安全のための重要注意事項

  1. この説明書をお読みください。
  2. この説明書を保管しておいてください。
  3. 警告事項すべてに留意してください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. この製品は水の近くで使用しないでください。
  6. 掃除は、乾いた布でから拭きするだけにしてください。
  7. 通風口を塞がないようにしてください。十分な換気ができるよう余裕を持たせ、メーカーの指示に従って設置してください。
  8. 炎、ラジエーターや暖房送風口、ストーブ、その他、熱を発生する機器 (アンプなど) の近くには設置しないでください。炎が出る物を製品の上に置かないでください。
  9. 有極プラグやアース付きプラグは安全のために用いられていますので、正しく接続してください。有極プラグは、2本のブレードのうち一方が幅広になっています。アース付きプラグは、2本のブレードの他に、3本目のアース端子がついています。幅広のブレードや3本目の棒は、安全のためのものです。これらのプラグがコンセントの差し込み口に合わない場合は、電気工事業者に相談し、コンセントを交換してもらってください。
  10. 電源コードは、特にプラグ差し込み部分、延長コード、機器から出ている部分において、引っかかって抜けたり挟まれたりしないように保護してください。
  11. アタッチメントや付属品は、必ずメーカー指定のものをご利用ください。
  12. カートやスタンド、三脚、ブラケット、テーブル等は、メーカー指定のものか、この装置用に販売されているものを必ずご利用ください。カートに装置を載せて動かす際は、つっかけて怪我をしないよう注意してください。

  13. 雷を伴う嵐の際、または長期間使用しない場合は、プラグをコンセントから抜いてください。
  14. 整備の際は、資格のある整備担当者に必ずご相談ください。電源コードやプラグの損傷、液体や異物が装置内に入り込んだ場合、装置が雨や湿気に曝された場合、正常に作動しない場合、装置を落とした場合など、装置が何らかの状態で損傷した場合は、整備が必要です。
  15. 水滴や水しぶきに曝さないでください。液体の入った花瓶などを装置の上に置かないでください。
  16. MAINSプラグまたはアプライアンスカップラーが使用できる状態にしておいてください。
  17. 装置の空気伝播音は70 dB(A)を超えません。
  18. クラスI構造の装置は保護接地接続のある主電源の壁コンセントに接続してください。
  19. 火災や感電の危険を避けるため、本機器は雨や湿気のある場所にさらさないでください。
  20. 本製品の改造は試みないでください。けがや製品の故障の原因となる可能性があります。
  21. 本製品は指定された動作温度範囲内で使用してください。

シンボルの説明

警告:感電のおそれ

警告:危険のおそれ(注意書き参照)

直流

交流

オン (供給)

二重絶縁または強化絶縁により常に保護されている機器

スタンバイ

機器は通常の廃棄物の流れにより廃棄されてはなりません。

警告: この装置内には、生命の危険を伴う高電圧が存在します。ユーザーは内部の部品を保守できません。保守の際は、資格のある保守担当者に必ずご相談ください。使用電圧の工場出荷時設定が変更された場合は、安全保証は適用されません。

警告:電池パックは直射日光や火などの高熱にさらさないでください。

警告:誤った電池と交換された場合、爆発する恐れがあります。単3形電池のみを使用してください。

警告:本製品には、ガンや先天性欠損症をはじめとする生殖機能の異常を引き起こすことがカリフォルニア州当局により明らかにされている化学物質が含まれています。

警告

  • バッテリーパックは爆発、または有毒な物質を放出する場合があります。 火災または火傷の恐れがあります。 開けたり、押し潰したり、改造したり、分解したり、60℃以上の熱に曝したり、焼却したりしないでください。
  • メーカーの指示に従ってください。
  • 決して口の中に電池を入れないでください。 飲み込んだ場合は医師または最寄りの中毒事故管理センターまで連絡してください。
  • ショートさせないでください。火傷または火災の原因となります。
  • 指定されたShure製品以外に充電や使用はしないでください。
  • バッテリーパックは正しく処分してください。 使用済みバッテリーパックの正しい処分方法については、各地域販売店にお問い合わせください。

注:

  • 本機器はプロのオーディオ用途用です。
  • EMC適合性は同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。別種のケーブルを使用した場合はEMC性能が低下します。
  • この充電器はShure社の充電モジュールと指定電池パックにのみ使用してください。指定のモジュールと電池パック以外のものに使用すると、発火や爆発の危険性が高まります。
  • 本機器の変更・改造は、Shure Incorporated によって書面で認可されたものを除き、装置の使用の権限を無効にする場合があります。

注:必ず同梱の電源、Shure純正品を使用してください。

システムの概要

GLX-Dアドバンストデジタルワイヤレスシステムには、自動周波管理技術、ラック取り付け式金属受信機、充電対応リチウムイオン電池、世界的な知名度を誇るマイクロホン、比類無いデザインとメカニズムが集約されています。新しいGLX-Dアドバンストフリケンシーマネージャー(別売)は、複数のGLXD4R受信機システムを接続して、電波周波数を1対のアンテナに結合することで、チャンネル数を増やし電波の信頼性を改善します。新しいアンテナアクセサリーにより、パフォーマンスが向上する指向性アンテナを送信機の近くに設置することができ、受信性能が改善できます。ボティパックとハンドヘルドの多様な組み合わせを提供するGLX-Dアドバンストデジタルワイヤレスは、快適な操作性とクリアなデジタル音質の新基準です。

