安全のための重要注意事項

  1. この説明書をお読みください。
  2. この説明書を保管しておいてください。
  3. 警告事項すべてに留意してください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. この製品は水の近くで使用しないでください。
  6. 掃除は乾いた布でから拭きするだけにしてください。
  7. 通風口を塞がないようにしてください。十分な換気ができるよう余裕を持たせ、メーカーの指示に従って設置してください。
  8. 火、ラジエーターや暖房送風口、ストーブ、その他、熱を発生する機器 (アンプなど) の近くには設置しないでください。火が出る物を製品の上に置かないでください。
  9. 有極プラグやアース付きプラグは安全のために用いられていますので、正しく接続してください。有極プラグは、2本のブレードのうち一方が幅広になっています。アース付きプラグは2本のブレードの他に、3本目のアース端子がついています。幅広のブレードや3本目の棒は、安全のためのものです。これらのプラグがコンセントの差し込み口に合わない場合は、電気工事業者に相談し、コンセントを交換してもらってください。
  10. 電源コードは特にプラグ差し込み部分、延長コード、機器から出ている部分において、引っかかって抜けたり挟まれたりしないように保護してください。
  11. アタッチメントや付属品は必ずメーカー指定のものをご利用ください。
  12. カートやスタンド、三脚、ブラケット、テーブル等はメーカー指定のものか、この装置用に販売されているものを必ずご利用ください。カートに装置を載せて動かす際はつっかけて怪我をしないよう注意してください。

  13. 雷を伴う嵐の際、または長期間使用しない場合は、プラグをコンセントから抜いてください。
  14. 整備の際は、資格のある整備担当者に必ずご相談ください。電源コードやプラグの損傷、液体や異物が装置内に入り込んだ場合、装置が雨や湿気に曝された場合、正常に作動しない場合、装置を落とした場合など、装置が何らかの状態で損傷した場合は、整備が必要です。
  15. 水滴や水しぶきに曝さないでください。液体の入った花瓶などを装置の上に置かないでください。
  16. MAINSプラグまたはアプライアンスカップラーが使用できる状態にしておいてください。
  17. 装置の空気伝播音は70 dB(A)を超えません。
  18. クラスI構造の装置は保護接地接続のある主電源の壁コンセントに接続してください。
  19. 火災や感電の危険を避けるため、本機器は雨や湿気のある場所にさらさないでください。
  20. 本製品の改造は試みないでください。けがや製品の故障の原因となる可能性があります。
  21. 本製品は指定された動作温度範囲内で使用してください。
警告。この表示内容を無視して誤った取り扱いをすると、死亡または重傷を負う可能性が想定される内容です。
注意。この表示内容を無視して誤った取り扱いをすると、傷害を負う可能性または物的損害が発生する可能性が想定される内容です。

警告:

  • 電池を口に入れないでください。化学薬品による火傷の危険性があります。
  • 本製品にはコイン/ボタンセル電池が含まれています。電池を飲み込むと、わずか2時間で重度の内部火傷を引き起こし、死に至るおそれがあります。
  • もし電池を飲み込むなどして、体内に取り込んだと思われる場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
  • 新品の電池や使用済みの電池は子供の手の届かないところに保管してください。
  • 電池コンパートメントがしっかりと閉まらない場合は、本製品の使用を中止し、子供の手の届かないところに保管してください。
  • 電池を不適切な種類のものと交換すると、爆発するおそれがあります。同じ種類または同等の種類の電池と交換してください。
  • 電池パックは直射日光や火などの高熱にさらさないでください。
  • このサービス説明書は、認定サービス担当者が使用するためのものです。感電のリスクを減らすため、認定者でない限り取扱説明書に記載された内容以外のサービスを行ってはいけません。
  • 電池、パッケージ、電子廃棄物については地域のリサイクル方法に従ってください。

AD651Bトークスイッチ

Axient Digital ADXシリーズ送信機にトークスイッチを追加すると、Axient Digital AD4受信機のオーディオ出力にリモートプッシュボタンルーティングオプションが追加されます。オーディオルーティングを有効にするには、トークスイッチボタンを押したままにします。

