安全にお使いいただくために

本製品のご使用の前には必ず同封の警告および安全上の注意事項を読んで理解してください。お読みになった後はいつでも確認できるよう大切に保管しておいてください。

全てのイヤホンに対する警告!

メーカーの指示に従って、イヤホンの使用、クリーニング、管理を行ってください。

安全にお使いいただくために

誤った使用により引き起こされる可能性のある結果は、危険の切迫度および損害の大きさに応じて、「警告」と「注意」のいずれかとして示されています。

警告:警告を無視すると、誤った使用により重傷または死亡が引き起こされる可能性があります。
注意:注意を無視すると、誤った使用により怪我や物的損害が引き起こされる可能性があります。

警告

  • 機器に水や異物が入ると火災や感電の原因となります。
  • 本製品の改造は試みないでください。けがや製品の故障の原因となる可能性があります。
  • 車の運転中や、車の交通があり事故が起こり得る場所での自転車走行や歩行、ジョギングなど、周囲の音が聞こえないと危険になる状況下では使用しないでください。
  • 本製品およびアクセサリーは子供の手の届かないところに保管してください。子供が触れたり使用したりすると死亡または重傷を招く恐れがあります。小さな部品やコードが含まれており、窒息や首に絡まるなどの危険性があります。
  • イヤホンを挿入する前に、必ずイヤパッドがノズルにしっかり固定されていることを再度確認し、イヤパッドがノズルから外れて耳の中に詰まる危険性が少なくなるようにしてください。イヤパッドが耳の中に入って取れなくなった場合は、専門医にイヤパッドを取り除いてもらってください。
  • 炎症、過度の耳垢、その他の不快症状が生じた場合は、イヤホンの使用を中止して専門医の診察を受けてください。

注意

  • 分解・改造は故障の原因となりますので決して行わないでください。
  • ケーブルに無理な力を与えたり、引っ張ったりしないでください。故障の原因となります。
  • イヤホンを濡らさないようにしてください。極度の高温や低温、湿気にさらさないでください。
  • 現在耳の治療を受けている場合は、本機器の使用前に主治医にご相談ください。

高い音圧

聴覚を損なう危険性

聴覚を損なう可能性があるため、大音量で長時間、音を聞かないようにしてください。

安全のための重要注意事項

  1. この説明書をお読みください。
  2. この説明書を保管しておいてください。
  3. 警告事項すべてに留意してください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. この製品は水の近くで使用しないでください。
  6. 掃除は乾いた布でから拭きするだけにしてください。
  7. 通風口を塞がないようにしてください。メーカーの指示に従って設置してください。
  8. ラジエーターや暖房送風口、ストーブ、その他、熱を発生する機器(アンプなど)の近くには設置しないでください。
  9. 有極プラグやアース付きプラグは安全のために用いられていますので、正しく接続してください。有極プラグは、2本のブレードのうち一方が幅広になっています。アース付きプラグは2本のブレードの他に、3本目のアース端子がついています。幅広のブレードや3本目の棒は、安全のためのものです。これらのプラグがコンセントの差し込み口に合わない場合は、電気工事業者に相談し、コンセントを交換してもらってください。
  10. 電源コードは特にプラグ差し込み部分、延長コード、機器から出ている部分において、引っかかって抜けたり挟まれたりしないように保護してください。
  11. アタッチメントや付属品は必ずメーカー指定のものをご利用ください。
  12. カートやスタンド、三脚、ブラケット、テーブル等はメーカー指定のものか、この装置用に販売されているものを必ずご利用ください。カートに装置を載せて動かす際はつっかけて怪我をしないよう注意してください。

  13. 雷を伴う嵐の際、または長期間使用しない場合は、プラグをコンセントから抜いてください。

Bluetoothを使用する製品の場合

警告

  • メーカーの指示に従ってください。
  • 製品バッテリーパックは爆発、または有毒な物質を放出する恐れがあります。火災または火傷の原因となり得ます。開けたり、押し潰したり、改造したり、分解したり、140 ℉(60 ℃)以上の熱にさらしたり、焼却したりしないでくさい。
  • バッテリーを破棄する際は環境に考慮してください。
  • 製品は直射日光や火などの高熱にさらさないでください。
  • この製品を不正に改造しないでください。

注意

  • 運転中の携帯電話およびヘッドホンの使用については、該当法に従ってください。
  • この製品には、磁性材料が使用されています。体内埋め込み式医療機器に影響するかどうかについては、主治医に相談してください。
  • 電池(電池パックまたは内蔵電池)は直射日光、火などの高熱に曝さないでください。
  • 電池(電池パックまたは内蔵電池)はつぶしたり、切断したりしないでください。
  • 電池(電池パックまたは内蔵電池)は、極端に低い空気圧にさらさないでください。
  • 電池を不適切な種類のものと交換すると、火災や爆発する恐れがあります。

注:バッテリーの交換は、Shure認定サービスセンターのみが行うことができます。

Information to the user

This device complies with part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions:

  1. This device may not cause harmful interference.
  2. This device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.

Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device, pursuant to part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures:

  • Reorient or relocate the receiving antenna.
  • Increase the separation between the equipment and the receiver.
  • Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected.
  • Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.

This device contains licence-exempt transmitter(s)/receiver(s) that comply with Innovation, Science and Economic Development Canada’s licence-exempt RSS(s). Operation is subject to the following two conditions:

  1. This device may not cause interference.
  2. This device must accept any interference, including interference that may cause undesired operation of the device.

L’émetteur/récepteur exempt de licence contenu dans le présent appareil est conforme aux CNR d’Innovation, Sciences et Développement économique Canada applicables aux appareils radio exempts de licence. L’exploitation est autorisée aux deux conditions suivantes :

  1. L’appareil ne doit pas produire de brouillage;
  2. L’appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le brouillage est susceptible d’en compromettre le fonctionnement.