特長

  • 極めてクリアなデジタル音質
  • 世界的に免許不要な2.4 GHz帯を使用
  • オプションのGLX-Dフリケンシーマネージャーにより最大11システムの同時運用が可能
  • モートマウントと改善された受信感度のための新しいアンテナアクセサリー
  • ハーフラックサイズの金属製ケース
  • 充電池による高いコスト効率と最長16時間の連続使用を実現
  • 調整可能な送信機ゲインにより音声信号を最適化
  • 音声の途切れを生じることなく干渉のある周波数から自動で移動
  • 送信機機能のリモートコントロール用RFバックチャンネル
  • 送信機の自動電源オフ機能により送信機を使用していないときの電池残量を節約

付属品

リバースSMAバルクヘッドアダブター、ロックワッシャー、ナット (2)

95A32436

0.6 m (2 フィート)リバースSMAケーブル (2)

UA802-RSMA

電源

PS43

UA8-2.4 GHz 1/2波長アンテナ (2)

95B13528

ラックマウント金具キット

90AZ8100

Shureリチウムイオン充電池*

SB902

USBケーブル、タイプA/マイクロB*

95A21651

* 本製品は GLXD14 または GLXD24 システムにのみ含まれています。

オプションのアクセサリー

GLX-Dフリケンシーマネージャー UA846Z2-LC
2.4GHzパッシブアンテナ PA805Z2-RSMA
リバースSMAパッシブアンテナスプリッター(900MHz・ISMバンド、DECT、2.4GHz) UA221-RSMA
PA805Z2-RSMAとUA8-2.4GHZ用ウォールマウント UA505-RSMA
1/2波長アンテナ、45度(2.4GHz) UA8-2.4GHZ
0.6m(2フィート)リバースSMAケーブル UA802-RSMA
1.8m(6フィート)リバースSMAケーブル UA806-RSMA
7.6m(25フィート)リバースSMAケーブル UA825-RSMA
15.2m(50フィート)リバースSMAケーブル UA850-RSMA
30.4m(100フィート)リバースSMAケーブル UA8100-RSMA
リバースSMAバルクヘッドアダプター 95A32436
スタンドアローン・シングルバッテリー充電器 SBC10-902
自動車用バッテリー充電器 SBC-CAR

シングル受信機向けクイックスタート

送信機と受信機は初回電源オン時に自動リンクにより音声チャンネルが形成され、その後リンク作業の必要がないので、セットアップ時間を短縮できます。

ステップ ①

ACアダプターを受信機に接続し、電源プラグをコンセントに差し込みます。音声出力をアンプまたはミキサーに接続します。

ステップ ②

充電済みの充電池を送信機に入れます。

ステップ ③

送信機と受信機の電源を入れます。送信機と受信機がリンクを形成する間、青のrf LEDが点滅します。リンクが形成されると、rf LEDが青く点灯します。

注:送信機と受信機のリンク関係はその後の使用時にも維持されます。リンクステップはスキップされ、電源を入れると、青のrf LEDと送信機のLEDが点灯となります。

ステップ ④

音声をチェックし、必要に応じてゲインを調整します。

受信機の操作部とコネクター

① RFステータスLED

  • 点灯 = リンクした送信機の電源はオンです
  • 点滅 = 送信機を検索しています
  • 消灯 = リンクした送信機の電源がオフかリンクされていません

② グループボタン

手動でグループを選ぶ場合は、2秒間押し続けます。

③ データ同調LED

  • 点灯 = データが同期しています(受信機がGLX-Dフリケンシーマネージャーに接続されています)。
  • 点滅 = 周波数を検索しています
  • 消灯 = データ同期していません(受信機がGLX-Dフリケンシーマネージャーに接続されていません)。

④ リンクボタン

手動で受信機を送信機とリンク、あるいはリモートID機能を動作させます。

⑤ チャンネル

  • チャンネルスキャンを開始します。
  • 手動でチャンネルを選ぶ場合は、2秒間押し続けます。

⑥ LCD画面

受信機と送信機のステータスを表示します。

⑦ ゲインボタン

1 dBステップで送信機のゲインを増減できます。

⑧ 電池充電インジケーター

充電ベイに電池を入れると点灯します:
  • 赤色 = 電池の充電中
  • 緑色の点滅 = 電池充電量 は 90%
  • 緑色 = 電池充電完了
  • 黄色の点滅 = 充電エラー、電池を交換してください

⑨ 電池充電ベイ

受信機をAC電源に接続すると、送信機用充電池が充電されます。

⑩ 電源ボタン

ユニットの電源をオン/オフします。

⑪ アンテナ

受信機は2つのアンテナを使用します。アンテナは送信機からの信号を受信します。

⑫ 電源コネクター

付属のDC15 VのACアダプターを接続します。

⑬ ファームウェアアップデート用コネクター

ファームウエアのアップデートを行う際にコンピューターと接続します。

⑭ Mic/Lineスイッチ

XLR出力レベルをマイクロホンまたはラインに設定します。

⑮ XLRオーディオ出力

マイクロホンレベルまたはラインレベルのオーディオ出力を提供します。

⑯ 楽器/Aux出力

6.35mm TRSプラグ用の音声出力ですミキサー、レコーダー、アンプに接続します。

受信機の画面

① グループ

選択したグループを表示します。

② チャンネル

選択したチャンネルを表示します。

③ 送信機電池寿命

電池の残り時間を時分表示します。

下記のバッテリー状態を表示します:

  • CALC = バッテリー残時間を計算中
  • Lo = バッテリー残時間が15分以下です
  • Err = バッテリーを交換してください

④ オーディオメーター

音声信号レベルとピークを示します。

⑤ ゲイン

送信機ゲイン設定を表示します (dB)。

⑥ OL(オーバーロード)インジケーター

音声オーバーロードを示します。ゲインを下げてください。

⑦ 送信機ロック

リンクされた送信機コントロールがロックされているときに表示されます。

⑧ スキャン中

スキャンが行われていることを表します

⑨ オート

選択したグループがバックアップチャンネルを使用できることを示します。

送信機

① アンテナ

ワイヤレス信号を送信します。

② ステータスLED

LEDカラーで送信機ステータスを示します。

③ 電源スイッチ

送信機のオン/オフを切り替えます。

④ TA4M入力ジャック

4ピンミニコネクター(TA4F)付きマイクロホン、または楽器用ケーブルを接続。

⑤ マイクロUSB充電ポート

USB充電器に接続します。

⑥ リンクボタン

  • 5秒以内で長押ししてマニュアルで受信機とリンクします
  • 一瞬押してリモートID機能を有効にします

⑦ 電池コンパートメント

Shure充電式電池を1本収容します。

⑧ マイクロホンカートリッジ

GLXD-2送信機モデルには以下のカートリッジタイプが使用できます: SM58、Beta 58、SM86、Beta 87A

送信機ステータスLED

LEDは通常使用時は緑色です。

LEDの色や点滅は、以下の表のように送信機のステータスが変わったことを示します:

ステータス ステータス
緑色 点滅(遅い) 送信機が受信機とのリンクを回復しようとしています
点滅(速い) リンクされていない送信機が受信機を検索しています
3回点滅 電源スイッチを押したとき、送信機がロックされていることを示します
オン 電池残量 < 1時間
点滅状態 電池残量 < 30分
赤/緑 点滅状態 リモートID有効
オレンジ 点滅状態 電池エラー、電池交換

ボディパック型送信機の取付方法

図のように、送信機をベルトに留めるか、送信機のクリップにギターストラップを通します。

確実に固定するために、ベルトをクリップの奥まで押し込んでください。

ヘッドウォーンマイクロホンの装着

  • ヘッドウォーンマイクロホンを口の端から13 mmくらいの位置にします。
  • ラベリア及びヘッドウォーンマイクロホンが、衣服、宝石、または他の装飾品と当たったり擦れたりしないような位置を選びます。

マイクロホンの正しい持ち方

  • 音源から30cm以内にマイクロホンを設置します。
  • 低域を増した温かみのある音を得るには、さらにマイクロホンを音源に近づけます。
  • 手でグリルを覆わないでください。

電池と充電

GLX-D送信機はShure SB902リチウムイオン充電式電池で動作します。新型の電池機構により、ゼロメモリエフェクトで動作時間を最大化し、充電前に電池を放電する必要をなくします。

未使用時の電池の保管推奨温度は10℃~25℃です。

注記:USBケーブルが接続された状態のときは、送信機はRFもオーディオ信号も送信しません。

以下の電池の充電オプションが使用できます:

受信機チャージングベイ

受信機が電源出力にプラグインしていると、受信機内蔵のチャージングベイが送信機のバッテリーにチャージをします。

  1. チャージングベイに電池を挿入します。
  2. フロントパネルの電池充電インジケーターを監視します。

AC電源から充電

  1. 充電ケーブルを送信機の充電ポートに接続します。
  2. 充電ケーブルをAC電源に接続します。

USBポートから充電

  1. USB充電ケーブルを送信機の充電ポートに接続します。
  2. ケーブルを標準USBポートに接続します。

充電中のLEDステータス

以下のLEDの状態は、送信機を充電器に接続したときの電池ステータスを示します:

  • 緑 = 充電完了
  • 緑に点滅 = 電池充電量 > 90%
  • 赤 = 電池の充電中
  • オレンジに点滅 = 電池エラー、電池交換

送信機電池の取り付け

ボディパック型送信機

  1. ロックレバーをopenポジションに動かし、電池ドアをスライドさせて開きます。
  2. 電池を送信機に装着します。
  3. ドアを閉めてラッチを戻してロックします。

ハンドヘルド型送信機

  1. 電池カバーのネジを外してカバーを取ります。
  2. 電池を送信機に装着します。
  3. 電池カバーを元に戻して締めます。

充電時間と送信機動作時間

以下の表から、充電時間に応じたおおよその電池動作時間を判断します。表示時間は時間と分です。GLX-D送信機は、リンクされた受信機から信号が感知されない場合、約1時間後に自動的に電源がオフになり、電池残量を節約します。

受信機ベイまたはAC電源充電 USB接続充電 送信機動作時間
0:15 0:30 最長1:30
0:30 1:00 最長3:00
1:00 2:00 最長6:00
3:00 4:00 最長16:00*

*保管時間や過剰な熱によって最長動作時間は短くなります。

注:受信機の電源がオフの状態でコンセントに差し込まれていても、電池の充電は続きます。

Shure充電式電池の管理と保存に関する重要なヒント

Shure電池の適切な管理と保存は高い信頼性と長い寿命を保証します。

  • 常に電池と送信機を常温で保存してください
  • 電池を長期的に保存する場合、なるべく、最大容量の約40%に充電してください
  • 保存中、6ヶ月毎に電池を調べ、必要に応じて最大容量の40%に再充電してください

