PG Altaマイクロホン

新シリーズShure PG Altaマイクロホンをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。PG Altaシリーズは手頃な価格ながらもプロ品質のサウンドを提供し、ボイス、アコースティック楽器、ドラム、アンプ楽器といった、ほぼすべての音源の収音に対応します。ライブおよびスタジオ用途に最適なPG Altaマイクロホンは長持ちさせるための構造を備え、すべてのShure製品に信頼と信用をもたらす厳しい品質検査基準を満たしています。

使用時の原則

  • マイクロホングリルは、いずれの部分も手で覆わなこと。マイクロホンの性能に悪影響を及ぼします。
  • マイクロホンを必要な音源(話し手、歌手または楽器など)に向け、不要な音源から遠ざけます。
  • マイクロホンは希望の音源のできるだけ近くに設置します。
  • より多くの低域を得るには、マイクロホンを近づけます。
  • 収音する音源1つについてマイクロホンは1本のみ使用します。
  • フィードバックマージンを稼ぐには、マイクロホンの数を減らします。
  • マイクロホン間の距離を、各マイクロホンから音源までの距離の3倍に保ちます(「3対1ルール」)。
  • マイクロホンは反射面からできるだけ離して設置します。
  • マイクロホンを屋外で使用する際はウィンドスクリーンを装着します。
  • 必要以上に手で触らないようにして、メカニカルノイズや振動を防止します。

用途

以下の表は、いくつかの楽器について基本的な点を説明したものです。Shureでは、この他にもマイクロホンの設置や録音方法についての役立つ情報を提供しています。詳細はwww.shure.comをご覧ください。

使用例 音源からの距離 ヒント
ボイス 2-8 cm 破裂音を防止するには、ポップフィルター(Shure PS-6)を使用します。
アコースティックギター 15-30 cm フルサウンドを得るにはサウンドホールに近づけ、バランスのとれた自然な音を得るには12フレット付近に設置します。
ドラム 1-2 m キックドラムの音をより多く捉えには、ドラムセットの前に設置し、シンバルの音をより多く捉えるには、オーバーヘッドとして設置します(ドラムセットの上から下向きで)。より柔軟なミキシングや太いサウンドを得るためには、個々のドラムに追加のShureマイクロホンを設置することを検討します。
アンプ 2-15 cm クリアで迫力のあるサウンドを得るにはスピーカーの中央に向け、メロウなサウンドを得るには、スピーカーのエッジに向けます。
弦楽器または金管楽器 30 cm - 2 m 1つの楽器のみを収音する場合には、マイクロホンは音源の近くに設置します。金管楽器または弦楽器のセクションでは、演奏者がマイクロホンから等距離になるようにします。
フルバンド グループに向け、楽器と楽器の真ん中に合わせます。 バンドの音がとても大きい場合には、歪みを防止するために-15 dBのアッテネーションスイッチを使用します。

ヒント:音源から近い所にマイクロホンを設置すると、近接効果による豊かなサウンドが得られます。音源から離れた所にマイクロホンを設置すると、室内環境音が多く得られます。

ミキサーまたはコンピューターへの接続

ケーブル

バランス型ケーブル(3ピンタイプ)のみが使用できます。他のケーブルでは、マイクロホンにファンタム電源を供給することができません。6.5mm入力用アダプターを使用する場合には、TRSタイプが必要となります。

コンピューター

コンピューターに直接音声を送るには、Shure Mviといった+48Vのファンタム電源を供給可能なXLRマイクロホン入力付きUSBオーディオインターフェースを使用します。

Shure MViオーディオインターフェースを使用したコンピューターへの接続

ミキサー

ミキサーとの接続は、ファンタム電源を供給可能なバランス型のマイクロホンレベル入力のみが使用できます。ほとんどのミキサーにはファンタム電源用のスイッチがありますので、ファンタム電源が接続したチャンネルでオンになっていることを確認します。

ファンタム電源

すべてのコンデンサーマイクロホンは、動作するのにファンタム電源が必要となります。このマイクロホンはDC 48V(IEC-61938)を供給することで最高性能を発揮しますが、それよりも低い電圧で動作することも可能です。