コンプライアンス担当責任者の承認なく本製品に変更や改造を行なった場合、使用者が本製品を使用する権限が無効になることがあります。

注:テストは、同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。シールド(スクリーン)型以外のケーブルを使用した場合はEMC性能が低下します。

Environmentally friendly disposal

Old electrical appliances must not be disposed of together with the residual waste, but have to be disposed of separately. The disposal at the communal collecting point via private persons is for free. The owner of old appliances is responsible to bring the appliances to these collecting points or to similar collection points. With this little personal effort, you contribute to recycle valuable raw materials and the treatment of toxic substances.

Shureイヤホンに関する詳細、または装着方法については、Shure イヤホンの正しい装着方法のチュートリアルビデオをご覧ください。

Shureイヤホンに関する詳細、または装着方法についてはShureイヤホンスリーブの交換方法のチュートリアルビデオをご覧ください。

Shureイヤホンに関する詳細、または装着方法については、Shureイヤホンのクリーニング方法のチュートリアルビデオをご覧ください。

高遮音性イヤホン

バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したShure Sound Isolating™イヤホンは、周囲のノイズの侵入のない音本来のディテールを再現できます。 パワフルでスタイリッシュな外観のShure SEイヤホンには、取り外し式ケーブル、アダプター、耐久性を備えたキャリングポーチ、及び快適性とフィット性の高い交換式のサウンド分離イヤパッドが付属しています。

取り外し式ケーブル

オプション部品の装着や、破損したケーブルを交換する際には、イヤホンからケーブルを外す必要があります。誤って外れるのを防ぐためにコネクターの結合は固めになっています。イヤホンやコネクターが破損しないように十分注意してください。

  • プライヤーなどの工具は使用しないでください。
  • コネクターとイヤホンはできるだけ結合部の近くを掴んでください。
  • まっすぐ引き、捩らないでください。ケーブルはネジではなくスナップ式で固定されています。

    注記:角度をつけて引くとコネクタは外れません。

  • ケーブルを引っ張ったり、イヤホンノズルに力を加えないでください。
  • 接続時にはクリック音を確認してください。
  • ケーブルを再度取り付ける際は、「L」と「R」のマークを合わせてください。ケーブルとイヤホンが透明のタイプは、カラードット(赤 = 右、青 = 左)を合わせてください。

イヤホンの使用

イヤパッドの選択

最もしっかりフィットする遮音性が高いイヤパッドを選択します。イヤパッドは簡単に装着可能で、快適にフィットし、取り外しも容易に行えるタイプが最適です。

ソフトフレックスイヤパッド: サイズはS、M、Lの3サイズ。柔軟なラバー製です。
ソフトフォーム・イヤパッド: 指でフォームイヤパッドを潰してから、耳の穴に挿入します。フォームが広がるまで10秒程度押さえたまま待ちます。
トリプルフランジ・イヤパッド: 必要に応じて、はさみでイヤパッドの細長い部分をカットし調整してください。

イヤホンの挿入

イヤホンを耳栓のように慎重に耳に挿入し、しっかりと密閉するようにします。

重要:低域の周波数応答(ベース音)がない場合、イヤホンのスリーブが正常に密閉できていない可能性があります。イヤホンを耳の穴の奥にそっと押し込むか、別のスリーブを使ってください。

警告:耳道の開口部より奥にイヤパッドを押し入れないでください。

イヤホンのフィット感によって音質が大きく変わります。

イヤホンの装着

以下に推奨するイヤホンの装着方法をいくつか紹介します。

ケーブルを耳の上に回し、頭の後ろで固定することによって体を動かしてもイヤホンがはずれにくくなります。

ケーブルをピンと張り、ケーブル調整チューブを上にあげてケーブルのたるみを取ります。

イヤパッドの交換

  • イヤパッドをねじりながら引いてノズルから外します。
  • 抜け止め部とノズルが完全に隠れるように新しいイヤパッドをスライドさせて装着します。

注意:抜け止め部またはノズルの一部が見える場合、イヤパッドは正しく取り付けられていません。ノズルにしっかりと取り付けできない場合は、イヤパッドを取り替えてください。最適な装着感と性能を得るためには、Shure製イヤパッドのみを使用してください(カスタム成形したイヤパッドを使用する場合を除く)。

Shureイヤホンに関する詳細、または装着方法についてはShureイヤホンスリーブの交換方法のチュートリアルビデオをご覧ください。

イヤホンの取り外し

イヤホンの本体をつかみ、ゆっくりひねって取り外します。

注:ケーブルを引っ張ってイヤホンを取り外さないでください。

Shureイヤホンに関する詳細、または装着方法については、Shure イヤホンの正しい装着方法のチュートリアルビデオをご覧ください。

お手入れ

入念なメンテナンスによりイヤパッドとノズル間の密着性を保ち、音質や製品の安全性を向上させます。

  • イヤホンとノズルは、できるだけ清潔で乾燥した状態を保ちます
  • イヤパッドをきれいにするには、イヤホンから取り外し、ぬるま湯でやさしく洗浄して自然乾燥してください。フォームパッドは乾燥に多少時間がかかります。破損していないか点検し、必要であれば取り替えてください。イヤパッドは完全に乾燥してから再使用してください。
  • イヤホンとスリーブは、薄めた消毒液で拭いて感染症を防止します。アルコール系の消毒液は使用しないでください。
  • イヤホンは極度の高温や低温に曝さないでください。
  • イヤパッドが適切にフィットしない場合には交換します。
  • 本製品の改造は試みないでください。改造した場合には保証は無効となり、怪我や製品故障の原因となります。

イヤホンノズルのクリーニング

音質の変化に気づいたら、イヤパッドを取り外してイヤホンのノズルをチェックしてみてください。ノズルが詰まっていたら、クリーニングツールのワイヤーループ側を使用して異物を取り除いてください。

