概要

Shure Microflex® MX400Dシリーズマイクロホンは、ミニエレクトレットコンデンサー型グースネックマイクロホンで、デスクトップベースと3mのケーブルが付属しています。 デスクトップベースにより、マイクロホンを迅速に設置しなければならない多目的ルームや、常設が難しい場所で使用することができます。

  • 幅広いダイナミックレンジと周波数応答により、正確な音の再現性を提供
  • 用途に合わせて極性パターンを選択できる交換可能カートリッジ
  • プログラム可能なミュートボタンとLEDインジケーター
  • リモートコントロールやオートミキサーとの使用のためのロジック入力/出力端子
  • トランスレスのバランス出力により、長いケーブル使用時のノイズに対する電磁波耐性が向上。
  • RFフィルタリング

デスクトップマイクロホン

MX400マイクロホンは、305 mm(12インチ)または457 mm(18インチ)グースネックと、ミュートスイッチ付き・なしが選択可能です。 スーパーカーディオイド、カーディオイド、無指向性の極性パターンから選択できます。

  • SモデルはミュートボタンとLEDを備えています。
  • Dモデルはデスクトップベース、プログラム可能なミュートボタンおよびLED、ロジック入力/出力を備えています。
  • SEモデルには表面取付けフランジと横出しケーブルが採用されています。

付属カートリッジの極性パターンは、モデル番号末尾に示されています:

/C カーディオイド

/S スーパーカーディオイド

/O 無指向性

/N 付属カートリッジなし

交換可能カートリッジ

Microflexマイクロホンは、交換可能カートリッジを使用し、設置環境に合わせて極性パターンを選択することができます。

カートリッジ指向特性

スナップフィットウィンドスクリーン

  • カートリッジ下の溝にはめ込みます。
  • 外すには、ドライバーや親指で隙間をこじ開けます。
  • 30dBのポップ音防止を提供します。

マイクロホンの設置

  • マイクロホンを目的の音源(話し手など)に向けます。
  • スピーカー等の不要な音源には向けないようにします。
  • マイクロホンを、必要な音源から15~30cmの距離に設置します。
  • 必ず付属のウィンドスクリーンまたはオプションの金属製ウィンドスクリーンを使用して、ブレスノイズを抑えます。
  • 同時に4つ以上のマイクロホンを使用する場合は、Shure SCM810またはSCM410などのオートミキサーを使用することをお勧めします。

表面への固定

固定面に50.8 mm(2インチ)間隔で2つの穴を開けます。

#6-32ネジを使って、マイクロホンを固定します。

DIPスイッチ

ロジック設定とミュートボタンを設定するにはDIPスイッチを使用します。

DIPスイッチは、透明なテープで覆われて出荷されます。スイッチ設定を変える際はテープを取り除いてください。

メモ:マイクロホン使用時には底面のカバーは必ず閉じてください。

OFF (工場出荷時の設定)

ON

1

モーメンタリ

トグル

2

プッシュトゥミュート

プッシュトゥトーク

3

ミュートボタンが有効で、マイクがアクティブになるとLEDが明るくなります

ミュートボタンを無効にすると、(マイクロホンは常にオンです), ロジックがLEDをコントロールします

4

--

--

配線図

注: 音声とロジックグランドはマイクロホンベースに接続されています。

スイッチアウトを常にモーメンタリー動作に変更する

ロジックインターフェースがスイッチアウトのモーメンタリーでのクローズを要求しているが、ミュートボタンでトグル切り替えにしたい場合(DIPスイッチ1オン、3オフ)、次の変更を行ってください:

  1. マイクロホンベースの回路基板が見えるようにします。
  2. R45の抵抗を外し、R46の場所に付け直します。

ミュートボタン設定

DIPスイッチ1および2でミュートボタンは次のように設定されます。

ミュートボタンがマイクロホンからの音声を制御させるには、DIPスイッチ3がオフ(工場出荷時デフォルト)であることを確認してください。

スイッチ機能

DIPスイッチ設定

モーメンタリー: 押してミュート(出荷時)。

モーメンタリー: 押してトーク

トグル: (押してオン/押してオフ): 電源をオンにしたときマイクはアクティブ

トグル: (押してオン/押してオフ): 電源をオンにしたときマイクはミュート

オートミキサーへの接続

これらの設定は、オートミキサーあるいは音声のミュートやLEDを制御する他の装置にマイクロホンを接続する場合に使用します。

  1. ロジック配線をオートミキサーに接続します。 LED INをゲート出力に接続すると、チャンネルのゲートがオンになったときにLEDが点灯します。
  2. DIPスイッチ3をオンに設定します。 これによりミュートボタンが無効になります(ボタンを押しているかいないかに関わらずマイクロホンは音を伝えます)。
  3. DIPスイッチを1にセットし、ミュートボタンがSWITCH OUTロジックを送る方法を設定します:

モーメンタリー: 押す = DC 0 V、離す = DC 5 V

トグル: 初期 = DC 5 V、押す = DC 0 V

ロジック配線

緑色(ロジックグランド): オートミキサー、スイッチャー、その他の機器のロジックグランドに接続します。

オレンジ(LED イン): DIPスイッチ3をオンに設定すると、LED INを使用できます。ロジックグランドにショートすると、LEDが点灯します。

白色(スイッチアウト): ミュートボタンに対応してTTLロジック(DC 0 VまたはDC 5 V)を出力します。 DIPスイッチ1により、モーメンタリーまたはトグルにセットします。 ファンタム電源が供給されると、ロジックはハイ(DC 5 V)に初期化されます。 DIPスイッチ2はスイッチアウトには影響しません。

仕様

カートリッジタイプ

エレクトレットコンデンサー

周波数特性

50~17000 Hz

指向特性

MX412D/C, MX418D/C カーディオイド
MX412D/S, MX418D/S スーパーカーディオイド

出力インピーダンス

180 Ω

出力構成

アクティブバランス

感度

@ 1 kHz, 開回路電圧

カーディオイド –35 dBV/Pa(21  mV)
スーパーカーディオイド –34 dBV/Pa(24  mV)

1 Pa=94 dB SPL

最大SPL

1% THDで1 kHz, 1 kΩ負荷

カーディオイド 124dB
スーパーカーディオイド 123dB

等価出力ノイズ

Aウェイト

カーディオイド 28 dB SPL
スーパーカーディオイド 27 dB SPL

S/N比

基準 94 dB SPL、1 kHz

カーディオイド 66dB
スーパーカーディオイド 68dB

ダイナミックレンジ

1 kΩ負荷, @ 1 kHz

96dB

同相除去

45dB, 最小

プリアンプ出力クリッピングレベル

@1% THD

–6 dBV (0.5 V)

極性

ダイヤフラムへの正の圧力により、XLR出力コネクタ ーの3番ピンに対して2番ピンに正電圧が生成され ます。

質量

MX412D 0.81 kg (1.80 lb)
MX418D 0.82 kg (1.82 lb)

ロジック接続

LED IN アクティブロー (1.0 V以下)、TTL対応。絶対最大電圧:-0.7 V~50 V。
ロジックアウト アクティブロー (0.5 V以下)、最大20 mAまでシンク、TTL対応。絶対最大電圧:-0.7 V~24 V (3 kΩを介して最大50 V)。

ミュートスイッチ

–50dB最小

ケーブル

3mの付属ケーブルは、オス型3ピンXLRで終端処理 のシールド付きオーディオペアおよびロジックコントロ ールに非終端処理の3本のコンダクター付き。

環境条件

使用温度範囲 –18~57°C (0~135°F)
保存温度 –29~74°C (–20~165°F)
相対湿度 0~95%

使用電源

11~52  V DC, 2.0 mA

認証

該当するすべての欧州指令の必須要件を満たします。

CEマーク許可を取得。

CE適合宣言書はShure社またはShure社の欧州担当部より入手することができます。問い合わせ先についてはvisit www.shure.comを参照してください

CE適合宣言書は以下より入手可能です:www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str.12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Eメール:info@shure.de