ファンタム電源はマイクロホンを接続したミキサーまたはオーディオインターフェースから供給され、バランス型マイクロホンケーブルを使用する必要があります。XLR-XLRまたはXLR-TRSケーブルを必ず使用してください。多くのミキサー、オーディオインターフェースには、ファンタム電源をオン/オフするためのスイッチがあります。詳細については、ミキサーまたはオーディオインターフェースのユーザーガイドをご覧ください。

操作

マイクロホンの位置決め

マイクロホンの正面側にはロゴが Shure あります。この面を音源に向けてください。

マイクロホンの取付方法

付属のショックマウントを使用してマイクロホンを取り付けます。マイクロホンを固定するためには、マイクロホンをショックマウントに置き、底部にあるリングを締めます。

近接効果

指向性マイクロホンは、音源に近づけるほど低域周波数が強まります。近接効果として知られるこの現象は、よりパワフルで暖かみのある音を生み出すために使用できます。

アッテネーションスイッチの設定

アッテネーションスイッチにより、周波数特性を変えることなく信号レベルを下げることができます。これにより、非常に大きな音でマイクロホンがオーバーロードになることを防止できます。

0dB 0dBは静かな音から通常の音圧用です。

-15dB -15dBはドラム、管楽器、大音量のギターキャビネットなど高音圧の音源用です。

低周波数特性スイッチ

低周波数特性スイッチにより、マイクロホンの周波数特性を変えることができます。

フラットな周波数特性(バイパス)
この設定では、低周波数を低減させずに自然な音が得られます。フラット設定は低周波域に及ぶ音源(ピアノ、ベース、パーカッションなど)を録音する際に使用します。

低周波カットオフ

この設定では、低周波を低減することで雑音を減らしたりトーンを形作ります。この設定は以下の目的に使用できます。

  • 床からの振動音や空調装置が発する低周波の室内雑音の低減
  • 楽器の濁音やこもり音の原因となる低周波レベルを減少
  • 低音を多く発しない音源のトーンを形作ります(バイオリン、アコースティックギター、フルートなど)
  • 破裂音(ボーカルが「パ行」で始まる言葉を発した際に聞こえるポンという音)の低減可能であれば、ポップフィルターはそれ単体での使用、または低周波数カットオフ設定と共に使用します。

仕様

タイプ

エレクトレットコンデンサー

指向特性

カーディオイド

周波数特性

20 ~ 20,000 Hz

出力インピーダンス

@1 kHz, 開回路電圧

115 Ω, 実効値

感度

@1 kHz, 開回路電圧

-35 dBV/Pa [1] (17.8 mV)

最大SPL

1% THDで1 kHz, 1 kΩ負荷

130 dB SPLパッドオフ (145 dB SPLパッドオン)

極性

ダイヤフラムへの正の圧力により、3番ピンに対して2番ピンに正電圧が生成される

スイッチ

15 dBパッド, ハイパスフィルター

コネクター

プロオーディオ用3ピン (XLR)、オス

質量

453 g (1.0 lb)

外装

亜鉛ダイカスト

使用電源

48 V DC ファンタム電源 (3.9 mA)

[1] 1 Pa=94 dB SPL

標準周波数特性

標準指向特性

オプション及び交換パーツ

7.6 mケーブル(XLR-XLR)

C25J

5/8”- 3/8”ネジアダプター5/8”- 3/8”変換ねじ

31A1856

マイクロホンスタンドアダプター

95A15045

ShureLock® ゴム絶縁ショックマウント

A27SM

ポッパーストッパー®Popper Stopper® 金属製グースネックとマイクロホンスタンドクリップ付きポップフィルター

PS-6

ウィンドスクリーンブラックフォームウィンドスクリーンBETA 27, KSM27, KSM32, KSM42, KSM44, KSM44A, PG27, PG42 and SM27用

A32WS

認証

本製品は、関連するすべての欧州指令の基本的要件を満たし、CEマークに適合しています。

CE適合宣言書は以下より入手可能です:www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str. 12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Eメール:info@shure.de