異物もなく音質が改善しない場合は、新しいイヤパッドと交換してください。

注意:クリーニングの際には、ツールなどをイヤホンノズル内に無理に押し込んではいけません。イヤホンのサウンドフィルターが破損します。

警告:このクリーニングツールはイヤホンのクリーニング専用です。フォームイヤパッドや耳の掃除など、他の用途に使用するとケガをする場合があります。

イヤホンのケーブルコネクターに塵や汚れなどが付着すると音質に影響を与えることがあります。そうなった場合は、ケーブルを取り外して乾いた綿の布でケーブルを拭いてください。

Shureイヤホンに関する詳細、または装着方法については、Shureイヤホンのクリーニング方法のチュートリアルビデオをご覧ください。

Shure Bluetooth® Earphones

ShureのBluetoothイヤホンはBluetooth対応装置と合わせて使っていただくことによって安定した機能を発揮できるようデザインされています。イヤホンには電話や音声アプリ用のインラインマイクを備えたボタンが3つあります。

Bluetoothペアリング

  1. イヤホンをオフにします。LEDが青と赤に点滅するまで、イヤホンリモートの中央ボタンを押し続けてください。
  2. 音源のBluetooth設定で、Shure Bluetoothデバイスを選択します。
  3. ペアリングに成功するとLEDが青に変わります。

複数のBluetooth装置をペアリングする

  1. イヤホンをオフにします。LEDが青と赤に点滅するまで、イヤホンリモートの中央ボタンを押し続けてください。
  2. 音源から、「Shure BT1」を選択します。
  3. ペアリングに成功するとLEDが青に変わります。

2つ目の装置をペアリングする

  1. LEDが青と赤に点滅するまで、2つ目の装置の中央ボタンを押し続けてください。
  2. お使いの音源から2つ目の装置を選択してください。
  3. ペアリングが完了すると、2つ目の装置のLEDが青に変わります。

Bluetooth装置をコンピューターとペアリングするには

BT1イヤホンがコンピューターとうまくペアリングされない場合はドライバーの更新が必要です。Intel®のホームペジでご紹介している2つの方法で、お使いのコンピューターのドライバーを更新してください。

  1. 手作業の場合:お使いのワイヤレスアダプターを検出し、そちらに応じたドライバーをダウンロードする必要があります。詳細とドライバーはこちら:手作業による更新
  2. インテルアップデートユーティリティ:更新アプリをダウンロードしてから実行し、スキャンすることによって、お使いのコンピューターに必要な更新情報が得られます。こちらよりアプリをダウンロードしてください:インテルアップデートユーティリティ

注記:インテルアップデートユーティリティは必要なステップが少ないため、お勧めです。詳細についてはお使いのコンピューターのマニュアルをご覧ください。

Bluetoothアクセサリークイックスタートガイド

イヤホンを充電する

赤いLEDはバッテリー残量の低下を示します。

  1. 付属のケーブルを使ってイヤホンを充電デバイスに接続します。
  2. 充電中、LEDは赤く点灯します。
  3. イヤホンの充電が終了すると、LEDはオフになります。

警告:製品を充電する前に、室温が0~45°C(32~113°F)に保たれていることを確認してください。

注:現地の規制要件(UL、CSA、VDE、CCC、INMETROなど)を満たす、代理店が認可した電源のみを使用してください。

BT1 よくあるご質問

詳細やその他のよくあるご質問についてはShure FAQをご覧ください。

リモート+マイク、音声コマンド、アプリ内使用

どうしたら使用する装置とワイヤレスの高遮音性™イヤホンをペアリングできますか?

BT1製品がOFFの状態で、リモートの中央ボタンを7秒押し続けてペアリングモードを起動します。ペアリングしたい装置のBluetooth設定を開くと、使用可能な装置の欄にSHURE BT1が表示されます。BT1を選択すれば、ペアリングが完了します。

マルチポイントペアリングは、どうすれば設定できますか?アクティブデバイスは、どうすれば変更できますか?

Bluetooth 4の特長であるマルチポイントペアリングでは、2つ目の装置とのペアリングは自動で行われます(イヤホンの電源がオフになるまで電源ボタンを押し続け、7秒間ボタンを押してペアリングモードに入ります)。装置間の再生は着信や新しい再生命令によって行われます。装置がBT1をアウトプット装置として自動で認識しない場合、BT1を手動で切断してから、装置設定で再度選択してください。

使っている高遮音性イヤホンは通話にも使えますか?

Bluetooth 4 プロトコルの通信規約にもとづき、ヘッドセットとステレオオーディオ再生機能は内蔵式です。双方向のオーディオリモート機能もプロトコルに含まれているため、ケーブル右側のインラインマイクが着信や音声コマンド用として使用できます。

ケーブルは使用しているiPhone/iPod/iPad/Android装置にも対応していますか?

Bluetooth 4ステレオオーディオ再生機能とプロトコルに対応している装置はAppleおよびほとんどのAndroidに対応しています。すべてのドライバーが最新の状態となるよう、それぞれに応じたオペレーティングシステムをダウンロード、インストールすることをお勧めします。

使っている高遮音性イヤホンはSiri®やGoogle®にも対応していますか?

対応しています。Siri、Google、その他の音声ガイダンスサービスを起動するには、リモートの中央ボタンを3秒押し続けてください。(ソース装置に依存します。)

どのようにして音声コマンドを使用できますか?

マルチファンクションの中央ボタン(電源、応答、電話を切る)を3秒押し続けると音声コマンドソフトが起動します。(ソース装置に依存します)

どのようなデバイスコントロールがケーブルやイヤホンに対応していますか?どのようにして使用できますか?

中央ボタンでメディアのplaypauseを行ったり、電話を受けたり、切ったりすることができます。音量を上げるボタン(+)を3秒押し続けることで次の曲にスキップすることができます。音量を下げるボタン(-)を3秒押し続けることで曲の最初に戻ることができます(次の曲が再生されるまで約5秒の間があれば、その前の曲に戻ります)。

中央ボタンを5秒押し続けると電源がオフになります。電源ボタンを3秒押し続けると、再び電源がオンになります。

使っている高遮音性イヤホンはフィットネスアプリにも対応していますか?