2.4 GHzスペクトル概要

GLX-Dは2.4GHz ISM帯域内で動作します。これはWi-Fi、Bluetooth、その他のワイヤレスデバイスが使用しています。2.4GHzの利点は、これが世界で使用される帯域であり、ライセンス料なしで使用できることです。

2.4 GHz帯に特有の問題について

2.4 GHz帯の問題として、予測不可能なWi-Fiトラフィックの存在があります。GLX-Dは以下の方法でこの問題に対応しています:

  • チャンネル毎に最善な3つの周波数に優先順位をつけて送信します (全2.4 GHz帯でプールした6つの周波数から選択)。
  • 干渉をシームレスに回避して音声の途切れなくバックアップ周波数へ移行します
  • 別売オプションのGLX-Dフリケンシーマネージャーにより、複数の受信機を持つシステムの電波の信頼性を高めることができます。
  • 運用中に継続的にスキャンし、すべての周波数をランク付けします (現在使用中とバックアップ周波数の両方)
  • アンテナマウントアクセサリーと志向性アンテナ(別売)により、送信機からアンテナまでの距離を縮めてアンテナスプリッタに接続します

Wi-Fiとの共存

パフォーマンス中にWi-Fiを使用する場合、GLX-Dを起動し、最良のチャンネルのスキャンをする前に、Wi-Fi機器を起動してください。GLX-Dは、2.4GHz環境全体をスキャンし、送信するのに最適な3つの周波数を選択することで、他のWi-Fi通信を検知し、回避します。この方式はWi-Fi信号を回避し、あなたのGLX-Dワイヤレスシステムの確実なパフォーマンスを実現します。

Wi-Fiの「バースト」は、周期的に起こるため検出が困難です。しかしながら、GLX-Dが最も重要な情報を繰り返すため、高レベルでのバーストも音声性能に影響を与えることはありません。

厳しいワイヤレス環境

環境によっては、2.4 GHzワイヤレスシステムのパフォーマンスを発揮するのが困難な場合があります。加えて、2.4GHz帯域における人体による吸収はUHF帯よりも大きな影響を与えます。多くの場合、最も簡単なソリューションは、送信機と受信機の間の距離を短くすることで、受信機をステージ上におきクリアな見通し線を確保します。あなたはまたShure指向性アンテナを使って送信機とアンテナの距離を縮めることによって遠隔操作でアンテナを組み込むことができます。

難しい環境には次の場合が挙げられます:

  • 次のような反射面の少ないエリア:
    • 屋外
    • 非常に高い天井を持つ建物
  • 3台かそれ以上のGLXD4R受信機を使用し、GLX-D周波マネージャーにつないでいません。
  • 強いWi-Fiの存在があるエリア
  • 使用中の他のメーカー製品からの2.4GHzシステム

注:アナログTV帯ワイヤレスのように多くのメーカー製品が同タイプの送信に用いているのとは異なり、現在の市場にあるすべての2.4GHzワイヤレスは異なるバリエーションの無線送信を行っています。この違いにより2.4GHzで複数のメーカー製品を、TV帯ワイヤレスのソリューションのように上手く混ぜて適合させることを難しくしています。

ワイヤレスシステムの性能を向上させるためのヒント

干渉またはドロップアウトが生じる場合は、次の操作をお試しください。

  1. 受信機をWi-Fiアクセスポイント、コンピューター、または他の動作中の2.4GHzソースから少なくとも3メーター(10フィート)離れた場所に移動します。
    • 大きなファイルのダウンロードや動画視聴など負荷の大きいWi-Fi通信操作を避けます。
    • GLX-Dのスイッチを入れるに先立って全てのWi-Fiを有効にし、一番良いチャンネルをスキャンします。
  2. 受信機を、ステージの上か視聴者の上方に、送信機へのクリアな視認ラインと共に設置して、発信機と受信機の距離を縮めます。
    • 受信機をクリアな視認ラインのために設備棚の一番上に移動します。
    • 受信機がより近くに動かせない場合には、アンテナを送信機により近いところに遠隔操作でマウントし、電波周波数の信頼性を強化します。
    • 受信機と送信機の間で人々が視認ラインをブロックされていないか確認します。

その他のヒント

  • 競い合う2.4GHz受信機をGLXD4R受信機の近くにおかないでください。
  • 電波周波数の信頼性を強化するためには、GLX-D周波マネージャーに2台以上のGLXD4R受信機を接続してください。
  • 使用できる最良のチャンネルをスキャンする(チャンネルボタンを押す)。
  • 送信機同士を2メートル(6フィート)以上離します。受信機と発信機の距離がより短いことや、受信機をGLX-D周波マネージャーに接続するかどうかはあまり気にかけなくてもよいです。

    注: 送信機がGLX-D以外の送信機やマイクロホンカートリッジと15センチ(6インチ)以内の距離にある場合、ノイズが聞こえることがあります。

  • 送信機や受信機を金属や他の高密度物質から遠ざけてください。
  • サウンドチェックの際に、問題を生じる位置にテープ等で印をし、プレゼンターまたはパフォーマーにその場所を避けるよう伝えます。
  • 既知の強力なWi-Fi電波源があり、どうしてもそのWi-Fiチャンネル内の周波数を用いたい場合、以下のグループ/チャンネルを使用します(リストの前にあるもの程良いものです):
    • Wi-Fi 1:グループ3/チャンネル8、グループ3/チャンネル4
    • Wi-Fi 6:グループ3/チャンネル7、グループ3/チャンネル5
    • Wi-Fi 11:グループ3/チャンネル2、グループ3/チャンネル1

