サードパーティ製のコントロールシステムの使用

マイクロホンは、イーサネット接続を通してロジック信号を受け取るネットワークされたあらゆるデバイスへと、外部ロジックコントロール信号を送信できます。これによりマイクロホンのミュートスイッチにより、マイクロホンを音源でミュートする代わりに(あるいはミュートに加え)DSP音声信号をミュートすることができます。また、マイクロホンはネットワークを経由してロジックコマンドを受け取ります。ウェブアプリケーションによりコントロールされるパラメーターの多くは、適切なコマンドストリングを使用することでサードパーティ製のコントロールシステムからコントロールすることができます。

一般的な用例:

  • ミュート
  • LEDの色および動作
  • プリセットの読み込み
  • レベルの調整

コマンドストリングの完全なリストについては、デバイスのヘルプまたはwww.shure.comをご覧ください。

ミュートボタンが押された時にロジック信号を送信するには:

  1. ウェブアプリケーションで、構成 > ボタンコントロールを選択します。
  2. ボタンプロパティメニューのミュートコントロール機能設定をロジックアウトに変更します。

MXA310 Microflex®Advance™コマンド文字列

デバイスはイーサネットを経由してAMX、Crestron、Extronなどのコントロールシステムに接続されます。

接続:イーサネット(TCP/IP。AMX/Crestronプログラムで「Client」を選択)

ポート:2202

規則

デバイスには4種類の文字列があります。

GET パラメーターのステータスを取得します。AMX/CrestronがGETコマンドを送信した後、MXA310がREPORT文字列で応答します
SET パラメーターのステータスを取得します。AMX/CrestronがSETコマンドを送信した後、MXA310がREPORT文字列で応答し、パラメーターの新しい値を示します。
REP MXA310は、GETコマンドまたはSETコマンドを受信するとREPORTコマンドで応答し、パラメーターのステータスを示します。MXA310上またはGUI経由でパラメーターが変更された場合も、MXA310によってREPORTが送信されます。
SAMPLE オーディオレベルのメーター表示に使用します。

すべてのメッセージはASCIIで送受信されます。レベルインジケーターとゲインインジケーターにもASCIIが使用されることに注意してください

ほとんどのパラメーターは、変更されるとREPORTコマンドを送信します。したがって、絶えずパラメーターを問い合わせる必要はありません。これらのパラメーターのいずれかが変更されると、MXA310はREPORTコマンドを送信します。

以下のすべての文字列の中の

「x」

の文字はMXA310のチャンネルを表し、下表に示されているとおり、0~5のASCII番号になります。

0 全チャンネル
1~4 個々のチャンネル
5 オートミックス出力

コマンド文字列(共通)

すべて取得する
コマンド文字列:

< GET x ALL >

xはASCIIのチャンネル番号(0~5)です。すべてのパラメーターのステータスを更新するには、初回の電源投入時にこのコマンドを使用します。
MXA310の応答:

< REP ... >

MXA310はすべてのパラメーターについて個々のReport文字列で応答します。
モデル番号を取得する
コマンド文字列:

< GET MODEL >

MXA310の応答:

< REP MODEL {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは32文字のモデル番号です。MXA310は常に32文字のモデル番号で応答します。
シリアル番号を取得する
コマンド文字列:

< GET SERIAL_NUM >

MXA310の応答:

< REP SERIAL_NUM {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは32文字のシリアル番号です。MXA310は常に32文字のシリアル番号で応答します。
ファームウェアバージョンを取得する
コマンド文字列:

< GET FW_VER >

MXA310の応答:

< REP FW_VER {yyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyは18文字です。MXA310は常に18文字で応答します。
音声IPアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET IP_ADDR_NET_AUDIO_PRIMARY >

MXA310の応答:

< REP IP_ADDR_NET_AUDIO_PRIMARY {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、15桁のIPアドレスです。
音声サブネットアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET IP_SUBNET_NET_AUDIO_PRIMARY >

MXA310の応答:

< REP IP_SUBNET_NET_AUDIO_PRIMARY {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、15桁のサブネットアドレスです。
音声ゲートウェイアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET IP_GATEWAY_NET_AUDIO_PRIMARY >