対応しています。オーディオ指示機能つきのアプリのほとんどがワイヤー付きのイヤホンと同じように機能します。

注:こちらのイヤホンには心拍数や生体測定の機能はありません。

バッテリー、耐久性、幅広い用途と充電

使用している高遮音性イヤホンはIPX防水ランクに対応していますか?運動の時に使用できますか?

BT1はIPX防水ランクに対応していませんが、SE112とSE215は現在手に入れることができる最も耐久性のある2製品です。ケーブル、送信機、受信機、リモート+マイクポッドはすべてのイヤホンに対して行う、一連の厳しい耐湿性試験を受けています。さらに、クロージングクリップと併せて使用すると、高遮音性デザインが誇る優れた装着感とチップ、ワイヤ型ケーブル(SE215とRMCE-BT1のみ対応)によって長時間つけても心地よく、どんなに激しい運動においても、イヤホンが外れる心配がありません。こちらのイヤホンはあらゆるエクササイズに最適です(RMCE-BT1とペアリングしたすべてのイヤホンがそうであるように)。ただし、周囲に対する注意が必要な状況(自転車や車の運転中など)や法律で禁止されている条件下での使用は推奨できません。

Bluetoothの高遮音性イヤホンで音飛びが生じるのはなぜですか?

Bluetooth 4® プロトコルでは、装置との標準的な距離は10メートル(30フィート)と指定しています。装置との距離が近く、反射などがない屋外では装置間の理想的な距離は著しく狭くなります。理想的な距離は信号が反射しやすい狭い場所ではもっと広くなります。肌や衣類による信号の吸収も接続性に影響します(特に、音楽再生装置を鍵やクレジットカードなどと一緒にポケットに入れることによって電話にとって不要なアンテナ機能となってしまう場合があります)。さらに、line-of-sight信号を設定することによってこうした接続性や音飛びの問題を解決できる場合があります。

ワイヤレスの高遮音性イヤホンは充電終了後、何時間使えますか?

音量と音楽のジャンルにもよりますが、BT1バッテリーが新品の場合、8時間連続して音楽を再生できます。

イヤホンの充電方法を教えてください。充電が完了したことは、どのように分かりますか?

付属のUSBケーブルを付属装置に付属のものを含む標準的な5 V USB接続のやコンピューターのUSBに接続してください。安全のため、1 Aを越える電流の充電器に接続しないでください。

充電中は赤いLEDライトが点灯します。充電が完了すると、LEDライトが消えます。

バッテリーの充電時間を教えてください。

電源にもよりますが、バッテリーの充電は2時間ほどで完了します。15分の「クイック充電」で、2時間の再生が可能な電力を充電することができます。

充電中はイヤホンを使えますか?

はい。充電中も製品を使用できます。

SEイヤホンの使用方法

ワイヤー付きのイヤホンより、高遮音性Bluetoothイヤホンを選ぶ利点は何ですか?

ワイヤレスの高遮音性イヤホンは、再生装置にしばられることなく、自由に動きながらでも素晴らしいワイヤー付きSEイヤホン音響を提供します。こうした点はランニング、スピンクラスなどの動きが大きく、回転によってイヤホンがからまり、耳を引っ張ってしまうようなことを防ぎます。さらに、ワイヤレスの高遮音性イヤホンは、ハンズフリーでメディアを制御したり、通話が可能なため、旅行中や通勤時にも最適です。

注:

一部の航空会社では、機内でのBluetoothの使用が許可されています。機内にSE112-BT1、SE215-BT1、またはRMCE-BT1を持ち込む前に、航空会社にご確認ください。

ワイヤレス高遮音性イヤホンは、iPhone 7のように、RMCE-LTG(Lightning機能搭載のiOS装置のみ)の代わりとして標準的なヘッドホン出力のない装置にも最適です。

SE215やSE846など、ほとんどのSEイヤホンにおいて標準的なMMCXコネクターがあれば、ワイヤー付きかワイヤレスかで迷う必要はありません。RMCEリモート+マイクアクセサリーケーブル、RMCE-LTG(iPhone 7とiPhone 7 Plusのみ)または取り外し可能なEAC64交換用ケーブル(通信においてリモート+マイクケーブルが不要な場合)を加えるだけです。

RMCE-BT1はSEイヤホンのどのモデルに対応していますか?

SE215、SE315、SE425、SE535、高遮音性イヤホンSE846など、MMCXコネクターを備えているSEイヤホンは、すべてRMCE-BT1と互換性があります。

BT1ケーブルとイヤホンはBluetooth aptXコーデックに対応していますか?

BT1製品はaptXコーデックに対応していません。

BT2 よくあるご質問

詳細やその他のよくあるご質問についてはShure FAQをご覧ください。

リモート+マイク、音声コマンド、アプリ内使用

どうしたら使用する装置とワイヤレスの高遮音性イヤホンをペアリングできますか?

ワイヤレスイヤホンの電源をOFFにした状態で中央ボタンを7秒押し続けてペアリングモードを起動します。ペアリングしたい装置のBluetooth設定を開くと、使用可能な装置にSHURE BT2が表示されます。SHURE BT2を選択すれば、ペアリングが完了します。

マルチポイントペアリングは、どうすれば設定できますか?アクティブデバイスは、どうすれば変更できますか?

マルチポイントペアリングの場合、2つ目の装置とのペアリングは自動的に行われます(イヤホンの電源がオフになるまで電源ボタンを押し続け、7秒間ボタンを押してペアリングモードに入ります)。装置間の再生は着信や新しい再生命令によって行われます。装置でワイヤレスイヤホンが出力デバイスとして自動的に認識されない場合、ワイヤレスイヤホンを取り外してから、装置の設定で再度選択してください。

使っている高遮音性イヤホンは通話にも使えますか?

