概要

Shure MV88+は、Lightning®コネクターまたはUSB-Cコネクターを使用してモバイルデバイスに直接接続できるプロ品質のコンデンサーマイクロホンです。ミッドサイド構成とした2つのマイクロホンカプセルによりステレオイメージを調整可能としたことで、音楽やスピーチなど多種多様な音源の収音に対応しています。ShurePlus MOTIV™アプリを使用することにより、デジタル信号処理(DSP)のプリセットモード選択、ゲイン調節、コンプレッサー、およびステレオ幅調節で音質をカスタマイズできます。

機能

ミッドサイドステレオ

定評のあるミッドサイドステレオ録音テクニックをサポートしています。カーディオイドカプセルと双方向性カプセルを同時に使用してステレオ幅を調整し、優れたモノラル機能を提供します。

プラグ&プレイ

iOS、Android、PC、およびMacデバイスと互換性があります。

注:サポートされるAndroidデバイスについては、https://wwww.shure.com/MOTIVcompatibilityを参照してください。

コンパクトで高い耐久性

軽量、オールメタル構造で、さらにどこにでも携帯できるコンパクトさを備えています。すべてのShure製品と同様に、現場での信頼性が確保されています。

ShurePlus MOTIVアプリによる柔軟な録音コントロール

MOTIVレコーディングアプリでは、ゲイン、ステレオ幅、プリセットモードなどのマイクロホン設定を調節できます。また、以下の機能も備えています。

  • 横向きと縦向きの録音オプション
  • 基本的なオーディオ編集
  • Markers によるオーディオのトラッキング
  • 暗い照明下での録音向けのダークテーマ
  • すべてのMOTIVマイクロホンのサポート
  • 5バンドイコライザー
  • ライブストリーミング機能
  • Dropbox™、AirPlay®、およびBluetooth®のサポート
  • メーカープリセットおよびカスタムユーザープリセット
  • デモモードでの仮想マイクオプション
  • 複数のビット深度とサンプルレートのオプション

クイック セットアップ

MV88 Plus Stereo USB mic setup, إعداد ميكروفون USB ذي الصوت المجسم طراز MV88 Plus , Einrichten des MV88 Plus-Stereo-USB-Mikrofons, Ajuste de micrófono MV88 Plus estereofónico USB, Réglage du micro USB Stéréo MV88, Pengaturan mikrofon USB Stereo MV88 Plus, Impostazione del microfono stereo USB MV88 Plus, MV88 PlusステレオのUSBマイクロホンのセットアップ, MV88 Plus 스테레오 USB 마이크 설정, MV88 Plus Stereo USB-microfoon-setup, Configuração do microfone USB estéreo MV88 Plus, Настройка стереофонического USB-микрофона MV88 Plus, MV88+ 立体声 USB 话筒设置, MV88 Plus 立體聲 USB 咪高峰設置

マイクロホンの取付方法

ウィンドスクリーン

ウィンドスクリーンは、破裂音を最大限に防ぎ、ポッドキャスティングやゲーム実況などのスピーチ用途に暖かく親近感のある音を生み出します。

MV88+マイクロホン

MV88+は2つのカプセルを備えています。1つはカーディオイドパターンで、マイクロホンの前方向からの音声を直接捉えます。もう1つのカプセルは双方向性で、左側と右側からの音を捉えます。

Illustration shows how MV88 picks up sound from the front and sides

マイクロホンのカートリッジ

マイクロホンの向き

ステレオ録音を正確にするために、マイククリップでマイクロホン円筒部を回転させます。マイクロホンの前面を音源の方向に向けます。横向き(横)録音の場合は、LおよびRインジケーターを左右に表示します。縦向き(縦)録音の場合は、マイククリップでマイク円筒部を回転させます。

注:このアプリには、オーディオチャンネルを入れ替えるLeft-Right Channel Swapが搭載されています。

MV88 Plus barrel orientation for portrait or landscape recording

MV88+出力

MV88 Plus inputs and outputs

  • ヘッドホンとイヤホンに接続するための3.5 mmモニター出力
  • マイクロB USBポートを使用した録音デバイスへのオーディオの送信

MV88+ LED

iOS Android/Mac/PC
緑色:マイクはアクティブで、オーディオフロー中です 緑色:電源がオンです
オレンジ色:エラー
オレンジ色に点滅:ファームウェアがアップデート中です
赤色:マイクロホンはミュートボタンにより消音されています
赤色に点滅:オーディオでクリッピングが生じています

