MXCWNCS Microflex®ワイヤレスコマンド全文字列

デバイスはイーサネットを経由してAMX、Crestron、Extronなどのコントロールシステムに接続されます。

接続:イーサネット(TCP/IP。AMX/Crestronプログラムで「Client」を選択)

ポート:2202

規則

文字列には4つのタイプがあります:

GET パラメーターのステータスを取得します。AMX/CrestronがGETコマンドを送信した後、デバイスがREPORT文字列で応答します
SET パラメーターのステータスを取得します。AMX/CrestronがSETコマンドを送信した後、デバイスがREPORT文字列で応答し、パラメーターの新しい値を示します。
REP デバイスは、GETコマンドまたはSETコマンドを受信すると、REPORTコマンドで応答し、パラメーターのステータスを示します。MXCWNCS上またはGUI経由でパラメーターが変更された場合も、デバイスによってREPORTが送信されます。
SAMPLE オーディオレベルのメーター表示に使用します。

すべてのメッセージはASCIIで送受信されます。レベルインジケーターとゲインインジケーターにもASCIIが使用されることに注意してください。

ほとんどのパラメーターは、変更されるとREPORTコマンドを送信します。したがって、絶えずパラメーターを問い合わせる必要はありません。これらのパラメーターのいずれかが変更されると、デバイスはREPORTコマンドを送信します。

インデックス

インデックスは、コマンド文字列が動作している内容を明確に識別するために使用されます。

0 ALL
1~10 ベイ番号

Command Strings

ALL

ノート サポートされているすべてのコマンドを取得します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス

0:すべてのデバイスまたはベイのプロパティ

n:すべてのデバイスまたはベイnのプロパティ

なし

<GET 0 ALL>:すべてのデバイス固有のプロパティと、すべての計測プロパティを含むすべてのインデックス関連プロパティについて、REPで応答します。

<GET n ALL>:すべてのデバイス固有のプロパティと、すべての計測プロパティを含むすべてのインデックス関連プロパティについて、REPで応答します。

モデル

ノート モデル名を取得します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス なし

形式:32文字の文字列

< GET MODEL >
< REP MODEL {MXCWNCS} >

FLASH

ノート デバイスを識別するフラッシュをオンにします
サポートされるコマンド GET、SET、およびREP
インデックス なし

形式:固定文字列

OFF

ON

< GET FLASH >
< REP FLASH OFF >

< SET FLASH ON >
< REP FLASH ON >

< SET FLASH OFF >
< REP FLASH OFF >

FW_VER

ノート ファームウェアバージョンを取得します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス なし

形式:24文字の文字列

パッケージのバージョン番号はドット形式10進表記法で表示されます:Maj.Min.Pack.Build<SelfTestFailed=*>

セルフテストが合格である例:

< GET FW_VER >
< REP FW_VER {2.0.15.2} >

セルフテストが不合格である例:

< GET FW_VER >
< REP FW_VER {2.0.15.2*} >

DEVICE_ID

ノート デバイスIDを取得および設定します
サポートされるコマンド GET、SET、およびREP
インデックス なし

形式:31文字の文字列(REP)

次の組み合わせから1~31文字: -0123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz

すべてのDNS名とラベルの長さは31文字までです。

名前とラベルの比較は大文字小文字を区別しません。「Guitar」と「guitar」は同じラベルとして扱われます。Unicodeおよび非欧文文字はサポートされていません。

デバイス名は、ドメインネームシステム(DNS)のホスト名ルールに従う必要があります。有効な文字は、A~Z、a~z、0~9、および「-」(ダッシュまたはハイフン)です。

デバイス名は、A~Z(またはa~z)または0~9で始まる必要があります。

< GET DEVICE_ID >
< REP DEVICE_ID {MXCWNCS} >

< SET DEVICE_ID {4 Pop} >
< REP DEVICE_ID {4 Pop} >

STORAGE_MODE

ノート ストレージモードを取得および設定します
サポートされるコマンド GET、SET、およびREP
インデックス なし

形式:固定文字列

OFF

ON

TOGGLE(SETのみ)

< GET STORAGE_MODE >
< REP STORAGE_MODE OFF >

< SET STORAGE_MODE ON >
< REP STORAGE_MODE ON >

< SET STORAGE_MODE TOGGLE >
< REP STORAGE_MODE OFF >

BATT_DETECTED

ノート バッテリーを検出します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:固定文字列

YES

NO

< GET 10 BATT_DETECTED >
< REP 10 BATT_DETECTED YES >

BATT_STATE

ノート バッテリーの状態を取得します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:固定文字列

FULL

CALCULATING

NORMAL

WARM

WARM_FULL

HOT

COLD

PRECHARGE

READY_TO_STORE

DISCHARGE_CALC

DISCHARGING

DISCHARGING_WARM

DISCHARGING_COLD

ERROR:この場合、BATT_ERRORを確認して対応するエラーコードを参照してください。

NO_BATT

< GET 1 BATT_STATE >
< REP 1 BATT_STATE NORMAL >

しばらくしてバッテリーが満充電になった場合:

< REP 1 BATT_STATE FULL >

BATT_ERROR

ノート バッテリーのエラーを表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

000:アクティブなエラーはありません

001:不明なモジュールです

002:認識できないバッテリーです

003:深放電からの回復に失敗しました

004:チャージに失敗しました

005:バッテリーを確認してください

006:充電器を確認してください

007:通信障害です

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_ERROR >
< REP 1 BATT_ERROR 000 >