Bluetoothプロトコルには、ヘッドセットとステレオオーディオ再生機能の両方が内蔵されています。双方向のオーディオリモート機能もプロトコルに含まれているため、右側のケーブルに搭載されているインラインマイクが通話や音声コマンドに使用できます。

ケーブルは使用しているiPhone/iPod/iPad/Android装置にも対応していますか?

Bluetoothステレオオーディオ再生機能とプロトコルに対応している装置はAppleおよびほとんどのAndroidに対応しています。すべてのドライバーが最新の状態となるよう、それぞれに応じたオペレーティングシステムをダウンロード、インストールすることをお勧めします。

高遮音性イヤホンは、Siriにも対応していますか?

対応しています。Siriなどの音声サービスを起動するには、リモートの中央ボタンを3秒押し続けてください。(ソース装置に依存します。)

どのようにして音声コマンドを使用できますか?

マルチファンクションの中央ボタン(電源、応答、電話を切る)を3秒押し続けると音声コマンドソフトが起動します。(ソース装置に依存します)

どのようなデバイスコントロールがケーブルやイヤホンに対応していますか?どのようにして使用できますか?

中央ボタンでメディアのplaypauseを行ったり、電話を受けたり、切ったりすることができます。音量を上げるボタン(+)を3秒押し続けることで次の曲にスキップすることができます。音量を下げるボタン(-)を3秒押し続けることで曲の最初に戻ることができます(次の曲が再生されるまで約5秒の間があれば、前の曲に戻ります)。

中央ボタンを5秒押し続けると電源がオフになります。再び電源をオンにするには、電源ボタンを3秒押し続けます。

使っている高遮音性イヤホンはフィットネスアプリにも対応していますか?

対応しています。オーディオ指示機能つきのアプリのほとんどがワイヤー付きのイヤホンと同じように機能します。

注:こちらのイヤホンには心拍数や生体測定の機能はありません。

バッテリー、耐久性、幅広い用途と充電

使用している高遮音性イヤホンはIPX防水ランクに対応していますか?運動の時に使用できますか?

これらのワイヤレスイヤホンは、IPX防水ランクには対応していませんが、ケーブル、送信機、受信機、リモート+マイクポッドはすべてのイヤホンに対して行う、一連の厳しい耐湿性試験を受けています。さらに、クロージングクリップと併せて使用すると、高遮音性デザインが誇る優れた装着感とチップ、ワイヤ型ケーブル(SE215とRMCE-BT2のみ対応)によって長時間つけても心地よく、どんなに激しい運動においても、イヤホンが外れる心配がありません。こちらのイヤホンはあらゆるエクササイズに最適です(RMCE-BT2とペアリングしたすべてのイヤホンがそうであるように)。ただし、周囲に対する注意が必要な状況(自転車や車の運転中など)や法律で禁止されている条件下での使用は推奨できません。

ワイヤレスの高遮音性イヤホンは充電終了後、何時間使えますか?

聞く音量とオーディオにもよりますが、BT2バッテリーが新品の場合、10時間連続して音楽を再生できます。

イヤホンの充電方法を教えてください。充電が完了したことは、どのように分かりますか?

付属のUSBケーブルを付属装置に付属のものを含む標準的な5 V USB接続のやコンピューターのUSBに接続してください。安全のため、1 Aを越える電流の充電器に接続しないでください。

充電中は赤いLEDライトが点灯します。充電が完了すると、LEDライトが消えます。

バッテリーの充電時間を教えてください。

電源にもよりますが、バッテリーの充電は2時間ほどで完了します。15分の「クイック充電」で、2時間の再生が可能な電力を充電することができます。

充電中はイヤホンを使えますか?

はい。充電中も製品を使用できます。

SEイヤホンの使用方法

ワイヤー付きイヤホンより、ワイヤレスの高遮音性イヤホンを選ぶ利点はなんですか?

ワイヤレスの高遮音性イヤホンは、再生装置にしばられることなく、自由に動きながらでも素晴らしいワイヤー付きSEイヤホン音響を提供します。こうした点はランニング、スピンクラスなどの動きが大きく、回転によってイヤホンがからまり、耳を引っ張ってしまうようなことを防ぎます。さらに、ワイヤレスイヤホンは、ハンズフリーでメディアを制御したり、通話が可能なため、旅行中や通勤時にも最適です。

注:一部の航空会社では、機内でのBluetoothの使用が許可されています。機内にSE112-BT1、SE215-BT1、RMCE-BT1またはRMCE-BT2を持ち込む前に、航空会社にご確認ください。

ワイヤレスイヤホンは、iPhone 7や他の装置のように、RMCE-LTG(Lightning機能搭載のiOS装置のみ)の代わりとして標準的なヘッドホン出力のない装置にも最適です。

SE215やSE846など、ほとんどのSEイヤホンにおいて標準的なMMCXコネクターがあれば、ワイヤー付きかワイヤレスかで迷う必要はありません。RMCEリモート+マイクアクセサリーケーブル、RMCE-LTG(iPhone 7とiPhone 7 Plusのみ)または取り外し可能なEAC64交換用ケーブル(通信においてリモート+マイクケーブルが不要な場合)を加えるだけです。

RMCE-BT2はSEイヤホンのどのモデルに対応していますか?

SE215、SE315、SE425、SE535、高遮音性イヤホンSE846など、MMCXコネクターを備えているSEイヤホンは、すべてRMCE-BT2と互換性があります。

BT2ケーブルとイヤホンはBluetooth aptX™コーデックに対応していますか?

はい。BT2製品は、Qualcomm®aptXオーディオ、aptX HD、aptX低レイテンシー、AAC、SBC aptXコーデックをサポートしています。

ワイヤレスの高遮音性イヤホンで音飛びが生じるのはなぜですか?