MXA310の応答:

< REP IP_GATEWAY_NET_AUDIO_PRIMARY {yyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyは、15桁のゲートウェイアドレスです。
チャンネル名を取得する
コマンド文字列:

< GET x CHAN_NAME >

xはASCIIのチャンネル番号(0~5)です。
MXA310の応答:

< REP x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは31文字のチャンネル名です。MXA310は常に31文字の名前で応答します。
デバイスIDを取得する
コマンド文字列:

< GET DEVICE_ID >

デバイスIDコマンドにxのチャンネル文字は含まれません。これはIDがデバイス全体に対して付くためです。
MXA310の応答:

< REP DEVICE_ID {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは31文字のデバイスIDです。マイクロホンは常に31文字のデバイスIDで応答します。
オーディオゲインを取得する
コマンド文字列:

< GET x AUDIO_GAIN_HI_RES >

xはASCIIのチャンネル番号(1~5)です。チャンネル番号0(全チャンネル)は、このコマンドでは無効です。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。yyyyは0.1 dBステップの値となります。
オーディオゲインを設定する
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。yyyyは0.1 dBステップの値となります。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
オーディオゲインをn dB増加させる
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_GAIN_HI_RES INC nn >

nnは0.1 dB単位でのゲイン増加量です。nnは1桁(n)、2桁(nn)、または3桁(nnn)にすることができます。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
オーディオゲインをn dB減少させる
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_GAIN_HI_RES DEC nn >

nnは0.1 dB単位でのゲイン減少量です。nnは1桁(n)、2桁(nn)、または3桁(nnn)にすることができます。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_GAIN_HI_RES yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
ゲート後のオーディオゲインを取得する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET x AUDIO_GAIN_POSTGATE >

xはASCIIのチャンネル番号(1~4)です。チャンネル番号0(全チャンネル)は、このコマンドでは無効です。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_GAIN_POSTGATE yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。yyyyは0.1 dBステップの値となります。
ゲート後のオーディオゲインを設定(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_GAIN_POSTGATE yyyy >

xはASCIIのチャンネル番号(1~4)です。yyyyは0000~1400のASCII値です。yyyyは0.1 dBステップの値となります。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_GAIN_POSTGATE yyyy >

yyyyは0000~1400のASCII値です。
チャンネル音声ミュートを取得する
コマンド文字列:

< GET x AUDIO_MUTE >

xはASCIIのチャンネル番号(0~5)です。ページ1の表を参照してください。チャンネル音声ミュートはプリメーターです。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_MUTE ON >

< REP x AUDIO_MUTE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
チャンネル音声をミュートにする
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_MUTE ON >

MXA310の応答:

< REP x AUDIO_MUTE ON >

チャンネル音声のミュートを解除する
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_MUTE OFF >

MXA310の応答:

< REP x AUDIO_MUTE OFF >

チャンネル音声ミュートをトグルする
コマンド文字列:

< SET x AUDIO_MUTE TOGGLE >

MXA310の応答:

< REP x AUDIO_MUTE ON >

< REP x AUDIO_MUTE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
デバイス音声ミュートを取得する
コマンド文字列:

< GET DEVICE_AUDIO_MUTE >

デバイス音声ミュートはマイクにあるミュートボタンと同じ働きをします。チャンネル音声ミュートはポストメーターです。
MXA310の応答:

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
デバイス音声をミュートにする
コマンド文字列:

< SET DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

MXA310の応答:

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

デバイス音声のミュートを解除する
コマンド文字列:

< SET DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

MXA310の応答:

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

デバイス音声ミュートをトグルする
コマンド文字列:

< SET DEVICE_AUDIO_MUTE TOGGLE >

MXA310の応答:

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE ON >

< REP DEVICE_AUDIO_MUTE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
出力クリップステータスを取得する
コマンド文字列:

< GET x AUDIO_OUT_CLIP_INDICATOR >

xはASCIIのチャンネル番号(1~5)です。ページ1の表を参照してください。このコマンドを継続して送信する必要はありません。マイクロホンはステータスが変わると必ずREPORTメッセージを送信します。
MXA310の応答:

< REP x AUDIO_OUT_CLIP_INDICATOR ON >

< REP x AUDIO_OUT_CLIP_INDICATOR OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
マイクロホンのライトを点滅させる
コマンド文字列:

< SET FLASH ON >

< SET FLASH OFF >

これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します。点滅は30秒後に自動的にオフになります。
MXA310の応答:

< REP FLASH ON >

< REP FLASH OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
メーターをオンにする
コマンド文字列:

< SET METER_RATE sssss >

sssssはミリ秒単位でのメーター応答速度です。設定sssssが0のときメーターはオフになります。最小の設定は100ミリ秒です。初期設定ではメーターはオフになっています。
MXA310の応答:

< REP METER_RATE sssss >

< SAMPLE aaa bbb ccc ddd eee >

aaaやbbbなどは受信したオーディオレベルの値(000~060)です。

aaa= 出力1

bbb= 出力2

ccc= 出力3

ddd= 出力4

eee= 出力5

メーターを停止する
コマンド文字列:

< SET METER_RATE 0 >

値は00000とも入力できます。
MXA310の応答:

< REP METER_RATE 00000 >

オートミックスゲインのメータリングレートを取得する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET METER_RATE_MXR_GAIN >

MXA310の応答:

< REP METER_RATE_MXR_GAIN sssss >

< SAMPLE aaa bbb ccc ddd >

sssssはミリ秒単位でのメータリングレートです。sssss= 0と設定すると、メータリングはオフになります。
オートミックスゲインのメータリングレートを設定する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET METER_RATE_MXR_GAIN sssss >

sssssはミリ秒単位で0〜99999の範囲の値です。
  • 0 = オフ
  • 100 = 最小値
  • 99999 = 最大値
MXA310の応答:

< SAMPLE aaa bbb ccc ddd >

aaaやbbbなどは受信したオーディオレベルの値(000~060)です。

aaa= 出力1

bbb= 出力2

ccc= 出力3

ddd= 出力4

オーディオピークレベルを取得する
コマンド文字列:

< GET x AUDIO_IN_PEAK_LVL >

MXA310の応答:

< REP x AUDIO_IN_PEAK_LVL nnn >

nnnはオーディオレベル(000~060)です。
オーディオRMSレベルを取得する
コマンド文字列:

< GET x AUDIO_IN_RMS_LVL >

MXA310の応答:

< REP x AUDIO_IN_RMS_LVL nnn >

nnnはオーディオレベル(000~060)です。
プリセットを取得する
コマンド文字列:

< GET PRESET >

MXA310の応答:

< REP PRESET nn >

nnはプリセット番号(01~10)です。
プリセットを設定する
コマンド文字列:

< SET PRESET nn >

nnはプリセット番号(1~10)です。(SETコマンドを使用する場合、最初のゼロは任意です)。
MXA310の応答:

< REP PRESET nn >

nnはプリセット番号(01~10)です。
プリセット名を取得する
コマンド文字列:

< GET PRESET1 >

< GET PRESET2 >

< GET PRESET3>

など

これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します。
MXA310の応答:

< REP PRESET1 {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< REP PRESET2 {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< REP PRESET3 {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

など

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyは25文字のプリセット名です。MXA310は常に25文字のプリセット名で応答します
ゲートアウトステータスを取得する
コマンド文字列:

< GET x AUTOMIX_GATE_OUT_EXT_SIG >

xはASCIIのチャンネル番号(0~4)です。このコマンドを継続して送信する必要はありません。MXA310はステータスが変わると必ずREPORTメッセージを送信します。
MXA310の応答:

< REP x AUTOMIX_GATE_OUT_EXT_SIG ON >

< REP x AUTOMIX_GATE_OUT_EXT_SIG OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
外部スイッチ出力
コマンド文字列:

< GET EXT_SWITCH_OUT_STATE >

このコマンドを継続して送信する必要はありません。MXA310はステータスが変わると必ずREPORTメッセージを送信します。
MXA310の応答:< REP EXT_SWITCH_OUT_STATE ON >

< REP EXT_SWITCH_OUT_STATE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
ミュートボタンのステータス
コマンド文字列:

< GET MUTE_BUTTON_STATUS >

このコマンドを継続して送信する必要はありません。MXA310はステータスが変わると必ずREPORTメッセージを送信します。
MXA310の応答:

< REP MUTE_BUTTON_STATUS ON >

< REP MUTE_BUTTON_STATUS OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
ミュートボタンLEDの状態
コマンド文字列:

< GET MUTE_BUTTON_LED_STATE >

MXA310の応答:

< REP MUTE_BUTTON_LED_STATE ON >

< REP MUTE_BUTTON_LED_STATE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
リングLEDの状態を取得する(GUIライティングスタイルが「リング」に設定されている場合に使用)
コマンド文字列:

< GET DEV_LED_IN_STATE >

このコマンドは「ミュートコントロール機能」が「ロジックアウト」または「無効」およびライトリングの「ライティングスタイル」がGUIで「リング」に設定されている場合のみ使用できます。
MXA310の応答:

< REP DEV_LED_IN_STATE ON >

< REP DEV_LED_IN_STATE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
リングLEDの状態を設定する(GUIライティングスタイルが「リング」に設定されている場合に使用)
コマンド文字列:

< SET DEV_LED_IN_STATE ON >

< SET DEV_LED_IN_STATE OFF >

これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します。このコマンドは「ミュートコントロール機能」が「ロジックアウト」または「無効」に、およびライトリングの「ライティングスタイル」がGUIで「リング」に設定されている場合のみ使用できます。
MXA310の応答:

< REP DEV_LED_IN_STATE ON >

< REP DEV_LED_IN_STATE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
セグメントLEDの状態を取得する(GUIライティングスタイルが「セグメント」に設定されている場合に使用)
コマンド文字列:

< GET x CHAN_LED_IN_STATE >

このコマンドは「ミュートコントロール機能」が「ロジックアウト」または「無効」およびライトリングの「ライティングスタイル」がGUIで「セグメント」に設定されている場合のみ使用できます。
MXA310の応答:

< REP x CHAN_LED_IN_STATE ON >

< REP x CHAN_LED_IN_STATE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
セグメントLEDの状態を設定する(GUIライティングスタイルが「セグメント」に設定されている場合に使用)
コマンド文字列:

< SET x CHAN_LED_IN_STATE ON >

< SET x CHAN_LED_IN_STATE OFF >

xはASCIIのチャンネル番号(1~4)です。これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します。このコマンドは「ミュートコントロール機能」が「ロジックアウト」または「無効」に、およびライトリングの「ライティングスタイル」がGUIで「セグメント」に設定されている場合のみ使用できます。
MXA310の応答:

< REP x CHAN_LED_IN_STATE ON >

< REP x CHAN_LED_IN_STATE OFF >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
LED照度を取得する
コマンド文字列:

< GET LED_BRIGHTNESS >

MXA310の応答:

< REP LED_BRIGHTNESS n >

nは以下の値となります:

0 = LED非点灯

1=LED減光

2 = LED初期設定

v3.0よりも後のファームウェア:

0 = LED非点灯

1 = 20%

2 = 40%

3 = 60%

4 = 80%

5 = 100%

LED照度を設定する
コマンド文字列:

< SET LED_BRIGHTNESS n >

nは以下の値となります:

0 = LED非点灯

1=LED減光

2 = LED初期設定

v3.0よりも後のファームウェア:

0 = LED非点灯

1 = 20%

2 = 40%

3 = 60%

4 = 80%

5 = 100%

MXA310の応答:

< REP LED_BRIGHTNESS n >

LEDミュート色を取得する
コマンド文字列:

< GET LED_COLOR_MUTED >

MXA310の応答:

< REP LED_COLOR_MUTED nnnn >

nnnnは、 RED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、またはWHITEとなります。

v3.0よりも後のファームウェア:nnnnはRED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、WHITE、GOLD、YELLOWGREEN、TURQUOISE、POWDERBLUE、CYAN、SKYBLUE、LIGHTPURPLE、VIOLET、またはORCHIDとなります。

LEDミュート色を設定する
コマンド文字列:

< SET LED_COLOR_MUTED nnnn >

nnnnは、 RED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、またはWHITEとなります。

v3.0よりも後のファームウェア:nnnnはRED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、WHITE、GOLD、YELLOWGREEN、TURQUOISE、POWDERBLUE、CYAN、SKYBLUE、LIGHTPURPLE、VIOLET、またはORCHIDとなります。

MXA310の応答:

< REP LED_COLOR_MUTED nnnn >

LEDミュート解除色を取得する
コマンド文字列:

< GET LED_COLOR_UNMUTED >

MXA310の応答:

< REP LED_COLOR_UNMUTED nnnn >

nnnnは、 RED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、またはWHITEとなります。

v3.0よりも後のファームウェア:nnnnはRED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、WHITE、GOLD、YELLOWGREEN、TURQUOISE、POWDERBLUE、CYAN、SKYBLUE、LIGHTPURPLE、VIOLET、またはORCHIDとなります。

LEDミュート解除色を設定する
コマンド文字列:

< SET LED_COLOR_UNMUTED nnnn >

nnnnは、 RED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、またはWHITEとなります。

v3.0よりも後のファームウェア:nnnnはRED、GREEN、BLUE、PINK、PURPLE、YELLOW、ORANGE、WHITE、GOLD、YELLOWGREEN、TURQUOISE、POWDERBLUE、CYAN、SKYBLUE、LIGHTPURPLE、VIOLET、またはORCHIDとなります。

MXA310の応答:

< REP LED_COLOR_UNMUTED nnnn >

LEDミュート点滅を取得する
コマンド文字列:

< GET LED_STATE_MUTED >

MXA310の応答:

< REP LED_STATE_MUTED nnn >

nnnは、ON、OFF、またはFLASHINGとなります。
LEDミュート点滅を設定する
コマンド文字列:

< SET LED_STATE_MUTED nnn >

nnnは、ON、OFF、またはFLASHINGとなります。
MXA310の応答:

< REP LED_STATE_MUTED nnn >

LEDミュート解除点滅を取得する
コマンド文字列:

< GET LED_STATE_UNMUTED >

MXA310の応答:

< REP LED_STATE_UNMUTED nnn >

nnnは、ON、OFF、またはFLASHINGとなります。
LEDミュート解除点滅を設定する
コマンド文字列:

< SET LED_STATE_UNMUTED nnn >

nnnは、ON、OFF、またはFLASHINGとなります。
MXA310の応答:

< REP LED_STATE_UNMUTED nnn >

MXA310を再起動する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET REBOOT >

MXA310の応答: MXA310はこのコマンドに応答しません
エラーイベントを取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET LAST_ERROR_EVENT >

MXA310の応答:

< REP LAST_ERROR_EVENT {yyyyy} >

yyyyは最大128文字です。
ローカットフィルターを取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET LOW_CUT_FILTER >

MXA310の応答:

< REP LOW_CUT_FILTER ON >

< REP LOW_CUT_FILTER OFF >
MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
ローカットフィルターを設定する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET LOW_CUT_FILTER ON >

< SET LOW_CUT_FILTER OFF >

< SET LOW_CUT_FILTER TOGGLE >
これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します
MXA310の応答:

< REP LOW_CUT_FILTER ON >

< REP LOW_CUT_FILTER OFF >
MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
有効PEQフィルターを取得する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET xx PEQ yy >

xxはマイクチャンネル上のPEQブロック(01~04)です。5はオートミックス出力チャンネル上のPEQです。yyは選択したブロック内のPEQフィルター(01~04)です。00は、すべてのブロックまたはすべてのフィルターに対して使用できます。
MXA310の応答:

< REP xx PEQ yy ON >

< REP xx PEQ yy OFF >

有効PEQフィルターを設定する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET xx PEQ yy ON >

< SET xx PEQ yy OFF >

これらのコマンドのいずれかをMXA915に送信します。
MXA310の応答:

< REP xx PEQ yy ON >

< REP xx PEQ yy OFF >

xxはPEQブロック(01~04)です。5はオートミックス出力チャンネル上のPEQです。yyは選択したブロック内のPEQフィルター(01~04)です。00は、すべてのブロックまたはすべてのフィルターに対して使用できます。
[すべてのEQをバイパス]を取得する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET BYPASS_ALL_EQ >