遠隔操作アンテナの設置

アンテナを遠隔操作でマウントするときは、これらのガイドラインに従ってください:

  • 送信機とアンテナの間の距離を縮めてください。
  • パフォーマンスを改善するためにはアンテナを互いにより遠くにマウントしてください。
  • 送信機までの見通し線上に障害物(視聴者を含む)がないように、アンテナを配置します。
  • アンテナを金属物質や他の全てのアンテナから遠ざけてください。
  • 電波周波数シグナルが弱くなることを避けるために低損失逆SMAケーブルのみを使ってください。
    • ケーブルの仕様書を見て目標のケーブルランのための信号損失を計算してください。
  • 信号信頼性を増大させるために、アンテナから受信機まで一続きの長さのケーブルを用いてください。
  • スピーチやコンサートなどでワイヤレスシステムを使用する前に、必ず「会場内を歩いて回る」テストを行って動作範囲を確認してください。アンテナの配置をさまざまに変えてみることにより、最適な場所を見つけます。必要な場合は、「問題の発生する場所」にマークを付け、講師や演奏者にその場所を避けるよう伝えます。

複数の受信機を使用する場合

2台以上の受信機を同時に使用する場合、電波の信頼度を高めるためにGLX-Dフリケンシーマネージャーの使用を推奨します。

フリケンシーマネージャーを用いなくても複数の受信機を使用することは可能です。システム内の受信機の合計台数(チャンネル数)により、グループを選択します。同じシステムの受信機はすべて同じグループに設定する必要があります。

グループ チャンネル数 (受信機の台数) チャンネルごとのバックアップ周波数の数 注記
1 最大4 3 初期工場設定。
2 最大5* 3 干渉が生じた場合の最良のマルチチャンネルグループ。
3 最大8* 0 グループ3は管理されたWi-Fi環境下でのみ使用してください。バックアップ周波数がないため干渉を回避することができません。
4 1 27 干渉が生じた場合の最良の単一チャンネルグループ。

*環境に依存するため、4システムとなることもあります

詳細は、「ワイヤレスシステムの性能を向上させるためのヒント」のセクションを参照してください。GLX-Dフリケンシーマネージャー接続時の受信機グループに関する情報については、UA846ユーザーガイドを参照してください。

受信機と送信機のセットアップ

注:セットアップを開始する前にすべての送信機と受信機の電源を切っておきます。送受信機のリンクの交錯を防ぐため、各ペアごとに電源を入れます。

  1. 最初の受信機の電源を入れます。
  2. グループボタンを長押しして グループ を選択します(必要に応じ)。グループがすでにセットされている場合は チャンネル ボタンを押してスキャンを行い最適なチャンネルを選択します。
  3. 最初の送信機の電源を入れます。リンクが確立されると、rf LED が青く点灯します。

1~3のステップを各ペアごとに繰り返してください。各受信機は同じグループに設定しなければいけません。

フリケンシーマネージャーに接続したら、GLX-Dフリケンシーマネージャーのユーザーガイドを参照して受信機と送信機をセットアップします。

注:チャンネルスキャンによりグループおよびチャンネルディスプレイに横線が表示される場合、その選択したグループには空きの周波数がないことを示しています。より多くの受信機をサポートするグループを選択し、セットアップのステップを繰り返してください。

送信機を受信機に手動でリンクする

手動リンクオプションを使用して、受信機にリンクする送信機を変更します。手動リンクは通常、リンクする送信機の種類をボディパックからハンドヘルドに変更する場合に使用します。

  1. 送信機をオンにします:5秒以内にLINKボタンを長押しし、送信機のLEDが緑に点滅し始めるまで押し続けます。
  2. 受信機のリンクボタンを押し続けます:青のrfLEDが点滅し、リンクが確立されると点灯状態になります。
  3. 音声をテストしてリンクを確認し、適宜ゲインを調整します。

コンボシステム

コンボシステムは、2台の送信機を1台の受信機にリンクして作成します。干渉が生じないよう、1度に動作させる送信機は1台のみとします。各送信機のゲイン設定は、送信機が動作中のときに独立して設定して保存することができます。

重要!いかなる時も、リンクされた送信機2台を同時にオンにして作動させてはなりません。

始める前に両方の送信機をオフにします。

  1. グループ ボタンを押してグループを選択します。受信機は選択したグループを自動的にスキャンし、最適なチャンネルを検出します。
  2. 送信機1の電源をオンにし、受信機と同期させます。ゲインを調整し、送信機をオフにします。
  3. 送信機2の電源をオンにし、受信機と同期させます。ゲインを調整し、送信機をオフにします。

注:送信機は一度にひとつのGLX-D受信機にしか接続できません。

操作

ゲイン調整

受信機のゲインボタンでリンクされた送信機のゲインを増減します:

  • リンクした送信機の電源をオンにしたら、ゲインボタンを短く押すと1 dBステップでゲインを調整しできます。
  • すばやくゲインを変えるには、ゲインボタンを押し続けます。
  • ギターの出力レベルを再現するには、ユニティゲインを¼˝出力に対して-18 dBにします

