安全のための重要注意事項

  1. この説明書をお読みください。
  2. この説明書を保管しておいてください。
  3. 警告事項すべてに留意してください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. この製品は水の近くで使用しないでください。
  6. 掃除は乾いた布でから拭きするだけにしてください。
  7. 通風口を塞がないようにしてください。十分な換気ができるよう余裕を持たせ、メーカーの指示に従って設置してください。
  8. 火、ラジエーターや暖房送風口、ストーブ、その他、熱を発生する機器 (アンプなど) の近くには設置しないでください。火が出る物を製品の上に置かないでください。
  9. 有極プラグやアース付きプラグは安全のために用いられていますので、正しく接続してください。有極プラグは、2本のブレードのうち一方が幅広になっています。アース付きプラグは2本のブレードの他に、3本目のアース端子がついています。幅広のブレードや3本目の棒は、安全のためのものです。これらのプラグがコンセントの差し込み口に合わない場合は、電気工事業者に相談し、コンセントを交換してもらってください。
  10. 電源コードは特にプラグ差し込み部分、延長コード、機器から出ている部分において、引っかかって抜けたり挟まれたりしないように保護してください。
  11. アタッチメントや付属品は必ずメーカー指定のものをご利用ください。
  12. カートやスタンド、三脚、ブラケット、テーブル等はメーカー指定のものか、この装置用に販売されているものを必ずご利用ください。カートに装置を載せて動かす際はつっかけて怪我をしないよう注意してください。

  13. 雷を伴う嵐の際、または長期間使用しない場合は、プラグをコンセントから抜いてください。
  14. 整備の際は、資格のある整備担当者に必ずご相談ください。電源コードやプラグの損傷、液体や異物が装置内に入り込んだ場合、装置が雨や湿気に曝された場合、正常に作動しない場合、装置を落とした場合など、装置が何らかの状態で損傷した場合は、整備が必要です。
  15. 水滴や水しぶきに曝さないでください。液体の入った花瓶などを装置の上に置かないでください。
  16. MAINSプラグまたはアプライアンスカップラーが使用できる状態にしておいてください。
  17. 装置の空気伝播音は70 dB(A)を超えません。
  18. クラスI構造の装置は保護接地接続のある主電源の壁コンセントに接続してください。
  19. 火災や感電の危険を避けるため、本機器は雨や湿気のある場所にさらさないでください。
  20. 本製品の改造は試みないでください。けがや製品の故障の原因となる可能性があります。
  21. 本製品は指定された動作温度範囲内で使用してください。

シンボルの説明

警告:感電のおそれ
警告:危険のおそれ(注意書き参照)
直流
交流
オン (供給)
二重絶縁または強化絶縁により常に保護されている機器
スタンバイ
機器は通常の廃棄物の流れにより廃棄されてはなりません。

警告: この装置内には、生命の危険を伴う高電圧が存在します。ユーザーは内部の部品を保守できません。保守の際は、資格のある保守担当者に必ずご相談ください。使用電圧の工場出荷時設定が変更された場合は、安全保証は適用されません。

概要

SBC250、2ベイネットワーク充電ステーションは2台のULXD6またはULXD8送信機の充電に対応します。シンプルな構成と充電管理、保管を提供します。15分間の充電で1時間の運用に対応し、3時間でフル充電が可能です。

送信機の設定変更や充電池の詳細情報を監視するにはネットワークに接続する必要があります。 Wireless Workbench® などのShureコントロールソフトウェアや、AMXまたはCrestronなどの外部コントロールシステムを使用して、監視と変更を行います。

特長

  • Shure充電式バッテリーを使用するULXD6とULXD8送信機に対応
  • 2台までの送信機を15分間の充電で1時間の運用に対応可能、3時間の充電でフル充電が可能です。
  • Wireless WorkbenchなどのShureコントロールソフトウェアや、AMXまたはCrestronなどの外部コントロールシステムを使用して、送信機設定を変更できます。
  • コントロールソフトウェアを使用して、充電池のヘルス値、温度、サイクルカウント、充電ステータスなどの詳細情報を監視します。
  • Shure Update Utilityを使用して、送信機と充電ステーションのファームウェアをアップデートします。
  • Shure URT3 ラックトレイ(別売品)を使用すれば、ラックマウントまたは壁に取り付け可能です。

