Command Strings

Microflex®ワイヤレスデバイスは、イーサネットを介して以下のようなコントロールシステムに接続されます。

  • AMX、CrestronまたはExtron
  • Symetrix、Biamp、その他のデジタル信号プロセッサー(DSP)
  • 特別なカスタムプログラム

接続:イーサネット(TCP/IP。AMX/Crestronプログラムで「Client」を選択)

ポート:2202

規則

文字列には4つのタイプがあります:

GET プロパティのステータスを取得します。AMX/CrestronがGETコマンドを送信した後、システムがREPORT文字列で応答します
SET プロパティのステータスを取得します。AMX/CrestronがSETコマンドを送信した後、システムがREPORT文字列で応答し、プロパティの新しい値を示します。
REP システムは、GETコマンドまたはSETコマンドを受信すると、REPORTコマンドで応答し、プロパティのステータスを示します。

重要:計測プロパティを除き、デバイスは値が変更されたときにREPORTを送信します。したがって、ほとんどのデバイスプロパティを絶えず問い合わせる必要はありません。

SAMPLE オーディオレベルのメーター表示に使用します。

すべてのメッセージはASCIIで送受信されます。レベルインジケーターとゲインインジケーターにもASCIIが使用されることに注意してください。

ほとんどのパラメーターは、変更されるとREPORTコマンドを送信します。したがって、絶えずパラメーターを問い合わせる必要はありません。これらのパラメーターのいずれかが変更されると、デバイスはAPTコマンドを送信します。ほとんどすべてのコマンドがAPTとやり取りされます。その後、APTはこれらのコマンドをマイクロホンに中継します。したがって、APTに関連付けられているIPアドレスにコマンドを送信するだけで、簡単に制御できます。

以下のコマンド文字列すべてに含まれる「x」の文字はチャンネルを表します。この値は下表のとおり、0~8のASCII番号になります。

0 全チャンネル
1~8 個々のチャンネル

Microflexワイヤレスの名称設定

  • MXW1 - ハイブリッドボディパック送信機
  • MXW2 - ハンドヘルド型送信機
  • MXW6 - バウンダリーマイクロホン送信機
  • MXW8 - グースネックマイクロホン送信機
  • MXWAPT2 - 2チャンネルアクセスポイントトランシーバー
  • MXWAPT4 - 4チャンネルアクセスポイントトランシーバー
  • MXWAPT8 - 8チャンネルアクセスポイントトランシーバー
  • MXWANI4 - 4チャンネル音声ネットワークインターフェース
  • MXWANI8 - 8チャンネル音声ネットワークインターフェース
  • MXWNCS2 - 2スロットネットワーク充電ステーション
  • MXWNCS4 - 4スロットネットワーク充電ステーション
  • MXWNCS8 - 8スロットネットワーク充電ステーション

注:

マイクロホンが利用できない場合(TX_AVAILABLE = NO)、そのパラメーターを変更できます。したがって、ベストプラクティスはTX_AVAILABLEを監視することです。TX_AVAILABLEがNOからYESに変わったら、適切なチャンネルでこれらのパラメーターに対してGETコマンドを送信します。

例:

  • ユーザーがマイク#1を充電器から取り外した場合
  • APTの送信:

    < REP 1 TX_AVAILABLE NO >

  • APTの送信:

    < REP 1 TX_AVAILABLE YES >

  • コントロールシステムの送信:

    < GET 1 TX_STATUS >
    < GET 1 AUDIO_GAIN >
    < GET 1 BATT_RUN_TIME >
    < GET 1 BATT_CHARGE >
    < GET 1 BATT_HEALTH >
    < GET 1 BUTTON_STS >
    < GET 1 LED_STATUS >
    < GET 1 TX_TYPE >

  • APT応答:

    < REP 1 TX_STATUS ACTIVE >
    < REP 1 AUDIO_GAIN 034 >
    < REP 1 BATT_RUN_TIME 00317 >
    < REP 1 BUTTON_STS OFF >
    < REP 1 LED_STATUS ON OFF >
    < REP 1 TX_TYPE MXW6 >