ヒント:音声をモニターし音声メーターレベルを観察して、ゲインを調整する際に信号がオーバーロードにならないようにします。

操作部のロックおよびロック解除

送信機と受信機の操作部は、誤操作の防止や権限のない人が変更できないように、ロックすることができます。

注:ロック設定は、電源を落としても影響を受けません。

受信機操作部のロック

LCDにLK が表示されるまで、グループボタンとチャンネルボタンを同時に押し続けます。再度行うとロックが解除されます。

  • ロック中に操作を行うとLK と表示されます。
  • アンロックすると確認のためUN と短時間表示されます。

送信機電源スイッチのロック

まず送信機の電源スイッチをオフの位置にし、LINKボタンを押したままオンにします。ロックアイコンが受信機LCDに表示されるまで、リンクボタンを押し続けます。再度行うとロックが解除されます。

または、送信機電源スイッチを受信機のフロントパネルからリモートでロックすることもできます:

点滅するロックアイコンが受信機LCDに表示されるまで、約2秒程度 grouplink ボタンを同時に押し続けます。再度行うとロックが解除されます。

リンクされた送信機と受信機をリモートIDで識別する

リモートID機能を使って、複数の受信機システム環境でリンクされた送信機と受信機のペアを識別することができます。リモートIDが有効なとき、受信機LCDが点滅し、 IDが表示されます。対応する送信機のステータスLEDが約45秒間緑と赤に交互に点滅します。

リモートIDを有効にするには:

  1. 送信機または受信機の linkボタンを一瞬押します。
  2. リンクされた受信機のLCDが点滅しID が表示され、リンクされた送信機のステータスLEDが赤/緑に点滅します。
  3. リモートIDモードを終了するには、link ボタンを一瞬押すか、この機能がタイムアウトになるようにします。

グループとチャンネルの手動選択

自動スキャン機能を使わずに、特定のグループとチャンネルを受信機に割り当てることができます。

注記:Wi-Fi機器からの干渉を防ぐため、グループ3はWi-Fi環境が管理された状態の場所での使用を推奨します。

グループの選択

  1. groupボタンを2秒間押し、group表示を点滅させます。
  2. groupボタンを押して使用可能なグループをスクロールします。
  3. 受信機は自動的に選択したグループを保存します。

チャンネルの選択

  1. channelボタンを2秒間押し、channel表示を点滅させます。
  2. channelボタンを押して使用可能なチャンネルをスクロールします。
  3. 受信機は自動的に選択したチャンネルを保存します。

注記:チャンネルスキャン中に受信機画面に2本の横線 -- が表示された場合は、選択したグループ内に使用可能なチャンネルがないことを示します。さらにチャンネルがあるグループを選択し、セットアップのステップを繰り返します。

ファームウェア

ファームウェアは各コンポーネントに埋め込まれたソフトウェアで機能をコントロールします。定期的に新しいバージョンがリリースされ、機能の追加や拡張が行われます。デザインの改善を活用するには、Shure更新ユーティリティツールを使用してファームウェアの新しいバージョンをダウンロードし、インストールすることができます。

ソフトウェアは http://www.shure.com/update-utilityからダウンロードできます。

コンピューターに接続する

GLX-Dシステムに付属のUSB/マイクロUSBケーブルを使用し、デバイスをコンピューターに接続します。

ラック取り付け指示書

付属の取り付け金具を使用し、受信機を標準19インチオーディオ機器ラックに取り付けます。

トラブルシューティング

問題 インジケーターの状態 解決策
音が聞こえない、またはかすかに音がする 受信機のRFLED点灯
  • すべてのサウンドシステムの接続を確認し、必要に応じてゲインを調整します(ゲインの調整を参照)。
  • 受信機がミキサー/アンプに接続されているか確認する。
受信機のRFLED消灯
  • 送信機の電源をオンにします。
  • 電池が正しく入れられているか確認します。
  • 送信機と受信機をリンクします(リンク方法の項を参照)。
  • 送信機の充電池を充電あるいは交換します。
受信機のLCD画面が表示されない
  • ACアダプターが確実にコンセントに差し込まれていることを確認します。
  • 受信機の電源がオンになっていることを確認します。
送信機のLEDインジケーターが赤く点滅している 送信機の充電池を充電あるいは交換します。
送信機が充電器に接続されている。 送信機を充電器から外します。
音声の異常、途切れ RFLEDが点滅、または消灯
  • 受信機および送信機を別のグループやチャンネルに変更します。
  • 付近の干渉源(携帯電話、Wi-Fiアクセスポイント、信号プロセッサ等)を特定し、干渉源の電源を切るか移動させます。
  • 送信機の充電池を充電あるいは交換します。
  • 受信機と送信機が動作条件内にあることを確認します。
  • システムが推奨される範囲に設置し、受信機は金属面から離します。
  • 最適なサウンドを得るためには送信機は受信機からの見通し線上で使用する必要があります。
歪み OLインジケーターが受信機LCDに表示される 送信機のゲインを下げます(ゲインの調整を参照)。
送信機と受信機のリンクが確立できない 送信機と受信機のLEDが点滅してリンク設定が開始されたことを示すが、リンクは確立できない 送信機と受信機のファームウェアをバージョン2.0以降に更新します。Shure Update Utilityアプリケーションをダウンロードし、手順にそってファームウェアを更新します。
別の音源に送信機と切り替えると音量が変化する N/A 必要に応じて送信機のゲインを調整します(ゲインの調整を参照)。
受信機/送信機の電源がオフにならない 送信機のLEDが速く点滅 操作部がロックされています。操作部のロックおよびロック解除を参照。
受信機でゲインコントロールが調整できない N/A 送信機をチェックします。ゲインを変更するには送信機の電源がオンになっている必要があります。
受信機の操作部が操作できない ボタンを押すと、受信機にLKと表示される 操作部がロックされています。操作部のロックおよびロック解除を参照。
送信機ID機能が反応しない 送信機のLEDが3回緑色で点滅 操作部がロックされています。操作部のロックおよびロック解除を参照。
送信機情報が受信機LCDに表示されない N/A リンクされた送信機の電源がオフ、あるいは受信機が送信機にリンクされていません。
送信機の電源が1時間経過するとオフになる 送信機のLED消灯 GLX-D送信機は、リンクされた受信機から信号が感知されない場合、電池の節約のため約1時間後に自動的に電源がオフになります。リンクされた受信機がオンになっていることを確認します。
2台目のフリケンシーマネージャーから受信機へRFシグナルが送られない。 データ同期LED消灯 2台目のフリケンシーマネージャーの antenna Aおよびantenna Bポートが、1台目のフリケンシーマネージャーのcascade Acascade Bポートに接続されていることを確認してください。
フリケンシーマネージャーに接続されている間のRF干渉 受信機の画面が点滅 -- -- システムをWi-Fiアクセスポイントまたはコンピュータなどの他の2.4 GHzから離します。指向性アンテナを使用している場合、アンテナの後ろにある干渉源をnullにして、干渉を最小限に抑えます。受信機または指向性アンテナを送信機に近づけます。