ラック及び壁への取り付け

ULXD6バウンダリーマイクロホンを保管する場合、オプションのShure URT3 ラックトレイを使用すれば、SBC250をラックマウントまたは壁に取り付けることが可能です。

ラックに取り付ける場合は、URT3のラックイヤーを回転させて取り付け穴が前を向くように調整してください。
壁に取り付ける場合は、ラックイヤーを回転させて取り付け穴が表面と同一面になるよう適切な位置に調整してください。

注意: 壁に取り付けた場合は、ULXD6バウンダリーマイクロホンは垂直に挿入、取り外しを行い、USBコネクタを傷つけないように注意してください。

詳細情報はオンラインで参照可能

総合的なオンラインユーザーガイドは、pubs.shure.comからご覧ください。

操作部とコネクター

① 電源スイッチ

ユニットの電源をオン/オフします。

② AC電源

IECコネクターAC100~240 V

③ 電源LED

  • On = 充電ステーションがオンの状態です
  • Off = 充電ステーションがオフの状態です

④ イーサネットポート

イーサネットネットワークに接続して、Wireless Workbenchまたは外部コントロールソフトウェアを使用することで、デバイスのリモートコントロールおよび監視が可能です。

⑧ イーサネットリンクスピードLED (オレンジ)

  • 消灯 = 10 Mbps
  • 点灯 = 100 Mbps

⑥ イーサネットステータスLED(グリーン)

  • 消灯 = ネットワークリンクがありません
  • 点灯 = ネットワークリンクが確立しています
  • 点滅 = ネットワークリンクが動作中です

⑦ 充電スロット (USB 3.0)

Shure充電池を装着したULXD6またはULXD8送信機を充電スロットにスライドして挿入し、充電を開始します。

⑧充電ステータスLED

各充電スロットの5つのLEDが点灯して、バッテリーの充電レベルを表示します:

LED %バッテリー充電
1
  • 点滅状態:< 10%
  • 点灯:> 10%
2 > 25%
3 > 50%
4 > 75%
5 100%

⑨リセットボタン

  • 充電ステーションのリセット:充電ステーションのリセットボタンを押したまま電源を入れると工場出荷状態にリセットされます。IPアドレス設定は自動モード にリセットされ、LEDは緑色で点灯します。
  • 送信機のリセット:送信機を充電スロットに差し込みます。 リセットボタンを5秒間押し続けると工場出荷状態にリセットされます。送信機のミュートLEDが点滅します。

②IDボタン

デバイスのLEDとWireless Workbenchで表示されているアイコンの両方を点滅させることによって、WWBで表示されているデバイスを識別します。

電源接続

  1. 電源を充電ステーションの電源入力へ接続します。
  2. 充電ステーションはトグルスイッチによってオンまたはオフになります。

充電ステーションへの電源供給が切れると送信機の電源もオフになります。

送信機を接続する

次の図のように、充電池を装着したULXD6/ULXD8送信機をスロットに差し込みます。

充電ステーションから送信機に電源が供給され、バッテリーが充電されます。

  • 15分間 = 1時間運用
  • 1時間 = 50%充電
  • 3時間 = 100%充電

注:充電ステーションへの電源供給が切れると送信機の電源もオフになります。再び通電するとバッテリーの充電が再開されます。

ShureデバイスをWireless Workbenchに接続する

Wireless Workbenchでは、ネットワーク上のデバイスコントロールと監視が可能です。使い始めるには、http://www.shure.com/wwbにアクセスし、Wireless Workbenchソフトウェアをダウンロードします。Wireless Workbenchは、標準的なイーサネットネットワークを介して、接続されたデバイスをコントロールします。

必要な機器: Shureデバイス、Wireless Workbenchがインストールされたコンピュータ、Cat 5以上のイーサネットケーブル、およびルーターまたはネットワークスイッチ