LEDコントロール

マイクロホンのLEDを制御するには、MXW GUIで[外部LEDコントロール]が選択されていることを確認してください。

注:グースネックマイクロホンの場合は、MX400シリーズの2色LEDとMX400Rシリーズの赤色LEDのどちらかを選択できます。

エコーキャンセル機能

MXWワイヤレスシステムは、テレビ会議アプリケーションに最適です。これらのアプリケーションで使用されるエコーキャンセル機能/ミキサーには、以下の内容が必要です。

  1. マイクロホンは常に音声を提供します。エコーキャンセル機能/ミキサーは、音声信号パスを適切に処理するために一定の音声信号を必要とします。
  2. マイクロホン信号をミュートするには、別のミュートコマンドを使用します。このミュートは、マイクロホンではなくエコーキャンセル機能/ミキサーの内部で行われます。

MXWシステムでこの機能を提供するには、MXWAPTウェブアプリからPreferencesタブを選択してください。Mute PreferenceExternal Muteに変更します。

注:External Muteを使用する場合、スイッチの動作(トグルとラッチ)はCrestron/AMXコードによって決まります。

例1:モーメンタリー(プッシュツートーク)ボタン

  • ユーザーがマイク#1のボタンを押します。
  • APTの送信:

    < REP 1 BUTTON_STS ON >

  • コントロールシステムはミキサーにコマンドを送信して、チャンネル1のミュートを解除します。
  • ミキサーはコントロールシステムにコマンドを送信して、チャンネル1のミュートが解除されていることを確認します。
  • コントロールシステムからAPTへの送信:

    < SET 1 LED_STATUS OF ON >

    (マイク#1の場合は赤色のLEDをオフにして、緑色のLEDをオンにします)
  • ユーザーがマイク#1のボタンを離します。
  • APTの送信:

    < REP 1 BUTTON_STS OFF >

    コントロールシステムはミキサーにコマンドを送信して、チャンネル1をミュートします。
  • ミキサーはコントロールシステムにコマンドを送信して、チャンネル1がミュートされていることを確認します。
  • コントロールシステムからAPTへの送信:

    < SET 1 LED_STATUS ON OF >

    (マイク#1の場合は赤色のLEDをオンにして、緑色のLEDをオフにします)

例2:ミュートスイッチのラッチ

  • ユーザーがマイク#1のボタンを押して離します。
  • APTの送信:

    < REP 1 BUTTON_STS ON >

  • APTの送信:

    < REP 1 BUTTON_STS OFF >

    コントロールシステムはミキサーにコマンドを送信して、チャンネル1をミュートします。
  • ミキサーはコントロールシステムにコマンドを送信して、チャンネル1がミュートされていることを確認します。
  • コントロールシステムからAPTへの送信:

    < SET 1 LED_STATUS ON OF >

    (マイク#1の場合は赤色のLEDをオンにして、緑色のLEDをオフにします)
  • ユーザーがマイク#1のボタンを押して離します。
  • APTの送信:

    < REP 1 BUTTON_STS ON >

    APTの送信:

    < REP 1 BUTTON_STS OFF >

    コントロールシステムはミキサーにコマンドを送信して、チャンネル1のミュートを解除します。
  • ミキサーはコントロールシステムにコマンドを送信して、チャンネル1のミュートが解除されていることを確認します。
  • コントロールシステムからAPTへの送信:

    < SET 1 LED_STATUS OF ON >

    (マイク#1の場合は赤色のLEDをオフにして、緑色のLEDをオンにします)

MXWAPTコマンド

CHAN_NAME

ノート チャンネル名の制御。
コマンド プライマリーチャンネルのコマンド:

< GET x CHAN_NAME >
< REP x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< SET x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >
< REP x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

セカンダリーチャンネルのコマンド:

< GET SEC x CHAN_NAME >
< REP SEC x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< SET SEC x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >
< REP SEC x CHAN_NAME {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

変数

xはチャンネル番号です。1、2、3、4、5、6、7、または8です。

ここで、繰り返しのyは、次の組み合わせから31文字の文字列を示したり、収めたりします:A~Z、a~z、0~9、!"#$%&'()*+,-./:;<=>?@[\]^_`~およびスペース、つまり、{1234567890123456789012345678901}です。

注記

SETは8文字のみをサポートします。

デバイスは常に31文字の名前で応答します。

DEVICE_ID

ノート デバイスIDを制御します。
コマンド

< GET DEVICE_ID >
< REP DEVICE_ID {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

< SET DEVICE_ID {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >
< REP DEVICE_ID {yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy} >

変数 ここで、繰り返しのyは、デバイスIDを31文字に収めるためにデバイスによって返されるスペースを表します。
注記

デバイスは常に31文字のデバイスIDで応答します。

SETは、次の組み合わせから1~8文字を受け付けます:A~Z、a~z、0~9、!"#$%&'()*+,-./:;<=>?@[\]^_`~、およびスペース。

FLASH

ノート デバイスまたはチャンネルを識別するために点滅を制御します。
コマンド プライマリーデバイスまたはチャンネルのライトを点滅させる場合:

< SET FLASH ON >
< REP FLASH ON >

セカンダリーデバイスまたはチャンネルのライトを点滅させる場合:

< SET SEC FLASH ON >
< REP SEC FLASH ON >

デバイスが識別を開始し、点滅を停止する:

< REP FLASH OFF >

< SET FLASH OFF >
< REP FLASH OFF >

注:チャンネルインデックスと共に使用しない場合、コマンドはデバイスの識別を開始します。チャンネルインデックスと共に使用する場合、コマンドはチャンネル識別を開始します。

< SET x FLASH ON >
< REP x FLASH ON >

< SET SEC x FLASH ON >
< REP SEC x FLASH ON >

変数 xはチャンネル番号です(使用された場合)。
注記 なし。

METER_RATE

ノート メーターレートを制御します。
コマンド プライマリーマイク:

< SET x METER_RATE sssss >
< REP x METER_RATE sssss >
< SAMPLE x aaa eee >

セカンダリーマイク:

< SET SEC x METER_RATE sssss >
< REP SEC x METER_RATE sssss >
< SAMPLE SEC x aaa eee >

変数
  • ここで、はチャンネル番号です。
  • sssssはミリ秒単位でのメーター応答速度となります。
  • aaaは受信したRFレベルの値です。
  • eeeは音声レベルです。
注記
  • 応答速度は数値で、5文字の固定出力です。
  • 00000 - 計測オフ(デフォルト)
  • 00100~65535 - 各SAMPLEレポートの間隔(ミリ秒)。
例えば、

00100 - 100ミリ秒ごとのサンプル(10サンプル/秒)

01000 - 毎秒のサンプル

05000 - 5秒ごとのサンプル

送信機コマンド

これらのコマンドはMXWAPTのIPアドレスに送信されます。

TX_AVAILABLE

ノート 利用可能な送信機の検出。
コマンド プライマリー送信機を利用可能にする場合:

< GET x TX_AVAILABLE >
< REP x TX_AVAILABLE YES >
< REP x TX_AVAILABLE NO >

セカンダリー送信機を利用可能にする場合:

< GET SEC x TX_AVAILABLE >
< REP SEC x TX_AVAILABLE YES >
< REP SEC x TX_AVAILABLE NO >

変数 ここで、はチャンネル番号です。
注記 マイクロホンがオフになっているか、リンクが解除されているか、またはオンになっているかドッキング解除された後で未だ通信を確立しようとしている場合は、使用できません。

TX_STATUS

ノート 送信機のステータスを検出して設定します。
コマンド プライマリー送信機のステータスを検出します。

< GET x TX_STATUS >
< REP x TX_STATUS ACTIVE >
< REP x TX_STATUS MUTE >
< REP x TX_STATUS STANDBY >
< REP x TX_STATUS ON_CHARGER >
< REP x TX_STATUS UNKNOWN >

プライマリー送信機のステータスを設定

< SET x TX_STATUS ACTIVE >
< SET x TX_STATUS MUTE >
< SET x TX_STATUS STANDBY >
< SET x TX_STATUS OFF >
< REP x TX_STATUS ACTIVE >
< REP x TX_STATUS MUTE >
< REP x TX_STATUS STANDBY >
< REP x TX_STATUS ON_CHARGER >
< REP x TX_STATUS UNKNOWN >

セカンダリー送信機のステータスを検出します。

< GET SEC x TX_STATUS >
< REP SEC x TX_STATUS ACTIVE >
< REP SEC x TX_STATUS MUTE >
< REP SEC x TX_STATUS STANDBY >
< REP SEC x TX_STATUS ON_CHARGER >
< REP SEC x TX_STATUS UNKNOWN >

プライマリー送信機のステータスを設定します。

< SET SEC x TX_STATUS ACTIVE >
< SET SEC x TX_STATUS MUTE >
< SET SEC x TX_STATUS STANDBY >
< SET SEC x TX_STATUS OFF >
< REP SEC x TX_STATUS ACTIVE >
< REP SEC x TX_STATUS MUTE >
< REP SEC x TX_STATUS STANDBY >
< REP SEC x TX_STATUS ON_CHARGER >
< REP SEC x TX_STATUS UNKNOWN >