マイクロホンの角度設定

以下は、一般的な使用事例における推奨事項です。音源を録音するのに効果的な方法は、いろいろあります。試して最善の結果が得られるものを見つけてください。MV88+は標準のA25Dマイククリップに収まります。そのため、マイクスタンドを置ける場所ならどこでも配置できます。

ヒント:ステレオ方向が正しいかどうかは、マイクロホンの上となる側にShureのロゴが来ているかどうかで確認します。ロゴが見えない場合は、マイクロホンを適切に調整します。

録音

録音をモニターできるように録音デバイスを配置します。マイクロホンの前面を音源に向け、マイクロホン円筒部の左右それぞれが正しい方向に向くようにします。

Recording audio with device in portrait mode

音声インタビュー(卓上)

マイククリップをManfrottoマイクスタンドに直接取り付けます。MOTIVアプリでMONO BIDIRECTIONAL指向特性を選択します。マイクロホン円筒部の片側をインタビューを受ける人に向け、もう一方の側をインタビュアーに向けます。

Bidirectional audio recording for interviews

ハンドヘルド録音

脚を折りたたんで、ポータブルハンドヘルドスタンドを作ります。

Handheld recording with stand legs closed to form handle

Shure MOTIVデスクトップアプリ

Shure MOTIVデスクトップアプリを使用すると、マイクロホンの設定を素早く調整することができます。素早くセットアップするために、デバイスには最近使用した設定が保存されます。

マイクのセットアップ

MOTIV Desk app mic settings graphical user interface

① 設定 3つのドットをクリックすると、MOTIVのソフトウェア情報にアクセスし、プリセットやアプリケーションプリファレンスを管理し、ファームウェアアップデートを確認することができます。

② マイク選択/設定ロック ドロップダウンメニューを使用してマイクロホンの設定にアクセスします。[lock]をクリックすると、選択した設定のロックがオンまたはオフになります。

③ カスタムプリセット ドロップダウンを使用して独自のカスタムプリセットを作成します。

④ マイクミュート/マイクゲイン トグルを使用してマイクロホンのミュートとミュート解除を切り替えます。スライダーを使用してマイクロホンのゲインをコントロールします。

注:プログラムによっては、マニュアルモード時にマイクロホンのゲインをコントロールすることができます。マイクの設定が整ったら、マイクの設定をロックすることをお勧めします。

⑤ モニターミックススライダー スライダーを動かして、マイクや再生音源のレベルを調整します。モニタリングの詳細については、「モニターミックスブレンド」を参照してください。

⑥ プリセットモード アプリケーションに最適なステレオ幅、イコライザー、およびコンプレッサーが設定されます。詳細については「プリセットモード」を参照してください。

⑦ 指向特性の選択 スワイプして、使用する特性を選択します。ドット(ハンドル)を使ってステレオイメージの幅を調節します。

ヒント:幅を調節する際には、マイクロホンの位置と音源のサイズを考慮します。例えば、スピーチでは狭い幅が有効です。明瞭さを高め、周囲(室内)の雑音を排除します。ドットを使用してステレオ幅をすばやく設定します。

⑧ 拡張機能 リミッターとコンプレッサーのコントロール、ハイパスフィルター、左右チャンネル入替、イコライザー設定により録音時の細かな調整を行います。詳細については、「高度なマイク設定」を参照してください。

プリセットモード

5つの選択可能なモードにより、ゲイン、ステレオ幅、イコライザー、および圧縮の設定を最適化できます。マイクロホンのレベルを設定したら、各モードを試してベストな音を見つけます。プリセットモードは、入力信号の強さに影響を与えるため、プリセットを変更した後は、必要に応じてマイクロホンのレベルを調整してください。

構成 用途 特性
スピーチ
発言 狭いステレオ幅により背景のノイズを排除、明瞭度と豊かさを高めるイコライジング、さらに軽めの圧縮が行なわれます。
歌声
ソロまたはグループでのボーカルパフォーマンス 中程度のステレオ幅と控えめなイコライジングにより豊かさと明瞭さを高めた自然なサウンドです。
フラット
あらゆる用途 未加工の信号です(イコライザーやコンプレッサーは使用されません)。録音後に音声を処理する場合に柔軟性を発揮します。
アコースティック
アコースティック楽器や静かな音楽 中程度のステレオ幅と透明度の高いコンプレッサーにより音のスパイクを取り除き、静音部を引き立たせます。ディテールを強調し、全体的に自然なサウンドとしたイコライザー設定です。
大音量
ライブ演奏や大きい音源 広いステレオ幅により音源のセパレーションを高めます。楽器の音の混濁を生じさせる可能性のある周波数をイコライジングにより低減し音の明瞭度を高めます。