BATT_BARS

ノート バッテリーバーの数を取得します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

000~005:レポートされたバーの数

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_BARS >
< REP 1 BATT_BARS 003 >

しばらくすると、次のように非同期レポートされます:

< REP 1 BATT_BARS 004 >

BATT_TIME_TO_FULL

ノート フル充電までの目安時間です
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字5文字

注:各モードにおける目安時間の値は以下の通りです。

  • 充電モード:値は満充電までの推定時間です
  • ストレージモード:値は最適なストレージ電圧までの推定時間です

00000~65528:目安時間に到達するまでの推定時間(分)

65529:バッテリーが満充電されています

65530:バッテリーの充電が十分残っています

65531:バッテリーの充電が残っています

65532:バッテリーの充電が少なくなっています

65533:計算の進行中

65534:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

65535:不明、または該当なし

バッテリーが充電器ベイ4に挿入された場合:

< REP 4 BATT_TIME_TO_FULL 65533 >

< REP 4 BATT_TIME_TO_FULL 00060 >

< REP 4 BATT_TIME_TO_FULL 00001 >
< REP 4 BATT_TIME_TO_FULL 00000 >
< REP 4 BATT_TIME_TO_FULL 65529 >

バッテリーが取り外された場合:

< REP 4 BATT_TIME_TO_FULL 65535 >

BATT_CHARGE

ノート 電池の充電ステータスを表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

000~100:充電状態の割合

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_CHARGE >
< REP 1 BATT_CHARGE 027 >
< REP 1 BATT_CHARGE 028 >

< REP 1 BATT_CHARGE 099 >
< REP 1 BATT_CHARGE 100 >

BATT_HEALTH

ノート バッテリーヘルスの割合を監視します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

000~100:ヘルスの状態の割合

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_HEALTH >
< REP 1 BATT_HEALTH 099 >

BATT_CYCLE

ノート 個々のバッテリーサイクルを監視します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字5文字

00000~65533:充電サイクル数

65534:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

65535:不明、または該当なし

バッテリーが充電器ベイ4に挿入された場合:

< REP 4 BATT_CYCLE 00006 >

< GET 4 BATT_CYCLE >
< REP 4 BATT_CYCLE 00006 >

BATT_CURRENT_CAPACITY

ノート 現在のバッテリー容量を表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字5文字

00000~65533:現在のバッテリー容量(mAh)

65534:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

65535:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_CURRENT_CAPACITY >
< REP 1 BATT_CURRENT_CAPACITY 02189 >

BATT_CURRENT_CAPACITY_MAX

ノート 現在のバッテリーの最大容量を表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字5文字

00000~65533:現在のバッテリーの最大容量(mAh)

65534:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

65535:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_CURRENT_CAPACITY_MAX >
< REP 1 BATT_CURRENT_CAPACITY_MAX 02393 >

BATT_CAPACITY_MAX

ノート バッテリーの最大容量を表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号
形式:数字5文字

00000~65533:バッテリーの最大容量(mAh)

65534:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

65535:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_CAPACITY_MAX >
< REP 1 BATT_CAPACITY_MAX 02393 >

BATT_TEMP_C

ノート バッテリー温度を摂氏で表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

ActualValue = ReportedValue - 40

000~253:温度(C)

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_TEMP_C >
< REP 1 BATT_TEMP_C 033 >

BATT_TEMP_F

ノート バッテリー温度を華氏で表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

ActualValue = ReportedValue - 40

000~253:温度(F)

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_TEMP_F >
< REP 1 BATT_TEMP_F 091 >

BATT_ERROR

ノート バッテリーのエラーを表示します
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス ベイ番号

形式:数字3文字

000:アクティブなエラーはありません

001:不明なモジュールです

002:認識できないバッテリーです

003:深放電からの回復に失敗しました

004:チャージに失敗しました

005:バッテリーを確認してください

006:充電器を確認してください

007:通信障害です

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

< GET 1 BATT_ERROR >
< REP 1 BATT_ERROR 000 >

BATT_MODULE_TYPE

ノート
サポートされるコマンド GETおよびREP
インデックス モジュール番号:モデルによって異なります

形式:数字3文字

モジュールのモデルに対応するマクロ:

000:モジュールがインストールされていません

001:MXCWNCS

254:エラーが発生しましたが、この時点では該当する値がありません

255:不明、または該当なし

SBC840の場合:

< GET 1 BATT_MODULE_TYPE >
< REP 1 BATT_MODULE_TYPE 128 >

3台のSBC240による連動システムの場合:

< GET 0 BATT_MODULE_TYPE >
< REP 1 BATT_MODULE_TYPE 129 >
< REP 2 BATT_MODULE_TYPE 129 >
< REP 3 BATT_MODULE_TYPE 129 >
< REP 4 BATT_MODULE_TYPE 000 >

注記 上記のインデックスおよび値は、すべての値のスーパーセットです。

SBCx40充電器では、次の値が必要です。

SBC220:

  • インデックス:1~4
  • 値:プライマリ - 133、セカンダリ - 133または129

SBC240:

  • インデックス:1~4
  • 値:プライマリ - 129、セカンダリ - 133または129

SBC840:

  • インデックス:1
  • 値:128

SBC840M:

  • インデックス:1
  • 値:130