安全のための重要注意事項

  1. この説明書をお読みください。
  2. この説明書を保管しておいてください。
  3. 警告事項すべてに留意してください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. この製品は水の近くで使用しないでください。
  6. 掃除は乾いた布でから拭きするだけにしてください。
  7. 通風口を塞がないようにしてください。十分な換気ができるよう余裕を持たせ、メーカーの指示に従って設置してください。
  8. 炎、ラジエーターや暖房送風口、ストーブ、その他、熱を発生する機器 (アンプなど) の近くには設置しないでください。炎が出る物を製品の上に置かないでください。
  9. 有極プラグやアース付きプラグは安全のために用いられていますので、正しく接続してください。有極プラグは、2本のブレードのうち一方が幅広になっています。アース付きプラグは、2本のブレードの他に、3本目のアース端子がついています。幅の広いブレードや3本目の棒は、安全のためのものです。これらのプラグがコンセントの差し込み口に合わない場合は、電気工事業者に相談し、コンセントを交換してもらってください。
  10. 電源コードは特にプラグ差し込み部分、延長コード、機器から出ている部分において、引っかかって抜けたり挟まれたりしないように保護してください。
  11. アタッチメントや付属品は必ずメーカー指定のものをご利用ください。
  12. カートやスタンド、三脚、ブラケット、テーブル等は、メーカー指定のものか、この装置用に販売されているものを必ずご利用ください。カートを使用する場合やカートと装置を組み合わせて移動する際は、転倒による怪我などにご注意ください。

    A cart with a receiver on top tipping over onto a person. There is a circle around the image with a line through it.

  13. 雷を伴う嵐の際、または長期間使用しない場合は、プラグをコンセントから抜いてください。
  14. 整備の際は、資格のある整備担当者に必ずご相談ください。電源コードやプラグの損傷、液体や異物が装置内に入り込んだ場合、装置が雨や湿気に曝された場合、正常に作動しない場合、装置を落とした場合など、装置が何らかの状態で損傷した場合は、整備が必要です。
  15. 水滴や水しぶきに曝さないでください。液体の入った花瓶などを装置の上に置かないでください。
  16. MAINSプラグまたはアプライアンスカプラーが使用できる状態にしておいてください。
  17. 装置の空気中騒音は70 dB(A)を超えません。
  18. クラスI構造の装置は保護接地接続のある主電源の壁コンセントに接続してください。
  19. 火災や感電の危険を避けるため、本機器は雨や湿気のある場所にさらさないでください。
  20. 本製品の改造は試みないでください。けがや製品の故障の原因となる可能性があります。
  21. 本製品は指定された動作温度範囲内で使用してください。
警告。この表示内容を無視して誤った取り扱いをすると、死亡または重傷を負う可能性が想定される内容です。
注意。この表示内容を無視して誤った取り扱いをすると、傷害を負う可能性または物的損害が発生する可能性が想定される内容です。

ミュートボタンの概要

Shure A400MBミュートボタンアクセサリーは、MX395-LEDおよびMX400SMPとの互換性があり、役員会議室のテーブルへの表面取り付けに最適なロープロファイル設計です。このスイッチは、マイクロホンLEDと、Shure製品またはサードパーティ製コントロールシステムによるローカルまたはリモートのミュートコントロール用のプログラム可能なボタンを追加します。

Finger pressing A400MB.

A400MBのパーツ

Illustration of A400MB components, with numbers identifying each.

① カラーリング

マイクロホンの色に合わせて、ドリル穴の周りに配置します。

② ミュートボタン

タッチしてマイクロホンをミュートします。

③ ミュートボタンケーブル

プラグオンアダプターに接続します。

④ スペーサー

スペーサーは、さまざまなテーブルの厚さに合わせて調整するために使用します。隙間からミュートボタンケーブルを引き出します。

*⑤ 蝶ナット

テーブルの下でミュートボタンを締め付けるために使用します。MX395およびMX400SMPにのみ含まれています。

⑥ プラグオンアダプター

天板の下にあり、ミュートボタンに電源と制御信号を供給します。

内容

  • ミュートボタン
  • プラグオンアダプター
  • スペーサー
  • カラーリング(3)
  • 組み立てキット(90A48840):
    • マイナスドライバー
    • ケーブルタイ(2)
    • ストレインリリーフ(2)
    • 端子プラグ