カスタムプリセット

カスタムのプリセットを作成して保存すると、頻繁に使用するマイク設定にすばやくアクセスできます。

  1. アプリケーションのニーズに最も適したプリセットモードを使用して始め、
  2. コンプレッサーなどの詳細設定で明瞭さと一貫性を調整します。
  3. 保存]をタップして、プリセットの名前を変更するか、デフォルト名を使用します。
  4. カスタムプリセットがリストに追加されます。

保存したプリセットにアクセスするには:

  1. プリセット]行のカラット(矢印)をタップして、保存済みのプリセットのリストを表示します。
  2. カスタムプリセットと[プリセットを適用]をタップすると、ゲイン、ステレオ、イコライザー、コンプレッサーのプリファレンスがすぐに適用されます。

ヒント:保存]をタップすることにより、いつでもカスタムプリセットを保存することができます。

指向特性の選択(ステレオとモノラルの設定)

マイクロホンカプセルの収音パターンを以下に示します。モノモードで動作しているときは、ステレオ幅は調節できません。

ステレオ指向特性 ステレオ

前=オン

左右=オン

モノカーディオイド

前=オン

左右=オフ

モノ双指向性

前=オフ

左右=オン

Rawミッドサイド

前=オン

左右=オン

詳細については、「Rawミッドサイド出力」を参照してください。

Rawミッドサイド出力

処理後の柔軟性を高めるには、Raw Mid-Side設定を使用します。これにより、ステレオイメージ付きの2チャンネル信号を録音でき、トラックの録音後でも調節が可能です。

左:カーディオイド(前)

右:双指向性(左右)

ミッドサイドステレオマトリクスデコーダーを備えたオーディオ録音アプリケーションのRaw Mid-Side設定を使用します。または、手動デコード命令を使用して、録音されたトラックのステレオイメージを調整します。

マニュアルデコーディングとステレオ幅の調整

お使いのデジタルオーディオワークステーションソフトウェア(DAW)がミッドサイドデコーダーを備えていない場合は、以下の手順によりステレオイメージを調整および操作できます。

  1. 2チャンネルのRaw Mid-Sideファイルから左右の音声信号をそれぞれ独立したモノトラックとして取り出します。
  2. 空のオーディオトラックを3つ作成します。
    • 1番目のトラック:左チャンネルのみの音声信号(前/カーディオイド)をモノラルトラックとして使用し、パンはセンターにします。
    • 2番目のトラック:右チャンネルのみの音声信号(左右/双指向性)をモノラルトラックとして使用し、パンは振り切りにします。
    • 3番目のトラック:2番目のトラックから左右/双指向性の信号をコピーします。このトラックのパンは振り切りとし、位相を逆にします
  3. 右側と左側のトラックを同じ音量レベルでグループ化し、同時に調節できるようにします。グループ化したトラックの音量を上げるとステレオ幅が広がり、下げると幅は狭くなります。

高度なテクニック:アタックの速いコンプレッサーをグループ化したトラックに使用すると、過渡期(ドラムスティックでシンバルを叩いたときの最初の部分の音)がステレオイメージの中央に保たれ、音が減衰するにつれてステレオ音場内に広がります。

ノートパソコンでRawミッドサイドオーディオをデコーディングしている図

Rawミッドサイドオーディオのマニュアルデコーディング

モニターミックスブレンド

Monitor Mix slider

モニターミックススライダーを使用して、各音源の音量を調整します。最良の結果が得られるように、中間点でモニタリングを開始して調整します。

  • スライダーをマイクロホンアイコン([Mic])の方に移動すると、マイクに入る音声の音量が上がります。録音されたギタートラックに歌を乗せていて、声をはっきりと聞き取りたいときなどに適しています。
  • スライダーをデバイスアイコン([Playback])の方に移動すると、再生しているトラックの音量が上がります。オリジナルのボーカルトラックに対するハーモニーを録音していて、オリジナルのパフォーマンスをはっきりと聞きたいときに適しています。

Graph of Mic and Playback volume inverse relationship

高度なマイク設定

プリセットモードを選択すると、リミッター、コンプレッサー、イコライザー設定で音声を微調整します。他の音声とビデオのアプリケーションを使用している場合、これらの設定はマイクロホンに保持されます。

リミッタ

リミッターのオン/オフを切り替えて、録音の音量ピークの歪みを防ぎます。

コンプレッサ(Comp)

圧縮なし、またはライトまたはヘビーのいずれかの圧縮を選択して、音源がダイナミックの場合の音量をコントロールします。静かな信号はブーストされ、大きな信号は抑えられます。