コンポーネントのリセット

送信機または受信機を工場出荷時設定に復元するために必要な場合は、リセット機能を使用します。

受信機のリセット

受信機を以下の工場出荷時設定に復元します:

  • ゲインレベル = デフォルト
  • コントロール = ロック解除

REがLCDに表示されるまで受信機の電源をオンにした状態で、linkボタンを押し続けます。

注記: リセットが完了したら、受信機は自動的にリンクする送信機の検索を開始します。 電源オンから5秒以内に送信機リンクボタンを押してリンクを完了します。

送信機のリセット

送信機を以下の工場出荷時設定に復元します:

  • コントロール = ロック解除

電源LEDがオフになるまで、送信機をオンにした状態で送信機のリンクボタンを押し続けます。

リンクボタンを放すと、送信機がリンク先として自動的に使用可能な受信機を検索します。 使用可能な受信機のリンクボタンを押して再リンクします。

仕様

チューニング帯域幅

2400~2483.5 MHz

到達距離

屋内 最大 30 m(100 ft) 標準, 最大 60 m(200 ft) 最大
屋外 最大 20 m(65 ft) 標準, 最大 50 m(165 ft) 最大

注:実際の到達距離は、無線信号の吸収や反射、干渉により左右されます。

送信機モード

Shure GLX-D所有権デジタル

周波数特性

20 Hz ~20 kHz

注:マイクロホンのタイプにより異なります

ダイナミックレンジ

120dB, Aウェイト

RF 感度

-88 dBm, 標準

THD(全高周波歪率)

0.2%, 標準

RF送信出力

10 mW E.I.R.P.最大

動作温度範囲

-18°C (0°F) ~ 57°C (135°F)

注:電池特性によりこの範囲は限定される場合があります。

保管温度範囲

-29°C (-20°F) ~ 74°C (165°F)

極性

マイクロホンのダイヤフラムへの正の圧力(またはWA302フォンプラグのチップ端子への正電圧の適用)により、2番ピン(ロー・インピーダンス出力の3番ピンに対して)およびハイ・インピーダンス1/4インチ出力のチップ端子に正電圧が生成されます。

電池寿命

最大 16 時間

チャンネル数

9 標準, 11 最大

GLXD1

寸法

90 x 65 x 23 mm(3.56x 2.54x 0.90 インチ), 高さ×幅×奥行き(アンテナなし)

質量

132 g(4.7 オンス) 電池除く

使用電源

3.7 V 充電式リチウムイオン

外装

ダイカストメタル, ブラック・パウダーコーティング

入力インピーダンス

900 kΩ

RF送信出力

10 mW E.I.R.P.最大

送信機の入力

コネクター

4ピン・オス型ミニコネクター (TA4M)

構成

アンバランス

最大入力レベル

1% THDで1 kHz

+8.4 dBV(7.5 Vp-p)

アンテナタイプ

内部単極

ピンアサイン

TA4M

1 アース(ケーブルシールド)
2 + 5 Vバイアス
3 オーディオ
4 アクティブロードを通じて地面に結合されている(4ピンのフロートケーブル変換アダプタで)

GLXD2

寸法

モデル A B C
SM58 51 mm、(2.0インチ) 252 mm、(9.9インチ) 37 mm、(1.5インチ)
BETA 58 51 mm、(2.0インチ) 252 mm、(9.9インチ) 37 mm、(1.5インチ)
SM86 49 mm、(1.9インチ) 252 mm、(9.9インチ) 37 mm、(1.5インチ)
BETA 87A 51 mm、(2.0インチ) 252 mm、(9.9インチ) 37 mm、(1.5インチ)