ミュートボタンの取り付け

ミュートボタンは、厚さ15~30 mm(0.59~1.18インチ)のテーブルに装着できます。

  1. テーブルにドリルで30 mm(1 1/8インチ)の穴を開けます。
  2. 穴の周りにカラーリングを配置します。
  3. ミュートボタンとそのケーブルを穴に差し込みます。

    注:青色の保護フィルムをミュートボタンの上部から取り外します。

  4. 互換性のあるマイクロホンをミュートボタンに差し込みます。
  5. スペーサーをミュートボタンまでスライドさせて、ゴム側をテーブルの下に合わせます。
  6. スペーサーの側面開口部からケーブルを引き出します。
  7. 蝶ナットをスペーサーの下にスライドさせて、手で締めてから、さらに90度(¼回転)回します。蝶ナットは締めすぎないようにしてください。
  8. アダプターを5ピンXLRマイクロホンに接続します。
  9. ミュートボタンケーブルをアダプターに差し込みます。
  10. 6ピンブロックコネクターにケーブルを配線し、アダプターに接続します。

Illustration of A400MB installation assembly.

ファンタム電源

このミュートボタンには、48 Vのファンタム電源が必要です。

LEDロジック

付属の6ピンブロックコネクターを使用して、マイクロホンを、DSP、またはANI22-BLOCKやANI4IN-BLOCKなどのその他のロジック対応デバイスに配線します。

A400MBのピンの割当

Numbered diagram showing A400MB pin assignments.

6ピンブロックコネクター

注:ブロックコネクターのネジ端子は下に向いているので、取り付け後にテーブルの下からアクセスできます。

  1. ロジックアース
  2. スイッチ(マイクロホンから送信)
  3. LED(マイクロホンが受信)
  4. 音声アース
  5. 音声 -
  6. 音声 +

DIPスイッチ

DIPスイッチへのアクセス

分解する前に、A400MBおよびロジックデバイスからアダプターを取り外します。アダプターの基部から、2本のP1サイズのプラスネジを外します。

Disassembly of A400MB plug-on adapter.

DIPスイッチ設定

ロジック設定とミュートボタンを設定するにはDIPスイッチを使用します。DIPスイッチはデフォルトではダウン位置にあり、設定はデバイスの電源がオフになっている場合にのみ変更できます。ミュートボタンの電源が再度オンになると、変更が有効になります。

ダウン位置(デフォルト) アップ位置
1 トグル モメンタリ
2 押してミュート 押して話す
3 ローカルミュート ロジックコントロール
4 緑色LED = 通話、赤色LED = ミュート 赤色LED = 通話、緑色LED = ミュート
5と6が連携して、次の4つのタッチ感度設定になります。1(最低)~4(最大) 5アップ位置、6ダウン位置 = 1
5ダウン位置、6ダウン位置 = 2(デフォルト)
5ダウン位置、6アップ位置 = 3
5アップ位置、6アップ位置 = 4

注:感度設定を高くするほど、誤ったタッチ反応が生じる可能性が高くなります。

ロジック対応デバイスへの接続

マイクロホンをANI4IN-BLOCKやANI22-BLOCKなどのロジック対応デバイスに接続する場合は、次の設定を使用します。

  1. ロジック信号が変化したときにマイクロホンLEDを点灯させるために、A400MB LED(入力)をANI LED(出力)に接続します。*
  2. A400MBからANIにロジック信号を送信するために、A400MBスイッチ(出力)をANIスイッチ(入力)に接続します。*
  3. DIPスイッチ3をアップ位置に設定します。これにより、ローカルミュートが無効になります。A400MBを押すと、ロジック信号が送信されます(ボタンを押しているかいないかに関わらずマイクロホンは音を伝えます)。
  4. DIPスイッチ1および2を設定し、A400MBがスイッチアウトロジックを送信する方法を設定します。

    Illustration showing DIP switch example settings.

  5. DIPスイッチ4を設定して、マイクロホンLEDの色を設定します。

    Illustration showing DIP switch example settings.

*注:A400MBコネクターは、ANIコネクターとは上下逆さに接続します。両方のコネクターが同じ方向を向いている場合は、ケーブルを1:1のピン配列構成で配線する必要があります。

接続と信号フロー

Diagram of A400MB connections. The A400MB connects to the ANI22IN-BLOCK, which connects to a network switch. The P300 connects to the network switch and a computer.