Bluetoothプロトコルでは、装置との標準的な距離は10メートル(30フィート)と指定しています。装置との距離が近く、反射などがない屋外では装置間の理想的な距離は著しく狭くなります。理想的な距離は信号が反射しやすい狭い場所ではもっと広くなります。肌や衣類による信号の吸収も接続性に影響します(特に、音楽再生装置を鍵やクレジットカードなどと一緒にポケットに入れることによって電話にとって不要なアンテナ機能となってしまう場合があります)。さらに、line-of-sight信号を設定することによってこうした接続性や音飛びの問題を解決できる場合があります。

BT2で最大限のワイヤレス性能を引き出すにはどうすればよいですか?

Shure RMCE-BT2は、SBC、AAC、QualcommaptXオーディオ、aptX HD、aptX低レイテンシーコーデックなどの複数のBluetoothコーデックをサポートしています。Bluetoothコーデック/送信は、以下の条件によって、ワイヤレス性能が異なります。

  • 他のワイヤレス装置からの干渉
  • 音源からの距離
  • 音源と受信機を隔てる物理的な障壁(壁や人など)
  • ワイヤレス伝送の密度/サイズ。(コーデック関連)

iOSデバイスは自動的にコーデックを設定し、エンドユーザーは変更を加えたり、別のコーデックを選択したりすることはできません(iOSはSBCおよびAACのみをサポートします)。

最新のファームウェア更新を実施したAndroid装置では、使用するコーデックをAndroidソースデバイスのBluetooth設定メニューで選択できます。

注:Androidユーザー:最大限の性能を引き出し、信号のドロップアウトを最小限に抑えるには、環境に最適なコーデックを選択します。

www.shure.com/bt/codec

アクセサリー

モバイルデバイス用アクセサリケーブルのクイックスタートガイド

RMCEケーブルは、すべてのShureイヤホンと互換性があります。

In North America:

Custom Earphone Sleeves

Those who use earphones regularly for extended periods of time often find custom-fit molded sleeves offer the best comfort and sound isolation.Through a partnership between Shure Incorporated and Sensaphonics Hearing Conservation, custom sleeves are available for use with your Shure Sound Isolating™ Earphones.

Please contact Sensaphonics for more information.

Inserts d’écouteur sur mesure

Les personnes qui utilisent des écouteurs régulièrement pendant de longues périodes trouvent souvent que des inserts moulés sur mesure offrent le meilleur confort et la meilleure isolation acoustique. Grâce à un partenariat entre Shure Incorporated et Sensaphonics Hearing Conservation, des inserts sur mesure sont disponibles pour les écouteurs Sound Isolating de Shure.

Prière de consulter Sensaphonics pour plus de détails.

Manguitos personalizados para auriculares

Quienes usan auriculares con regularidad por lapsos prolongados a menudo hallan que los manguitos moldeados a medida ofrecen la mejor comodidad y aislamiento del ruido. Por medio de una asociación de Shure Incorporated con Sensaphonics Hearing Conservation, se ofrecen manguitos personalizados para uso con los auriculares aislantes del ruido Sound Isolating de Shure.

Comuníquese con Sensaphonics para más información.

Sensaphonics Hearing Conservation

660 N. Milwaukee Avenue

Chicago, IL 60622

Phone: In Chicago: (312) 432-1714

Toll Free: (877) 848-1714

E-mail: saveyourears@sensaphonics.com

http://www.sensaphonics.com

仕様

トランスデューサータイプ

SE535/535LTD Red バランスドアーマチュア型トリプルドライバー
SE425 バランスドアーマチュア型デュアルドライバー
SE315 シングル高精度MicroDriver
SE215 シングルダイナミック型MicroDriver

感度

@1 kHz

SE535/535LTD Red 119  dB SPL/mW
SE425 109  dB SPL/mW
SE315 116  dB SPL/mW
SE215 107  dB SPL/mW
SE112 105  dB SPL/mW

インピーダンス

@1 kHz

SE535/535LTD Red 36  Ω
SE425 22  Ω
SE315 27  Ω
SE215 17  Ω
SE112 16  Ω

周波数帯域

SE535 18  Hz ~19  kHz
SE535LTD Red 18  Hz ~19.5  kHz
SE425 20  Hz ~19  kHz
SE315 22  Hz ~18.5  kHz
SE215 22  Hz ~17.5  kHz
SE112 25  Hz ~17  kHz

入力コネクター

金メッキ、3.5 mmステレオミニジャックプラグと6.35 mm標準プラグアダプター

質量

SE535 30 g (1  オンス)
SE425 30 g (1  オンス)
SE315 30 g (1  オンス)

使用温度範囲

SE535 -18°C 57°C (0°F 135°F)
SE425 -18°C 57°C (0°F 135°F)
SE315 -18°C 57°C (0°F 135°F)

保存温度

SE535 -29°C 74°C (-20°F 165°F)
SE425 -29°C 74°C (-20°F 165°F)
SE315 -29°C 74°C (-20°F 165°F)

Bluetooth仕様

内蔵マイクロホン

RMCE-BT1 MEMS
RMCE-BT2 MEMS

指向特性

RMCE-BT1 無指向性
RMCE-BT2 無指向性

感度

RMCE-BT1 -11 dBV @1 kHz (Pa=94 dB SPL)
RMCE-BT2 -38 dBV @1 kHz (Pa=94 dB SPL)

対応イヤホン

RMCE-BT1 MMCX接続を備えているすべてのShure着脱式イヤホン
RMCE-BT2 MMCX接続を備えているすべてのShure着脱式イヤホン

互換性のあるソース

RMCE-BT1 任意のA2DP Bluetoothステレオソース
RMCE-BT2 任意のA2DP Bluetoothステレオソース

アンテナタイプ

RMCE-BT1 チップ
RMCE-BT2 チップ

アンテナゲイン

RMCE-BT1 +2.13 dBi
RMCE-BT2 +1.6 dBi

Bluetoothバージョン

RMCE-BT1 4.1
RMCE-BT2 5

動作周波数

RMCE-BT1 24022480 MHz
RMCE-BT2 24022480 MHz

モジュレーションタイプ

RMCE-BT1 FHSS
RMCE-BT2 FHSS

RF送信出力

RMCE-BT1 +5.38 dBm (E.I.R.P)
RMCE-BT2 +7.45 dBm (E.I.R.P)