  1. 安定したネットワークパフォーマンスを確保するため、デバイスをコンピュータに接続する際にはシールド付きCat 5以上のイーサネットケーブルを使用します。管理するデバイスが複数ある場合、各デバイスをルーターまたはネットワークスイッチに接続します。各デバイスのイーサネットポートLEDが点灯し、ネットワークが接続されたことを確認します。またフロントパネル(場所は異なることがあります)にあるネットワーク接続アイコンの表示を確認して、ネットワーク接続が確立されていることを確認してください。
  2. 多くのアプリケーションでは、自動モード(デフォルト)を使用して、スイッチまたはルーターのDHCP設定よりIPアドレスを指定します。DHCPサーバーがない場合、デバイスは169.254.xxx.xxx範囲のリンクローカルアドレスに戻ります。特定のIPアドレスを割り当てる必要がある場合は、NetworkメニューでIPモードをマニュアルに設定します。モデルごとの使用方法については、http://shure-community.custhelp.com/posts/a21b97f121をご覧ください。
  3. Wireless Workbenchソフトウェアを開きます。
  4. ポップアップウィンドウでネットワークインターフェースを選択します。接続しているイーサネットポートのIPアドレスを確認して、適切な接続先を選択してください。
  5. 接続に成功すると、デバイスがInventoryタブに表示されます。

構成のヒント

  • ファイアウォール設定をチェックして、Wireless Workbenchがネットワークにアクセスできることを確認します。
  • 大規模な設置の際は、複数のイーサネットスイッチを使用してネットワークを拡張します

詳しくはWireless Workbenchのヘルプメニューまたはhttp://www.shure.com/wwbをご覧ください。

Wireless Workbenchを接続して充電池を監視する

Wireless Workbenchを接続すれば、各送信機のバッテリー情報を詳しく確認できます。

Wireless Workbenchのインベントリータブをクリックすると、ネットワーク接続された充電器が表示されます。

各タブには、電池の様々な統計情報が表示されます。

Charge (充電量)

充電量が総充電容量に対するパーセンテージとして表示されます。

Health(ヘルス)

選択した電池の状態を、新品時の充電容量に対する割合で表示します。充電容量(フル充電を行った場合の持続時間)は、充電を行ったサイクル数、経過年数、保管条件によって減少していきます。

Cycle (サイクル)

電池の完全な充電と放電を1サイクルとして、その総カウントを表示します。半分放電した後でフル充電した場合は1/2サイクルとしてカウントされます。1/4放電した後でのフル充電は1/4サイクルとしてカウントされます。

Temperature(温度)

電池温度を表示します。(摂氏または華氏)

ヒント: Wireless Workbench上で、SBC250送信機を個別に識別するには、ULXD6またはULXD8のミュートボタンを押し続けてWWB内の対象アイコンを点滅させます。Dismiss all をクリックすると点滅をクリアします。

ネットワーク充電ステーションを使用した送信機コントロール

Wireless Workbenchまたはその他の外部コントロールシステムを使用して、多数の送信機設定を迅速に確認して変更できます。

次の設定を変更できます。

  • ミュートボタンとミュートLED動作および明るさ
  • ハイパスフィルター
  • 送信出力
  • 電源ロック
  • 充電器から外したときの初期状態
  • 電池タイプ
  • デバイス名
  • チャンネル名
  • 周波数
  • 標準またはハイデンシティモード
  • バウンダリーおよびグースネックオフセット

  1. 充電ステーションに送信機を差し込みます。充電ステーションがネットワークおよびWireless Workbenchに接続されていることを確認します。
  2. インベントリータブから充電ステーションを選択、右クリックし、[Properties] を選択します。
  3. 1台または複数の送信機を選択します。
  4. 送信機の設定を変更し、[Apply] を選択します。これで送信機設定は完了します。

外部コントロールシステムとの接続

SBC250 ネットワーク充電ステーションは、イーサーネット経由でAMXやCrestronのような外部コントロールシステムと接続できます。1システムにつき1つだけのコントローラーを使用して、メッセージの衝突を回避してください。コマンド文字列の全リストについては、 http://www.shure.comをご覧ください。

  • 接続:イーサネット(TCP/IP、SBC250はクライアントです)
  • ポート:2202

ファームウェアアップデート

ファームウェアは各コンポーネントに埋め込まれたソフトウェアで機能をコントロールします。定期的に新しいバージョンのファームウェアが開発され、機能の追加や拡張が行われます。ファームウェアを更新するには、Shure Update Utilityツールを使用してファームウェアの新しいバージョンをダウンロードします。

Shure Update Utilityは、http://www.shure.com/suuからダウンロードできます。

充電ステーションを使用した送信機ファームウェアアップデート

  1. あらかじめ更新するファームウェアをダウンロードしたコンピュータを用意します。充電ステーションに送信機を差し込み、充電ステーションがネットワークに接続されていることを確認します。
  2. Shure Update Utilityを起動して、ファームウェアのアップデートを検知させます。
  3. Send Updatesをクリックするとファームウェアの更新を開始します。