ハイパスフィルター

最も自然な音にする場合はHPFなしを選択します。75 Hzまたは150 Hzを選択すると、ウィンドノイズ、ルームノイズまたは近接効果を低減できます。

75 Hz低周波数カットオフ 75 Hzで、オクターブあたり6 dBのカットオフを提供します。床のゴトゴトというノイズや空調装置が発する低周波の室内雑音を低減します。この設定はまた、近接効果の補正、または楽器の音を鈍くさせたり濁らせたりする低域を低減させるためにも使用できます。

150 Hz低周波数ロールオフ 150 Hzで、オクターブあたり6 dBのロールオフフィルターを提供します。これを使用し、近接効果の補正、または楽器の音を鈍くさせたり濁らせたりする低域を低減させるためにも使用できます。

左右チャンネル入替

左右スワップを使用して、左右のオーディオチャンネルを入れ替えてステレオイメージと画像を一致させることができます。例えば、ビデオを使用して自分を録画する場合です。

ヒント:マイクロホン円筒部のLRインジケーターを使用して左と右が正確なことを確認します。

イコライザ

プリセットモードを変更してDSPの変化を聴き、イコライザーを使って周波数の帯域をブーストまたはカットし、音をクリアにします。

注:EQはプリセットモードが変わるまで持続します。

ストリーミングのヒント

レベルをコントロールする

一定の音量レベルを確保するために、マイクロホンはできるだけ顔に近づけるようにしてください。

ロックモードを使用してサウンドをロックする

音声をテストし、最適なサウンドの設定を見つけたら、[Mute]と[Monitor Toggle]の両方を2秒間長押ししてロックし、誤って調整されないようにして音声の一貫性を保ちます。

サウンドをモニターする

音声を聞くために、MOTIVデバイスのヘッドホン出力にヘッドホンを接続します。

トラブルシューティング

問題 解決策
マイクロホンが接続されているのに検出されない アプリがマイクロホンを認識するようにケーブルを取り外して再接続します。MOTIVデスクトップアプリケーションに正しいマイクロホン設定が表示されていれば、接続されていることが確認できます。
デスクトップアプリケーションで正しいマイクロホンが表示されているのに音声が聞こえない Monitor Mix]ブレンドを確認してください。[Monitor Mix]スライダーを中央に動かすと、マイクに入る音と再生される音を同時に聞くことができます。
音が歪む 音の歪みは通常、マイクロホンに過負荷がかかることで発生し、クリッピングの原因となります。最適な録音のためにマイクゲインを下げてください。
ステレオチャンネルの左右が動画と一致しない。 録音機器の向きによっては、MOTIV設定で左右スワップを行う必要が生じる場合があります。オーディオがすでに録音済みの場合は、ほとんどのオーディオ編集ソフトウェアで左右のチャンネルを入れ替えることができます。
ヘッドホンのLEDが点滅する音声が通常よりも高く聞こえたり、低く聞こえたりします。 マイクロホンとコンピューターのサンプルレートが一致していません。コンピューターのサンプルレート設定を調整するには、サンプルレートの不一致を修正する方法の詳細についてのShure FAQのトピックを参照してください。

注:Windows Update 10 v2004(April 2020)でこの問題が解決されています。

その他の問題 アプリをリセットして機能を復元すると有効な場合があります。マイクロホンを取り外して再接続し、ハードリセットを実行します。
一般的なトラブルシューティング
  • アプリを終了して再起動します。
  • コンピューターを再起動します。
  • ファームウェアアップデートを確認します。右上隅の3つのドットをタップし、[About MOTIV] > [Check for Update]を選択します。

注:何らかの問題が解決されない場合には、Shure保守・修理部門にお問い合わせください。

ファームウェアアップデート

プロンプトが表示されたら、MOTIVデスクトップアプリケーションのファームウェアをアップデートすることにより、追加機能とデザインの拡張機能を利用できます。ファームウェアのアップデートは、利用可能になると通知が表示されます。アップデートをすぐにダウンロードすることも、後でダウンロードすることもできます。

ヒント:最良の結果を得るためには、アプリケーションをアップデートする前に、マイクロホンがコンピューターに接続されていることを確認してください。アップデートが完了するまでは接続を解除しないでください。

後でファームウェアアップデートにアクセスするには、3つのドット > [About] > [Check for Update]をタップします。キャレットアイコンをタップし、利用可能なファームウェアパッケージが現在のバージョンよりも新しい場合は、[Send to device]をタップします。何らかの問題が発生した場合には、Shure保守・修理部門にお問い合わせください。