サポートされているコーデック

RMCE-BT1 SBC
RMCE-BT2 aptX™,aptX HD,aptX Low Latency,SBC,AAC

範 囲

RMCE-BT1 10 m (32.8 ft)
RMCE-BT2 10 m (32.8 ft)

寸法

ケーブルの長さ

SE112-BT1 760.0 mm (29.9 インチ)
RMCE-BT1 790.0 mm (31.1 インチ)
RMCE-BT2 736.6 mm (29.0 インチ)

質量

SE112-BT1 17.5 g (0.62 オンス)
RMCE-BT1 13.8 g (0.47 オンス)
RMCE-BT2 18.0 g (0.63 オンス)

使用温度範囲

SE215-BT1 0°C 45°C (32°F 113°F)
SE112-BT1 0°C 45°C (32°F 113°F)
RMCE-BT2 0°C 45°C (32°F 113°F)

保存温度

SE215-BT1 -10°C 50°C (14°F 122°F)
SE112-BT1 -10°C 50°C (14°F 122°F)
RMCE-BT2 -10°C 50°C (14°F 122°F)

充電池仕様

電池タイプ

RMCE-BT1 充電式リチウムイオン
RMCE-BT2 充電式リチウムイオン

公称電圧

RMCE-BT1 3.7  V DC
RMCE-BT2 3.7  V DC

電池寿命

RMCE-BT1 最大 8 時間
RMCE-BT2 最大 10 時間

合計電池寿命

RMCE-BT1 120 mAh
RMCE-BT2 200 mAh

充電の必要条件

USBソース

RMCE-BT1 5  V DC ,100 mA , 最小
RMCE-BT2 5  V DC ,100 mA , 最小

充電時間

RMCE-BT1 2 時間
RMCE-BT2 2 時間

クイック充電

RMCE-BT1 15分の充電で最長1.5時間の再生が可能
RMCE-BT2 15分の充電で最長1.5時間の再生が可能

電池充電温度範囲

RMCE-BT1 045 °C (32113 °F)
RMCE-BT2 045 °C (32113 °F)

ヘッドホンアンプの仕様

出力ノイズ

RMCE-BT1 8.5 uVrms
RMCE-BT2 2.2 uVrms

THD+N

典型的

RMCE-BT1 0.1%
RMCE-BT2 0.02%

周波数特性

RMCE-BT1 1022,000 Hz , +- 0.5dB
RMCE-BT2 1022,000 Hz , +- 0.5dB

出力インピーダンス

RMCE-BT1 3.9 Ω
RMCE-BT2 0.6 Ω

認証

最新の規制およびコンプライアンスの情報については http://www.shure.com/earphonesをご覧ください。

注:テストは、同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。シールド(スクリーン)型以外のケーブルを使用した場合はEMC性能が低下します。

本製品は、関連するすべての欧州指令の基本的要件を満たし、CEマークに適合しています。

本機器は、未管理下の環境においてIC RSS-102規則放射線曝露制限に準拠しています。

Cet équipement est conforme aux limites d'exposition aux radiations IC CNR-102 établies pour un environnement non contrôlé.

本クラスBデジタル機器はCanadian ICES-003に適合しています。

Shure Incorporatedは、無線機器が指令2014/53/EUを順守していることを宣言します。EU適合宣言書の全文は以下のインターネットアドレスでご覧いただけます:http://www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str. 12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Email: EMEAsupport@shure.de

The Bluetooth word mark and logos are registered trademarks owned by the Bluetooth SIG, Inc. and any use of such marks by Shure Incorporated is under license. Other trademarks and trade names are those of their respective owners.

QualcommaptX is a product of Qualcomm Technologies, Inc. and/or its subsidiaries.

Qualcomm is a trademark of Qualcomm Incorporated, registered in the United States and other countries. aptX is a trademark of Qualcomm Technologies International, Ltd., registered in the United States and other countries.

Use of the Made for Apple badge means that an accessory has been designed to connect specifically to the Apple product(s) identified in the badge and has been certified by the developer to meet Apple performance standards. Apple is not responsible for the operation of this device or its compliance with safety and regulatory standards.

Apple, iPad, iPhone, iPod and Lightning are trademarks of Apple Inc., registered in the U.S. and other countries. tvOS is a trademark of Apple Inc. The trademark “iPhone” is used in Japan with a license from Aiphone K.K.

Mac® and Lightning® are registered trademarks of Apple Inc.

限定保証

Shure Incorporated (「Shure」) は、下記に記載された場合を除き、最初に購入した消費者に対し、本製品が通常の使用において材質・製造ともに欠陥がないことを、ShureまたはShure認定再販業者から消費者が直接購入した最初の購入日から2年間にわたり保証いたします。

本製品に含まれる、または同梱されている充電式バッテリーは、消費者の最初の購入日から1年間保証されます。ただし、充電式バッテリーは消耗品であり、温度、保管期間、充電間隔等の要因により容量が減少していきます。したがって、バッテリー容量の低下は材質または製造の欠陥には含まれません。

Shureでは、自らの判断により、欠陥製品を修理または交換して速やかに返送いたします。本保証を有効にするには、製品返品時にShureまたはShure認可再販業者が直接発行した購入領収書の実物を、購入証明書として提出する必要があります。Shureが欠陥製品を交換する場合は、Shureの独自の判断により、欠陥製品を、同モデルの製品または少なくとも品質と機能が適合するモデルの製品と交換いたします。

保証期間中、本製品に欠陥があると思われる場合は、製品を注意して梱包し、購入証明書を同封し、保険をかけて郵便料金前払いにて以下の住所のShure IncorporatedのService Department宛にご返送ください。