質量

SM58 267 g(9.4 オンス) 電池除く
BETA 58 221 g(7.8 オンス) 電池除く
SM86 275 g(9.1 オンス) 電池除く
BETA 87A 264 g(9.3 オンス) 電池除く

外装

成形プラスチック

使用電源

3.7 V 充電式リチウムイオン

RF送信出力

10 mW E.I.R.P.最大

最大入力レベル

SM58 146 dB SPL
BETA 58 147 dB SPL
SM86 143 dB SPL
BETA 87A 147 dB SPL

GLXD4R

寸法

42 x 197 x 163 mm(1.7 x 7.8 x 6.4 インチ), 高さ×幅×奥行き

質量

907.2 g (32 オンス) 電池除く

外装

スチール

使用電源

14 ~ 18 V DC(リングに対してチップが正), 550 mA

スプリアス除去

>35dB, 標準

ゲイン調整範囲

-18 ~ 42 dB 1 dB刻み

ファンタム電源保護

搭載

音声出力

構成

XLR出力 バランス
6.35 mm出力 インピーダンスバランス

インピーダンス

XLR出力 100 Ω
6.35 mm出力 100 Ω (50 Ω, アンバランス)

フルスケール出力

1/4" (6.35 mm) +12  dBV
XLR LINE設定= +18  dBV, MIC設定= -12  dBV

Mic/Lineスイッチ

30 dBパッド

ピンの割当

XLR出力 1=接地、2=ホット、3=コールド
6.35 mmフォーンジャック チップ=オーディオ、リング=オーディオ無し、スリーブ=接地

受信機アンテナ入力

インピーダンス

50 Ω

アンテナタイプ

1/2波長スリーブダイポール

最大入力レベル

−20 dBm

受信機出力コネクター

認証

本装置はFCC規制第15部に準拠しています。 操作は次の2つの条件の対象となります: (1)装置は有害な干渉を起こさない可能性がある、(2)装置は、望まない操作を起こす干渉を含む、あらゆる受信干渉を受け入れなければならない。

このワイヤレスシステムは全世界で使用可能な ISM 周波数帯 2400 MHz~2483.5 MHz で作動します。使用にあたり、ユーザー ライセンスは不要です。

カナダにおいてRSS-247およびRSS-GENによりIC認可。

IC:616A-GLXD1、616A-GLXD2、616A-GLXD4RZ2

FCCパート15認証。

FCC ID:DD4GLXD1、DD4GLXD2、DD4GLXD4RZ2

産業のカナダICES-003コンプライアンスレベル:CAN ICES-3 (B)/NMB-3(B)

このデバイスは、カナダ産業省ライセンス免除RSS基準に適合しています。本装置の操作は次の2つの条件の対象となります:(1) 装置は干渉を起こしてはならない、(2) 装置は、望まない操作を起こす干渉を含め、あらゆる干渉を受け入れなければならない。

Le présent appareil est conforme aux CNR d'Industrie Canada applicables aux appareils radio exempts de licence.L'exploitation est autorisée aux deux conditions suivantes :(1) l'appareil ne doit pas produire de brouillage, et (2) l'utilisateur de l'appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le brouillage est susceptible d'en compromettre le fonctionnement.

次の欧州指令の必須要件を満たします:

  • WEEE指令2002/96/EC(2008/34/EC改正)
  • RoHS指令2011/65/EC

    注:電池および電気製品の廃棄については地域のリサイクル方法に従ってください

Shure Incorporatedは、無線機器が指令2014/53/EUを順守していることを宣言します。EU適合宣言書の全文は以下のインターネットアドレスでご覧いただけます:http://www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str. 12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Email: EMEAsupport@shure.de

ユーザー情報

本機器はテストされFCC規定パート15に従いクラスBデジタル機器に適合しますが、制限があります。これらの制限は、住宅地域において設置する際、有害な電波干渉から機器を適度に保護するためのものです。本機器は電磁波を発生・使用し、放射する場合があります。取扱説明書に従って設置しないと無線通信に電波干渉が起こります。また、設置状況に関わらず妨害を引き起こす可能性もあります。本機器によりラジオやテレビの受信に電波干渉が起こるようであれば(これは、機器の電源を一度切ってから入れるとわかります)、次の手段を1つまたは複数用いて電波干渉を防いでください。

  • 受信アンテナを別の方向に向けるか、別の場所に移す。
  • 機器と受信機の設置間隔を広げる。
  • 受信機を接続しているコンセントとは別の回路にあるコンセントに機器を接続する。
  • 販売店または熟練したラジオ/テレビ技術者に相談する。

運用に際しての注意

この機器の使用周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機器のほか工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

  1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局並びにアマ   チュア無線局が運用されていないことを確認して下さい。
  2. 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、 速やかに使用周波数を変更するか又は電波の発射を停止した上、下記連絡先にご連絡頂き、混  信回避のための処置等(例えば、パーティションの設置など)についてご相談して下さい。
  3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、保証書に記載の販売代  理店または購入店へお問い合わせください。代理店および販売店情報は Shure 日本語ウェブサイト  http://www.shure.co.jp でもご覧いただけます。

現品表示記号について

現品表示記号は、以下のことを表しています。 この無線機器は 2.4GHz 帯の電波を使用し、変調方式は「その他」の方式、想定与干渉距離は 80m です。 2,400MHz~ 2,483.5MHz の全帯域を使用し、移動体識別装置の帯域を回避することはできません。