MXA310の応答:

< REP BYPASS_ALL_EQ sts >

可能なstsは次のとおりです:
  • オン
  • オフ
[すべてのEQをバイパス]を設定する(v3.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET BYPASS_ALL_EQ sts >

可能なstsは次のとおりです:
  • オン
  • オフ
  • トグル
MXA310の応答:

< REP BYPASS_ALL_EQ sts >

可能なstsは次のとおりです:
  • オン
  • オフ
指向性を取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET x POLAR_PATTERN >

MXA310の応答:

< REP x POLAR_PATTERN TOROID >

< REP x POLAR_PATTERN OMNI >

< REP x POLAR_PATTERN CARDIOID >

< REP x POLAR_PATTERN SUPER >

< REP x POLAR_PATTERN HYPER >

< REP x POLAR_PATTERN BIDIRECTION >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
指向性を設定する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET x POLAR_PATTERN TOROID >

< SET x POLAR_PATTERN OMNI >

< SET x POLAR_PATTERN CARDIOID >

< SET x POLAR_PATTERN SUPER >

< SET x POLAR_PATTERN HYPER >

< SET x POLAR_PATTERN BIDIRECTION >

これらの文字列のいずれかをMXA310に送信します。
MXA310の応答:

< REP x POLAR_PATTERN TOROID >

< REP x POLAR_PATTERN OMNI >

< REP x POLAR_PATTERN CARDIOID >

< REP x POLAR_PATTERN SUPER >

< REP x POLAR_PATTERN HYPER >

< REP x POLAR_PATTERN BIDIRECTION >

MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
ローブ角度を取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET x LOBE_ANGLE >

MXA310の応答:

< REP x LOBE_ANGLE nnn >

nnnは、015、030、045、060、075、090、105、120、135、150、165、180、195、210、225、240、255、270、285、300、315、330、345のいずれかとなります。
ローブ角度を増加/減少させる(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET x LOBE_ANGLE INC nn >

< SET x LOBE_ANGLE DEC nnn >

これらの文字列のいずれかをMXA310に送信します。nnは、15、30、45、60などとなります。
MXA310の応答:

< REP x LOBE_ANGLE nnn >

nnnは、015、030、045、060、075、090、105、120、135、150、165、180、195、210、225、240、255、270、285、300、315、330、345のいずれかとなります。
ローブ角度を設定する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET x LOBE_ANGLE nn >

MXA310の応答:

< REP x LOBE_ANGLE nnn >

nnnは、015、030、045、060、075、090、105、120、135、150、165、180、195、210、225、240、255、270、285、300、315、330、345のいずれかとなります。
ミュートコントロール機能を取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET MUTE_CONTROL_FUNC >

MXA310の応答:

< REP MUTE_CONTROL_FUNC LOCAL >

< REP MUTE_CONTROL_FUNC LOGIC >

< REP MUTE_CONTROL_FUNC DISABLED >
MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
ミュートコントロール機能を設定する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET MUTE_CONTROL_FUNC LOCAL >

< SET MUTE_CONTROL_FUNC LOGIC >

< SET MUTE_CONTROL_FUNC DISABLED >
これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します
MXA310の応答:

< REP MUTE_CONTROL_FUNC LOCAL >

< REP MUTE_CONTROL_FUNC LOGIC >

< REP MUTE_CONTROL_FUNC DISABLED >
MXA310はこれらのいずれかの文字列で応答します。
チャンネルのミュートLEDの状態を取得する
コマンド文字列:

< GET x CHAN_MUTE_STATUS_LED_STATE >

xは要求されているチャンネルです(0:全チャンネル、1~4:個々のチャンネル)
MXA310の応答:

< REP x CHAN_MUTE_STATUS_LED_STATE ON >

< REP x CHAN_MUTE_STATUS_LED_STATE OFF >

xはチャンネル番号です(1~4:個々のチャンネル)。ON:ミュートオン、OFF:ミュート解除
デバイスのミュートLEDの状態を取得する
コマンド文字列:

< GET DEV_MUTE_STATUS_LED_STATE >

MXA310の応答:

< REP DEV_MUTE_STATUS_LED_STATE ON >

< REP DEV_MUTE_STATUS_LED_STATE OFF >

ON:ミュートオン、OFF:ミュート解除
ネットワーク上のオーディオデバイス名を取得する
コマンド文字列:

< GET NA_DEVICE_NAME >

MXA310の応答:

< REP NA_DEVICE_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy}

{yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy}はテキスト文字列です。大半のデバイスのデバイスIDは最大で31文字です。必ず31文字が返されるよう、不足分はスペースで補われます。
ネットワーク上のオーディオチャンネル名を取得する
コマンド文字列:

< GET xx NA_CHAN_NAME >

xxはチャンネル番号です。全チャンネル:0、MXA310:1~5(5:オートミックスチャンネル)
MXA310の応答:

< REP xx NA_CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy}

xxはチャンネル番号です。{yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy}は31文字のチャンネル名です。必ず31文字が返されるよう、不足分はスペースで補われます。
コントロールネットワークMACアドレスを取得する
コマンド文字列:

< GET CONTROL_MAC_ADDR >

MXA310の応答:

< REP CONTROL_ MAC_ADDR yy:yy:yy:yy:yy:yy >

yy:yy:yy:yy:yy:yyは17文字のリテラル文字列です。6つのオクテットで構成されており、各オクテットはコロンで区切られています(例:00:0E:DD:FF:F1:63)
デフォルト設定に戻す(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET DEFAULT_SETTINGS >

デフォルト設定に戻すようデバイスに要求します。
MXA310の応答:

< REP PRESET xx >

リセットに成功すればxxは00となります
PEQフィルターを取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET PEQ_FLTRxx >

xxはフィルター番号です(01~04:個々のフィルター)
MXA310の応答:

< REP PEQ_FLTRxx ON >

< REP PEQ_FLTRxx OFF >

xxはPEQフィルター番号です(PEQフィルターの状態:ONまたはOFF)
PEQフィルターを設定する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< SET PEQ_FLTRxx ON >

< SET PEQ_FLTRxx OFF >

< SET PEQ_FLTRxx TOGGLE >

xxはPEQフィルター番号です(PEQフィルターの状態:ONまたはOFFでトグル)
MXA310の応答:

< REP PEQ_FLTRxx ON >

< REP PEQ_FLTRxx OFF >

xxはPEQフィルター番号です(PEQフィルターの状態:ONまたはOFF)
アクティブなMicチャンネルを取得する
コマンド文字列:

< GET NUM_ACTIVE_MICS >

MXA310の応答:

< REP NUM_ACTIVE_MICS x >

nはアクティブなチャンネルの数です(MXA310:チャンネル1~4)
オートミックスチャンネルの有効ソロを取得する
コマンド文字列:

< GET x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN >

xはチャンネル番号です(0:無効、MXA910:チャンネル1~8)
MXA310の応答:

< REP x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN ENABLE >

< REP x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN DISABLE >

x はチャンネル番号です(0:無効、MXA910:チャンネル1~8)。チャンネルxのソロ状態(ENABLEまたはDISABLE)はstsによって示されます
オートミックスチャンネルの有効ソロを設定する
コマンド文字列:

< SET x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN ENABLE >

< SET x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN DISABLE >

x はチャンネル番号です(0:無効、MXA910:チャンネル1~8)。ソロモードの要求状態(ENABLEまたはDISABLE)はstsが決定します
MXA310の応答:

< REP x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN ENABLE >

< REP x CHAN_AUTOMIX_SOLO_EN DISABLE >

x はチャンネル番号です(0:無効、MXA910:チャンネル1~8)。チャンネルxのソロ状態(ENABLEまたはDISABLE)はstsによって示されます
暗号化状態を取得する(v2.0よりも後のファームウェア)
コマンド文字列:

< GET ENCRYPTION >

暗号化状態をデバイスレベルで取得する
MXA310の応答:

< REP ENCRYPTION ON >

< REP ENCRYPTION OFF >

これらのコマンドのいずれかをMXA310に送信します。