation est autorisée aux deux conditions suivantes :(1) l'appareil ne doit pas produire de brouillage, et (2) l'utilisateur de l'appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le brouillage est susceptible d'en compromettre le fonctionnement.