変数 ここで、はチャンネル番号です。
注記
  • ACTIVE:リンクされたTXはドッキングされておらず、電源が入っており、ミュートが解除されています。
  • MUTE:リンクされたTXはドッキングされておらず、電源が入っており、ミュートされています。外部ミュートを使用している場合、ミュートはミキサーで行われるため、マイクはミュートを報告しません。
  • STANDBY:リンクされたTXはドッキングされておらず、スタンバイ状態で、ミュートされています。
  • ON_CHARGER:リンクされたTXはドッキングされています。
  • UNKNOWN:送信機がリンクされていない、または送信機がオフになっています。

AUDIO_GAIN

ノート チャンネルのオーディオゲインの制御。
コマンド プライマリーオーディオゲイン:

< GET x AUDIO_GAIN >
< REP x AUDIO_GAIN 030 >

セカンダリーオーディオゲイン:

< GET SEC x AUDIO_GAIN >
< REP SEC x AUDIO_GAIN 030 >

25のオフセットがあるため、実際の値は40 - 25 = 15 dBとなります。

22 dBに設定する場合:

< SET x AUDIO_GAIN 47 >
< REP x AUDIO_GAIN 047 >

< SET SEC x AUDIO_GAIN 47 >
< REP SEC x AUDIO_GAIN 047 >

値を5 dB減少させる場合:

< SET x AUDIO_GAIN DEC 5 >
< REP x AUDIO_GAIN 042 >

< SET SEC x AUDIO_GAIN DEC 5 >
< REP SEC x AUDIO_GAIN 042 >

値を10 dB増加させる場合:

< SET x AUDIO_GAIN INC 10 >
< REP x AUDIO_GAIN 052 >

< SET SEC x AUDIO_GAIN INC 10 >
< REP SEC x AUDIO_GAIN 052 >

変数 ここで、はチャンネル番号です。
注記
  • 数値
  • 3文字
  • 000~060(1単位で増加)
  • レポートおよび設定された値は、25でオフセットされます

BUTTON_STS

ノート マイクロホンのボタンステータスを表示します。
コマンド プライマリーマイクロホンのボタンステータス:

< GET x BUTTON_STS >
< REP x BUTTON_STS ON >
< REP x BUTTON_STS OFF >

セカンダリーマイクロホンのLEDステータス:

< GET SEC x BUTTON_STS >
< REP SEC x BUTTON_STS ON >
< REP SEC x BUTTON_STS OFF >

変数 ここで、はチャンネル番号です。
注記 ユーザーがマイクロホンのボタンを押したときに送信されます。オン=押す、オフ=離す。ボタンのステータスが変わると、APTは常にこのレポートを送信します。GETコマンドを継続して送信する必要はありません。

LED_STATUS

ノート マイクロホンのLEDステータスを取得および設定します。
コマンド プライマリーマイクロホンのLEDステータス:

< GET x LED_STATUS >
< REP x LED_STATUS rr gg >

< SET x LED_STATUS rr gg >
< REP x LED_STATUS rr gg >

セカンダリーマイクロホンのLEDステータス:

< GET SEC x LED_STATUS >
< REP SEC x LED_STATUS rr gg >

< SET SEC x LED_STATUS rr gg >
< REP x LED_STATUS rr gg >

変数
  • ここで、はチャンネル番号です。
  • ここで、rrは赤色LEDの設定、ggは緑色LEDの設定です。
注記 rrとggは、次の2桁の値を得ることができます。
  • ON = オン
  • OF = オフ
  • ST = ストロボ
  • FL = フラッシュ
  • PU = パルス
  • NC = 変更なし

TX_TYPE

ノート マイクロホンの種類を決定します
コマンド プライマリーマイクロホンの種類:

< GET x TX_TYPE >
< REP x TX_TYPE MXW1 >
< REP x TX_TYPE MXW2 >
< REP x TX_TYPE MXW6 >
< REP x TX_TYPE MXW8 >

セカンダリーマイクロホンの種類:

< GET SEC x TX_TYPE >
< REP SEC x TX_TYPE MXW1 >
< REP SEC x TX_TYPE MXW2 >
< REP SEC x TX_TYPE MXW6 >
< REP SEC x TX_TYPE MXW8 >

変数 ここで、はチャンネル番号です。
注記 なし

TX_BATT_CHARGE

ノート 送信機のバッテリー充電の検出。
コマンド プライマリー電池の充電ステータス:

< GET x TX_BATT_CHARGE >
< REP x TX_BATT_CHARGE yyy >

セカンダリー電池の充電ステータス:

< GET SEC x TX_BATT_CHARGE >
< REP SEC x TX_BATT_CHARGE yyy >

変数
  • ここで、はチャンネル番号です。
  • ここで、yyyはバッテリー残量の割合です。
注記 数値、3文字の固定出力

000~100 - パーセント

255 - デバイスがオフになっています

BATT_RUN_TIME

ノート 送信機のバッテリー稼働時間(分)の検出。
コマンド プライマリーバッテリー稼働時間:

< GET x BATT_RUN_TIME >
< REP x BATT_RUN_TIME yyyyy >

セカンダリーバッテリー稼働時間:

< GET SEC x BATT_RUN_TIME >
< REP SEC x BATT_RUN_TIME yyyyy >

変数
  • ここで、はチャンネル番号です。
  • yyyyyは、マイクロホンがオフになるまでかかる時間(分)です。
注記

マイクロホンがACアダプターの充電器によって電源が入っている場合、yyyyy=65532です。

マイクロホンが充電器に接続されている場合、yyyyy=65533です。

稼働時間の計算中は、yyyyy=65534です。

マイクロホンがオフのときは、yyyyy=65535です。

BATT_HEALTH

ノート 送信機のバッテリーヘルスの検出。
コマンド プライマリーバッテリーの状態:

< GET x BATT_HEALTH >
< REP x BATT_HEALTH yyy >

セカンダリーバッテリーの状態:

< GET SEC x BATT_HEALTH >
< REP SEC x BATT_HEALTH yyy >

変数
  • ここで、はチャンネル番号です。
  • yyyは、工場出荷時に定義された当初の容量に対する割合です。
注記 数値、3文字の固定出力

000~100 - パーセント

255 - 不明

BATT_TIME_TO_FULL

ノート バッテリーがフル充電されるまでの残り時間を表示します。
コマンド プライマリーバッテリー:

< GET x BATT_TIME_TO_FULL >
< REP x BATT_TIME_TO_FULL yyyyy >

セカンダリーバッテリー:

< GET SEC x BATT_TIME_TO_FULL >
< REP SEC x BATT_TIME_TO_FULL yyyyy >

変数
  • ここで、はチャンネル番号です。
  • yyyyyは、マイクロホンがフル充電されるまでかかる時間(分)です。
注記 数値、5文字の固定出力

送信機がオフのときは、yyyyy=65535です。

送信機のオンになっていて充電器に接続されていないときは、yyyyy=65535です。

送信機が充電器に接続されていて、フル充電されたときは、yyyyy=65534です。

MXWNCSコマンド

これらのコマンドはMXWNCS IPアドレスに送信されます。

注:リンクされていないマイクロホンの充電中にステータスを問い合わせるときは、追加の充電器コマンドを使用できます。サポートが必要な場合は、support@shure.comまでお問い合わせください。

REMOTE_LINK

ノート 充電器に接続されているマイクロホンをAPTとリンクします
コマンド プライマリーマイクロホンのリンク:

< SET PRI x REMOTE_LINK y {zzz.zzz.zzz.zzz} >
< REP PRI x REMOTE_LINK y {zzz.zzz.zzz.zzz} SUCCESS >
< REP PRI x REMOTE_LINK y {zzz.zzz.zzz.zzz} ERR >

セカンダリーマイクロホンのリンク:

< SET SEC x REMOTE_LINK y {zzz.zzz.zzz.zzz} >
< REP SEC x REMOTE_LINK y {zzz.zzz.zzz.zzz} SUCCESS >
< REP SEC x REMOTE_LINK y {zzz.zzz.zzz.zzz} ERR >

変数

xは、送信機が装着されている充電器ベイに対応する番号です。

yは、MXWAPTチャンネルに対応する番号です。

zzz.zzz.zzz.zzzはMXWAPTのIPアドレスです。

注記 ファームウェアv4.0以上。

コード

すべてのコマンドは、2進数の上限で、共通追加コードのセットに従います。

  • 255254253、および252は、3桁の数字コードです。
  • 655356553465533、および65532は、5桁の数字コードです。

これらのコードは、コントロールしようとしているデバイスを利用できないことを示しています。すべてのコマンドは共通追加コードのセットに従います。コードは2進数の上限です。コードの意味は、適切なコマンドとともに、上記の表に記載されています。

また、コマンドが実装できないことを示す< REP ERR >エラー文字列もあります。これは通常、タイプミスや存在しないコマンドが原因です。