ANIUSBコマンド文字列

デバイスはイーサネットを経由してAMX、Crestron、Extronなどのコントロールシステムに接続されます。

接続:イーサネット(TCP/IP。AMX/Crestronプログラムで「Client」を選択)

ポート:2202

規則

デバイスには4種類の文字列があります。

GET パラメーターのステータスを取得します。AMX/CrestronがGETコマンドを送信した後、ANIUSBがREPORT文字列で応答します
SET パラメーターのステータスを取得します。AMX/CrestronがSETコマンドを送信した後、ANIUSBがREPORT文字列で応答し、パラメーターの新しい値を示します。
REP ANIUSBは、GETコマンドまたはSETコマンドを受信するとREPORTコマンドで応答し、パラメーターのステータスを示します。ANIUSB上またはGUI経由でパラメーターが変更された場合も、ANIUSBによってREPORTが送信されます。
SAMPLE オーディオレベルのメーター表示に使用します。

すべてのメッセージはASCIIで送受信されます。レベルインジケーターとゲインインジケーターにもASCIIが使用されることに注意してください

ほとんどのパラメーターは、変更されるとREPORTコマンドを送信します。したがって、絶えずパラメーターを問い合わせる必要はありません。これらのパラメーターのいずれかが変更されると、ANIUSBはREPORTコマンドを送信します。

以下のすべてのコマンド文字列中の

「x」

の文字はANIUSBのチャンネルを表し、下表のとおり、0~4のASCII番号になります

00 全チャンネル
01-04 Dante入力
05 アナログ入力
06 USB入力
07-08 Dante出力
09 アナログ出力
10 USB出力

コマンド文字列(共通)

すべて取得する
コマンド文字列:

< GET xx ALL >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。すべてのパラメーターのステータスを更新するには、初回の電源投入時にこのコマンドを使用します。
ANIUSBの応答:

< REP ... >

ANIUSBはすべてのパラメーターについて個々のReport文字列で応答します。
モデル番号を取得する
コマンド文字列:

< GET MODEL >

ANIUSBの応答:

< REP MODEL {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは32文字のモデル番号です。ANIUSBは常に32文字のモデル番号で応答します。
シリアル番号を取得する
コマンド文字列:

< GET SERIAL_NUM >

ANIUSBの応答:

< REP SERIAL_NUM {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは32文字のシリアル番号です。ANIUSBは常に32文字のシリアル番号で応答します。
チャンネル名を取得する
コマンド文字列:

< GET xx CHAN_NAME >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは31文字のチャンネル名です。ANIUSBは常に31文字の名前で応答します。
デバイスIDを取得する
コマンド文字列:

< GET DEVICE_ID >

デバイスIDコマンドにxのチャンネル文字は含まれません。これはIDがANIUSB全体に対して付くためです。
ANIUSBの応答:

< REP DEVICE_ID {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは31文字のデバイスIDです。ANIUSBは常に31文字のデバイスIDで応答します。
ファームウェアバージョンを取得する
コマンド文字列:

< GET FW_VER >

ANIUSBの応答:

< REP FW_VER {yyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyは18文字です。ANIUSBは常に18文字で応答します。
プリセットを取得する
コマンド文字列:

< GET PRESET >

ANIUSBの応答:

< REP PRESET nn >

nnはプリセット番号(01~10)です。0は、アクティブなプリセットなしを表します。
プリセットを設定する
コマンド文字列:

< SET PRESET nn >

nnはプリセット番号(1~10)です。(SETコマンドを使用する場合、最初のゼロは任意です)。
ANIUSBの応答:

< REP PRESET nn >

< REP ERR >

nnはプリセット番号(01~10)です。

ユーザーが空のプリセットをロードしようとする場合です。

プリセット名を取得する
コマンド文字列:

< GET PRESET1 >

< GET PRESET2 >

< GET PRESET3 >

など

これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP PRESET1 {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< REP PRESET2 {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< REP PRESET3 {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

など

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは25文字のデバイスIDです。ANIUSBは常に25文字のデバイスIDで応答します
プリセットオーディオルートを取得する
コマンド文字列:

< GET PRESET_AUDIO_ROUTE >

ANIUSBの応答:

< REP PRESET_AUDIO_ROUTE nn >

これらのプリセットは音声ルーティング情報を格納します。nnは、アクティブなルーティングプリセット番号(01~10)です。0は、アクティブなプリセットなしを表します。
プリセットオーディオルートを設定する
コマンド文字列:

< SET PRESET_AUDIO_ROUTE nn >

これらのプリセットは音声ルーティング情報を格納します。nnは、ルーティングプリセット番号(01~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP PRESET_AUDIO_ROUTE nn >

nnnnはアクティブなルーティングプリセット番号(01~10)です。0は、アクティブなプリセットなしを表します。
オーディオゲインを取得する
コマンド文字列:

< GET xx AUDIO_GAIN_HI_RES >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。yyyyは0.1 dBステップの値となります。
オーディオゲインを設定する
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。yyyyは0.1 dBステップの値となります。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
オーディオゲインをn dB増加させる
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_GAIN_HI_RES INC nn >

nnは0.1 dB単位でのゲイン増加量です。nnは1桁(n)、2桁(nn)、または3桁(nnn)にすることができます。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
オーディオゲインをn dB減少させる
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_GAIN_HI_RES DEC nn >

nnは0.1 dB単位でのゲイン減少量です。nnは1桁(n)、2桁(nn)、または3桁(nnn)にすることができます。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
アナログ入力ゲインスイッチを取得する
コマンド文字列:

< GET xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH >

xxはASCIIチャンネル番号(00または05のいずれか)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH LINE_LVL >

< REP xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH AUX_LVL >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
アナログ入力ゲインスイッチを設定する
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH LINE_LVL >

< SET xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH AUX_LVL >

xxはASCIIのチャンネル番号(00または05のいずれか)です。これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH LINE_LVL >

< REP xx AUDIO_IN_LVL_SWITCH AUX_LVL >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
チャンネル音声ミュートを取得する
コマンド文字列:

< GET xx AUDIO_MUTE >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_MUTE ON >

< REP xx AUDIO_MUTE OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
チャンネル音声をミュートにする
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_MUTE ON >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_MUTE ON >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
チャンネル音声のミュートを解除する
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_MUTE OFF >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_MUTE OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
チャンネル音声ミュートをトグルする
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_MUTE TOGGLE >

ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_MUTE ON >

< REP xx AUDIO_MUTE OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
デバイス音声ミュートを取得する
コマンド文字列:

< GET DEVICE_AUDIO_MUTE >

ANIUSBの応答:

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
デバイス音声ミュートを設定する
コマンド文字列:

< SET DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

< SET DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

< SET DEVICE_AUDIO_MUTE TOGGLE >

これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
アナログ出力ゲインスイッチを取得する
コマンド文字列:

< GET xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH >

xxはASCIIチャンネル番号(00または09のいずれか)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH LINE_LVL >

< REP xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH AUX_LVL >

< REP xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH MIC_LVL >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
アナログ出力ゲインスイッチを設定する
コマンド文字列:

< SET xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH LINE_LVL >

< SET xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH AUX_LVL >

< SET xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH MIC_LVL >

xxはASCIIのチャンネル番号(00または09のいずれか)です。これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH LINE_LVL >

< REP xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH AUX_LVL >

< REP xx AUDIO_OUT_LVL_SWITCH MIC_LVL >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
ANIUSBのライトを点滅する
コマンド文字列:

< SET FLASH ON >

< SET FLASH OFF >

これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。点滅は30秒後に自動的にオフになります。
ANIUSBの応答:

< REP FLASH ON >

< REP FLASH OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
メーターをオンにする
コマンド文字列:

< SET METER_RATE sssss >

測定のオン/オフの切り換えおよびレートの設定を行います。sssssは、単位ミリ秒の値(00000~99999)です。

00000=オフ

00100=最小値

99999=最大値

注:00001~00099の値は無効であり、<REP ERR>という応答が返されます。

ANIUSBの応答:

< REP METER_RATE sssss >

< SAMPLE aaa bbb ccc ddd eee fff ggg hhh iii jjj >

sssss=ミリ秒単位のレートです。「00000」の値は測定が無効であることを意味します。以下のリストは各チャンネルのサンプルです。音声レベルの値が000~060の場合、実際の音声レベルは-60~0 dBFSで表されます。

aaa=チャンネル1データ

bbb=チャンネル2データ

ccc=チャンネル3データ

ddd=チャンネル4データ

eee=チャンネル5データ

fff=チャンネル6データ

ggg=チャンネル7データ

hhh=チャンネル8データ

iii=チャンネル9データ

jjj=チャンネル10データ

メーターを停止する
コマンド文字列:

< SET METER_RATE 0 >

値は00000とも入力できます。
ANIUSBの応答:

< REP METER_RATE 00000 >

LED照度を取得する
コマンド文字列:

< GET LED_BRIGHTNESS >

ANIUSBの応答:

< REP LED_BRIGHTNESS n >

nは以下の値となります:

0 = LED非点灯

1=LED減光

2 = LED初期設定

LED照度を設定する
コマンド文字列:

< SET LED_BRIGHTNESS n >

nは以下の値となります:

0 = LED非点灯

1=LED減光

2 = LED初期設定

ANIUSBの応答:

< REP LED_BRIGHTNESS n >

音声クリップインジケータを取得する
コマンド文字列:

< GET xx AUDIO_OUT_CLIP_INDICATOR >

xxはASCIIのチャンネル番号(00~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx AUDIO_OUT_CLIP_INDICATOR ON >

< REP xx AUDIO_OUT_CLIP_INDICATOR OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
音声IPアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET IP_ADDR_NET_AUDIO_PRIMARY >

ANIUSBの応答:

< REP IP_ADDR_NET_AUDIO_PRIMARY {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、15桁のIPアドレスです。
音声サブネットアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET IP_SUBNET_NET_AUDIO_PRIMARY >

ANIUSBの応答:

< REP IP_SUBNET_NET_AUDIO_PRIMARY {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、15桁のサブネットアドレスです。
音声ゲートウェイアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET IP_GATEWAY_NET_AUDIO_PRIMARY >

ANIUSBの応答:

< REP IP_GATEWAY_NET_AUDIO_PRIMARY {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、15桁のゲートウェイアドレスです。
リミッタステータスを取得する
コマンド文字列:

< GET xx LIMITER_ENGAGED >

xxは、ASCII出力チャンネル番号(07~10)です。リミッタによって信号レベルが減少しているかが示されます。
ANIUSBの応答:

< REP xx LIMITER_ENGAGED ON >

< REP xx LIMITER_ENGAGED OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
暗号化ステータスを取得する
コマンド文字列:

< GET xx ENCRYPTION_CH >

ANIUSBの応答:

< REP xx ENCRYPTION_CH ON >

< REP xx ENCRYPTION_CH OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
ANIUSBを再起動する
コマンド文字列:

< SET REBOOT >

ANIUSBの応答:

< REP REBOOT >

エラーイベントを取得する
コマンド文字列:

< GET LAST_ERROR_EVENT >

ANIUSBについてログが記録された前回のエラーを取得します。
ANIUSBの応答:

< REP LAST_ERROR_EVENT {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、最大で128までの文字です。
PEQフィルター有効を取得する
コマンド文字列:

< GET xx PEQ yy >

xxはPEQブロック(07~10)です。yyはブロック内のPEQフィルター(01~04)です。00はすべてのブロックまたはすべてのフィルターに対して使用できます。
ANIUSBの応答:

< REP xx PEQ yy ON >

< REP xx PEQ yy OFF >

PEQフィルター有効を設定する
コマンド文字列:

< SET xx PEQ yy ON >

< SET xx PEQ yy OFF >

これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP xx PEQ yy ON >

< REP xx PEQ yy OFF >

xxは、PEQブロック(07~10)です。yyは、ブロック内のPEQフィルター(01~04)です。00は、すべてのブロックまたはすべてのフィルターに対して使用できます。
入力メーター表示モードを取得する
コマンド文字列:

< GET INPUT_METER_MODE >

ANIUSBの応答:

< REP INPUT_METER_MODE PRE_FADER >

< REP INPUT_METER_MODE POST_FADER >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
入力メーター表示モードを設定する
コマンド文字列:

< SET INPUT_METER_MODE PRE_FADER >

< SET INPUT_METER_MODE POST_FADER >

これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP INPUT_METER_MODE PRE_FADER >

< REP INPUT_METER_MODE POST_FADER >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
出力メーター表示モードを取得する
コマンド文字列:

< GET OUTPUT_METER_MODE >

ANIUSBの応答:

< REP OUTPUT_METER_MODE PRE_FADER >

< REP OUTPUT_METER_MODE POST_FADER >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
出力メーター表示モードを設定する
コマンド文字列:

< SET OUTPUT_METER_MODE PRE_FADER >

< SET OUTPUT_METER_MODE POST_FADER >

これらのコマンドのいずれかをANIUSBに送信します。
ANIUSBの応答:

< REP OUTPUT_METER_MODE PRE_FADER >

< REP OUTPUT_METER_MODE POST_FADER >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
USB接続ステータスを取得する
コマンド文字列:

< GET USB_CONNECT >

ANIUSBの応答:

< REP USB_CONNECT ON >

< REP USB_CONNECT OFF >

< REP USB_CONNECT ERROR >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
マトリクスミクサールーティングを取得する
コマンド文字列:

< GET xx MATRIX_MXR_ROUTE yy >

xxは入力チャンネル番号(00~06)、yyは出力チャンネル番号(00または07~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx MATRIX_MXR_ROUTE yy ON >

< REP xx MATRIX_MXR_ROUTE yy OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
マトリクスミクサールーティングを設定する
コマンド文字列:

< SET xx MATRIX_MXR_ROUTE yy ON >

< SET xx MATRIX_MXR_ROUTE yy OFF >

xxは入力チャンネル番号(00~06)、yyは出力チャンネル番号(00または07~10)で、ANIUSBにいずれかのコマンドを送信します。
ANIUSBの応答:

< REP xx MATRIX_MXR_ROUTE yy ON >

< REP xx MATRIX_MXR_ROUTE yy OFF >

ANIUSBはこれらのいずれかの文字列で応答します。
マトリクスミクサーゲインを取得する
コマンド文字列:

< GET xx MATRIX_MXR_GAIN yy >

xxは入力チャンネル番号(00~06)、yyは出力チャンネル番号(00または07~10)です。
ANIUSBの応答:

< REP xx MATRIX_MXR_GAIN yyzzzz >

zzzzは0000~1400のASCII値です。zzzzは0.1 dB刻みの値となります。
マトリクスミクサーゲインを設定する
コマンド文字列:

< SET xx MATRIX_MXR_GAIN yyzzzz >

xxは入力チャンネル番号(00~06)、yyは出力チャンネル番号(00または07~10)で、zzzzは0000~1400のASCII値です。zzzzは0.1 dB刻みの値となります。
ANIUSBの応答:

< REP xx MATRIX_MXR_GAIN yyzzzz >

マトリクスミクサーゲインの増分単位
コマンド文字列:

< SET xx MATRIX_MXR_GAIN yy INC nn >

xxは入力チャンネル番号(00~06)、yyは出力チャンネル番号(00または07~10)で、nnは0.1 dB刻みの値となります。
ANIUSBの応答:

< REP xx MATRIX_MXR_GAIN yyzzzz >

zzzzは0000~1400のASCII値です。zzzzは0.1 dB刻みの値となります。
マトリクスミクサーゲインの減少単位
コマンド文字列:

< SET xx MATRIX_MXR_GAIN yy DEC nn >

xxは入力チャンネル番号(00~06)、yyは出力チャンネル番号(00または07~10)で、nnは0.1 dB刻みの値となります。
ANIUSBの応答:

< REP xx MATRIX_MXR_GAIN yyzzzz >

zzzzは0000~1400のASCII値です。zzzzは0.1 dB刻みの値となります。