米国外にお住まいの場合は、販売店または認可サービスセンターまで製品をお持ちください。住所のリストはwww.Shure.comでご覧になるか、以下の住所のShureまでお問い合わせください。

本保証は譲渡できません。本保証は、本製品の濫用や誤用、Shureの使用説明書に反する使用、自然の消耗や摩耗、天災、過失による使用、ShureまたはShure認定再販業者以外からの購入、非認可の修理、製品の改造の場合には適用されません。

商品性または特定目的の適合性などの黙示保証は、該当する法律が許す範囲ですべて放棄され、法律が許さない範囲では本保証の期間および条件に限定されます。Shureはまた、付随的損害または特別損害、間接的損害については一切の責任を負いません。

黙示保証期間の制限または付随的損害もしくは間接的損害の除外や制限を認めていない州がありますので、上記の保証制限はお客様には適用されない場合があります。本保証によりお客様は特定の法的権利を付与されますが、州によって異なる他の権利を持つ場合があります。

本保証は準拠法の下で義務付けられた消費者の権利を制限するものではありません。

本保証は本製品に関連するまたは含まれるその他すべての保証に優先するものとします。ただし、本製品に含まれるまたは同梱されているソフトウェアは、本保証の対象外であり、当該ソフトウェアに伴うSHURE社のエンドユーザーライセンス合意内容が適用されます。

FOR ORIGINAL PURCHASES IN AUSTRALIA ONLY

LIMITED WARRANTY AGAINST DEFECTS

Shure Incorporated ("Shure") hereby warrants to the original consumer purchaser in Australia only that, except as otherwise specified below, this product will be free in normal use of any defects in materials and workmanship for a period of two (2) years from the consumer's original date of purchase directly from Shure or from a Shure-authorized reseller.

Any rechargeable batteries contained in or packaged with this product are so warranted for a period of one (1) year from the consumer’s original date of purchase. However, rechargeable batteries are consumable and their capacity will be reduced over time based on temperature, amount of time in storage, charging cycles, and other factors; hence reduction in battery capacity does not constitute a defect in material or workmanship.

At its sole option, Shure will repair or replace the defective product and promptly return it to you. In order for this warranty to be valid, the consumer must, at the time the product is returned, provide proof of purchase in the form of the original purchase receipt directly from Shure or from a Shure-authorized reseller. If Shure elects to replace the defective product, then Shure reserves the right to replace the defective product with another product of the same model or a model of at least comparable quality and features in Shure's sole determination.

If you believe this product is defective within the warranty period, carefully repack the unit, insure it and return it with proof of purchase, postage prepaid, to Shure Incorporated, Attention: Service Department, at the address below.

Outside of the United States, return the product to your dealer or Authorized Service Center. Addresses are listed on www.Shure.com or can be obtained by contacting Shure at the address listed below.

This warranty is not transferable. This warranty does not apply in cases of abuse or misuse of the product, use contrary to Shure’s instruction, ordinary wear and tear, an act of God, negligent use, purchase from a party other than Shure or a Shure-authorized reseller, unauthorized repair, or modification of the product.

ALL IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE HEREBY DISCLAIMED TO THE EXTENT PERMITTED UNDER APPLICABLE LAWS AND, TO THE EXTENT NOT PERMITTED, ARE HEREBY LIMITED TO THE EXTENT PERMITTED TO THE DURATION AND TERMS OF THIS WARRANTY. SHURE ALSO HEREBY DISCLAIMS ALL LIABILITY FOR INCIDENTAL, SPECIAL, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES FOR ANY PURCHASER ACQUIRING THIS PRODUCT, EXCEPT THAT THIS DOES NOT CONSTITUTE A DISCLAIMER OF RIGHTS GUARANTEED TO ANY “CONSUMER” UNDER THE AUSTRALIAN CONSUMER LAW.

This warranty gives purchasers of this product in Australia specific legal rights which are in addition to the rights and remedies of consumers under the Australian Consumer Law, which cannot be excluded or limited. If you are a “consumer” under the Australian Consumer Law, you are entitled to a replacement or refund for a major failure and for compensation for any other reasonably forseeable loss or damage. You are also entitled to have the goods repaired or replaced if the goods fail to be of acceptable quality and the failure does not amount to a major failure.

THIS WARRANTY SUPERSEDES ALL OTHER WARRANTIES THAT ARE ASSOCIATED OR INCLUDED WITH THIS PRODUCT, EXCEPT THAT ANY SOFTWARE CONTAINED IN OR PACKAGED WITH THIS PRODUCT IS EXCLUDED FROM THIS WARRANTY AND INSTEAD SHALL BE COVERED BY THE WARRANTY, IF ANY, PROVIDED IN SHURE’S END USER LICENSE AGREEMENT ACCOMPANYING SUCH SOFTWARE.

サービス、修理に関する情報

Shure 製品に関するサービスや修理は、Shure 社および当社正規流通センターが行います。「Get Started」の流れに従ってお使いの製品に必要なサービスや修理が行われるよう、郵送する必要があるかどうかを判断してください。

注記: Shure製品に関するサービス、修理を受ける際はお使いの製品を郵送してください。

サービスと修正プロセスを開始する

サービスセンター

米国、カナダ、中南米、カリブ海諸国

Shure Incorporated

宛先:Service Department

945 Chaddick Dr.

Wheeling, IL 60090-6449 U.S.A.

ヨーロッパ、中東、アフリカ

Shure Europe GmbH

宛先:サービス

Jakob-Dieffenbacher-Str. 12, 75031

Eppingen, Germany

インドネシアService Center Resmi:

ジャカルタホットライン (021) 612 6388

メダン (061) 6612550

スラバヤ (031) 5032219

ジョグジャカルタ (0274) 371710

デンパサール (0361) 766788

マカッサル (0411) 324652