電池の装着

電池を装着して、トークスイッチの電源をオンにします。

  1. ラッチリリースボタンを押して、電池カバーを開きます。
  2. 図のように極性を合わせて電池を挿入します。
  3. 電池カバーを閉じます。

スイッチの取り付け

  1. マイクロホンカートリッジをトークスイッチに装着します。
  2. スイッチを送信機本体に装着します。

    ヒント:スイッチリングを回転させてディスプレイに合わせます。

受信機のオーディオ出力ルーティングの選択

トークスイッチのルーティングは、受信機のチャンネルメニューで構成されます。

設定オプションでは、ボタンを押すことで、次の受信機出力を切り替えることができます。

  • XLR
  • TRS
  • AES3
  • Dante
  1. 受信機のチャンネルメニューから選択します。Advanced > Talk Switch/Output Routing
  2. コントロールホイールを使用して出力ルーティングオプションを選択します。
    • Normal:出力は、ボタンが離されたときのOn/Off選択に従います
    • Pressed:出力はボタンが押されたときのOn/Off選択に従います
  3. Exit]を選択して保存し、チャンネルメニューに戻ります。

注:表示された例では、ボタンを押すとXLR出力がオンになり、TRS出力がオフになります。

送信機へのトークスイッチの割り当て

リモートコントロールを有効にするには、送信機メニューの[Talk Sw]パラメータを使用して、トークスイッチを割り当てる必要があります。

  1. 送信機の[Utilities]メニューへ移動して、[Talk Sw]を選択します。
  2. O]を選択してトークスイッチを追加します。
  3. トークスイッチボタンを2回押して、トークスイッチを割り当てます。ディスプレイには、割り当てを確認するためトークスイッチモデル名が表示されます。
  4. トークスイッチボタンを押して、コントロールを確認します。ボタンを押すたびに、トークスイッチアイコンと電池の状態が表示されます。

  5. X]を選択して終了します。

ヒント:トークスイッチの割り当てを解除するには、送信機の[Talk Sw]でスイッチ名を強調表示し、[]を選択します。[O]を押して確定します。

トークスイッチによるオーディオ出力のルーティング

トークスイッチを押すと、受信機のオーディオが選択された出力にルーティングされます。スイッチを離すと、ルーティングは通常の信号パスに戻ります。

ヒント:トークスイッチを押すと、受信機のディスプレイのチャンネルアイコンの色が反転します。

仕様

直径

40 mm (1.57 インチ) 外径

高さ

39 mm (1.53 インチ)

質量 (電池除く)

57 g (2.0 オンス)

外装

アルミニウム

ボタン

成形プラスチック

電池タイプ (別売)

SR44または同等(1.55 V DC)

(Silver oxide recommended; avoid zinc air types)

動作温度範囲

18℃ (0℉) 42℃ (107.6℉)

Performance of coin cell batteries are sensitive to cold temperature extremes (< 0C). In these conditions, consider using Shure’s AD651FOB for applications requiring talk switch functionality.

保管温度範囲

29℃ (20℉) 74℃ (165℉)

Battery characteristics may limit this range

送信出力

Zigbee Dual準拠

ネットワークタイプ

IEEE 802.15.4

RF送信出力

-25 dBm EIRP

認証

FCCパート15認証。

カナダにおいてRSS-247によりIC認可。

FCC ID: DD4AD651B, DD4AD651FOB。IC: 616A-AD651B, 616A-AD651FOB。

このデバイスは、カナダ産業省ライセンス免除RSS基準に適合しています。本装置の操作は次の2つの条件の対象となります:(1) 装置は干渉を起こしてはならない、(2) 装置は、望まない操作を起こす干渉を含め、あらゆる干渉を受け入れなければならない。Le présent appareil est conforme aux CNR d'Industrie Canada applicables aux appareils radio exempts de licence.L'exploitation est autorisée aux deux conditions suivantes :(1) l'appareil ne doit pas produire de brouillage, et (2) l'utilisateur de l'appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le brouillage est susceptible d'en compromettre le fonctionnement.

次の欧州指令の必須要件を満たします:

  • 無線機器指令2014/53/EU
  • EMC指令2014/30/EU
  • WEEE指令2012/19/EU
  • RoHS指令EU 2015/863

    注:電池および電気製品の廃棄については地域のリサイクル方法に従ってください

  • 一般安全製品指令2001/95/EC

本製品は、関連するすべての欧州指令の基本的要件を満たし、CEマークに適合しています。

Shure Incorporatedは、無線機器が指令2014/53/EUを順守していることを宣言します。EU適合宣言書の全文は以下のインターネットアドレスでご覧いただけます:http://www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str. 12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Email: EMEAsupport@shure.de