① MX395-LED:

音声信号を伝送してロジック接続を備えており、ロジックミュートおよびLEDコントロール信号を受信できます。

② A400MB:

マイクロホンLEDおよびミュートコントロール用のプログラム可能なボタンを追加し、アナログ入力に接続します。

③ ANI22IN-BLOCK:

マイクロフォンをオーディオネットワークに接続し、アナログをDanteに変換します。

④ ネットワークスイッチ:

その他すべてのDante対応のオーディオ機器もサポートしながら、パワーオーバーイーサネット(PoE)をANI22およびP300に提供します。

⑤ P300:

ビデオ会議ソフトウェア用のIntelliMix処理を提供します。

⑥ コンピューター:

P300 USBを接続してビデオ会議ソフトウェア(Microsoft TeamsやZoomなど)とのミュート同期を提供します。

ANI22IN-BLOCKおよびP300の設定方法の詳細については、www.shure.comをご覧ください。

オプションのアクセサリー

リモートマウントキット A400MB-MOUNT

仕様

コネクターの種

6ピンブロックコネクター

使用電源

ファンタム電源

消費電力

5 mW, 最大

質量

113 g (0.25 lb)

出力構成

アクティブバランス

ロジック接続

LED IN アクティブロー (1.0 V以下)、TTL対応。絶対最大電圧:-0.7 V~50 V。
ロジックアウト アクティブロー (0.5 V以下)、最大20 mAまでシンク、TTL対応。絶対最大電圧:-0.7 V~24 V (3 kΩを介して最大50 V)。

環境条件

使用温度範囲 5 to 45 °C (41 to 113 °F)
保存温度 -29 to 74 °C (-20.2 to 165 °F)
相対湿度 0-95%

寸法

基部 3.74 x 3.74 x 1.06 インチ (94.96 x 94.96 x 27.04 mm) 高さ×幅×奥行き
ミュートボタン 1.54 x 1.54 x 0.2 インチ (39.02 x 39.02 x 5.02 mm) 高さ×幅×奥行き
ミュートボタンチューブ 0.87 x 0.87 x 3.03 インチ (22 x 22 x 76.98 mm) 高さ×幅×奥行き
グロメット 1.97 x 1.97 x 0.31 インチ (49.97 x 49.97 x 8 mm) 高さ×幅×奥行き
スペーサー 1.93 x 1.93 x 0.05 インチ (49 x 49 x 1.2 mm) 高さ×幅×奥行き

重要な製品情報

本機器はプロオーディオ用途での使用を目的としています。

Shure社によって明示的に承認されていない変更または修正を加えると、この機器を操作する 権利が無効になります。

注:テストは、同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。シールド(スクリーン)型以外のケーブルを使用した場合はEMC性能が低下します。

電池、パッケージ、電子廃棄物については地域のリサイクル方法に従ってください。

ユーザー情報

本装置はFCC規制第15部に準拠しています。操作は次の2つの条件の対象となります:

  1. 装置は有害な干渉を起こしてはならない。
  2. 装置は、望まない操作を起こす干渉を含め、あらゆる干渉を受け入れなければならない。

注:本機器はテストされFCC規定パート15に従いクラスBデジタル機器に適合しますが、制限があります。これらの制限は、住宅地域において設置する際、有害な電波干渉から機器を適度に保護するためのものです。本機器は電磁波を発生・使用し、放射する場合があります。取扱説明書に従って設置しないと無線通信に電波干渉が起こります。また、設置状況に関わらず妨害を引き起こす可能性もあります。本機器によりラジオやテレビの受信に電波干渉が起こるようであれば(これは、機器の電源を一度切ってから入れるとわかります)、次の手段を1つまたは複数用いて電波干渉を防いでください。

  • 受信アンテナを別の方向に向けるか、別の場所に移す。
  • 機器と受信機の間の距離を広げる。
  • 受信機を接続しているコンセントとは別の回路にあるコンセントに機器を接続する。
  • 販売店または熟練したラジオ/TV技術者に相談する。

本クラスBデジタル機器はCanadian ICES-003に適合しています。

CAN ICES-003 (B)/NMB-003 (B)

CE適合宣言書は以下より入手可能です:www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

Global Compliance

Jakob-Dieffenbacher-Str.12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

Eメール:info@shure.de

www.shure.com

本製品は、関連するすべての欧州指令の基本的要件を満たし、CEマークに適合しています。

CE適合宣言書はShure社またはShure社の欧州担当部より入手することができます。問い合わせ先についてはvisit www.shure.comを参照してください