アップデート中は機器を接続したままにする

アップデートする際には、アップデートの問題がないことを確認するために、MOTIVデバイスをモバイルデバイスに接続したままにします。

システム要件

システム要件および互換性:Mac

  • MacOS 10.13~10.15
  • 64ビット
  • 最小2 GBのRAM
  • 最小500 MBのハードディスク容量

システム要件および互換性:Windows

  • Windows 10
  • 64ビット
  • 最小2 GBのRAM
  • 最小500 MBのハードディスク容量

システム要件および互換性:iOS

  • iOS:iOS 12以上
  • iPhone:iPhone 6以上
  • iPod Touch:第6世代

注:iPad Pro(USB-C)はサポートされていません。

システム要件および互換性:Android

以下を備えているすべてのAndroid機器で作動します。

  • Android Oreo 8.0以上
  • USBホストパワーであること ≥100 mA
  • USB Audio Class 1.1以降対応

Androidは、Google Inc.の商標です。

注:サポートされるAndroidデバイスについては、https://www.shure.com/MOTIVcompatibilityを参照してください。

仕様

MFi認証取得済

取得済

DSPモード(プリセット)

スピーチ/歌唱/アコースティック/ラウド/フラット

トランスデューサータイプ

カーディオイド (10 mm)/双方向コンデンサ カートリッジ (10 mm)

指向特性

ステレオ幅調節可能/Mono Bidirectional/Mono Cardioid/Mid-Side

Stereo Principle

Mid-Side

周波数特性

20 Hz ~ 20,000 Hz

調整可能なゲイン範囲

0 ~ +36dB

感度

-37 dBFS/Pa @1 kHz [1] [2]

最大SPL

120 dB SPL [2]

リミッター

搭載

コンプレッサー

搭載

イコライザー

5バンド

使用電源

USBまたはLightningケーブルにより電源供給

外装

総金属製

質量

ウィンドスクリーンなし 79.0 g (2.78オンス)
ウィンドスクリーン付き 81.5 g (2.87オンス)

寸法

ウィンドスクリーンなし 27 x 27 x 77 mm高さ×幅×奥行き
ウィンドスクリーン付き 44 x 44 x 93 mm高さ×幅×奥行き

[1] 1 Pa=94 dB SPL

[2]最小ゲイン、フラットモードの場合

ビット深度 サンプリングレート
24 48  kHz
24 44.1  kHz
16 48  kHz
16 44.1  kHz

MV88 frequency response graph

周波数特性

認証

Information to the user

This device complies with part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions:

  1. This device may not cause harmful interference.
  2. This device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.

Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device, pursuant to part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures:

  • Reorient or relocate the receiving antenna.
  • Increase the separation between the equipment and the receiver.
  • Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected.
  • Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.

本クラスBデジタル機器はCanadian ICES-003に適合しています。

産業のカナダICES-003コンプライアンスレベル:CAN ICES-3 (B)/NMB-3(B)

このマイクロホンは、5/8インチのネジ式アダプターを備えたマイクロホンスタンドで使用します。

注:テストは、同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。シールド(スクリーン)型以外のケーブルを使用した場合はEMC性能が低下します。

This product meets the Essential Requirements of all relevant European directives and is eligible for CE marking.

CE適合宣言書は以下より入手可能です:www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

Global Compliance

Jakob-Dieffenbacher-Str.12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

Eメール:info@shure.de

www.shure.com

MV88 Plus韓国語コンプライアンスレベル

iPhone Xs Max、iPhone Xs、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8、iPhone 7 Plus、iPhone 7、iPhone SE、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPad Pro(10.5インチ)、iPad Pro(12.9インチ)第2世代、iPad Pro(12.9インチ)第1世代、iPad Pro(9.7インチ)、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad Air 2、iPad Air、iPad(第6世代)、iPad(第5世代)、iPad(第4世代)、iPod touch用。

iPad、iPhone、iPod、およびiPod touchはApple Inc.の商標であり、米国および他の国々で登録されています。iPad Air、iPad mini、およびLightningはApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、日本ではアイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Androidとの互換性

この機器は、USBオーディオクラス2.0とUSB-Cとの接続をサポートするAndroidデバイスと互換性があります。Androidはデバイスによって互換性のないものもあります。Androidは、Google Inc.の商標です。

PIXI®およびManfrotto®は、Vitec Imaging Solutionsの登録商標です。ミニ三脚の最大重量:1kg/2.2ポンド。

Required compliance symbols for MOTIV