モデルバリエーション

特に注意書きがない限り、すべてのモデルに電源が含まれています。

地域 モデル
米国 SBC250-US
アルゼンチン SBC250-AR
ブラジル SBC250-BR
ヨーロッパ SBC250-E
イギリス SBC250-UK
日本 SBC250-J
中国 SBC250-CN
韓国 SBC250-K
台湾 SBC250-TW
オーストラリア SBC250-AZ
インド SBC250-IN
グローバル SBC250(電源なし)

仕様

SBC250

充電時間

ULXD6 and ULXD8 15 = 1 時間 動作時間; 1 時間 = 50% 充電済み; 3 時間 = 100% 充電済み

ネットワークインターフェース

10/100 Mbpsイーサネット

使用電源

100 - 240V AC @ 0.35 A 最大, 50/60 Hz

外装

成形プラスチック, 鉄板

寸法

215 x 191 x 62.5 mm (8.46 x 7.52 x 2.44インチ)

質量

2.7 kg(5.95 lb)

動作温度範囲

0°C (32°F)45°C (113°F)

保管温度範囲

-29°C (-20°F)74°C (165°F)

認証

該当するすべての欧州指令の必須要件を満たします。

CE適合宣言書は以下より入手可能です:www.shure.com/europe/compliance

ヨーロッパ認定代理店:

Shure Europe GmbH

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:

部門:EMEA承認

Jakob-Dieffenbacher-Str.12

75031 Eppingen, Germany

TEL:+49-7262-92 49 0

FAX:+49-7262-92 49 11 4

Eメール:info@shure.de

本装置を運用する際は、次の2つの条件を満たして下さい: (1)装置は干渉を起こさない、そして(2) 装置は、望まない操作を起こす干渉を含め、あらゆる干渉を受け入れなければならない。

Le présent appareil est conforme aux CNR d'Industrie Canada applicables aux appareils radio exempts de licence.L'exploitation est autorisée aux deux conditions suivantes :(1) l'appareil ne doit pas produire de brouillage, et (2) l'utilisateur de l'appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le brouillage est susceptible d'en compromettre le fonctionnement.

CEマーク許可を取得。

FCCパート15Bの認証条項により認可。

CAN ICES-3 (B)/NMB-3 (B)

産業のカナダICES-003コンプライアンスレベル:CAN ICES-3 (B)/NMB-3(B)

注:FCCマーキング、CEマーキング、RCMマーキング、KCマーキング、および電気定格については、充電器の筐体底面にあるラベルをご覧ください。

注: EMC適合性試験は同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。別種のケーブルを使用した場合はEMC性能が低下する可能性があります。

Shure社によって明示的に承認されていない変更または修正を加えると、この機器を操作する 権利が無効になります。

次の基準の要件を満たします。

EN55032
EN55103-2
EN55024
EN60950
韓国KN32/35
IEC60950

環境に配慮してください。電気製品および梱包材は地域のリサイクリング処理の一部であり、通常の家庭ゴミと一緒にしてはなりません。

重要な製品情報

警告:誤った電池と交換された場合、爆発する恐れがあります。単3形電池のみを使用してください。

警告

  • バッテリーパックは爆発、または有毒な物質を放出する場合があります。火災または火傷の恐れがあります。開けたり、押し潰したり、改造したり、分解したり、60℃以上の熱に曝したり、焼却したりしないでください。
  • メーカーの指示に従ってください。
  • Shure充電器はShure充電式バッテリーの充電のみに使用してください
  • 警告:電池が間違って交換された場合、爆発する恐れがあります。同じ種類または同等の種類の電池と交換してください。
  • 決して口の中に電池を入れないでください。飲み込んだ場合は医師または最寄りの中毒事故管理センターまで連絡してください。
  • ショートさせないでください。火傷または火災の原因となります。
  • Shure充電式バッテリー以外のバッテリーパックを充電、または使用しないでください。
  • バッテリーパックは正しく処分してください。使用済みバッテリーパックの適切な廃棄方法については、各地域の販売店にお問い合わせください。
  • 電池(電池パックまたは内蔵電池)は直射日光、火などの高熱に曝さないでください。

ユーザー情報

本機器はテストされFCC規定パート15に従いクラスBデジタル機器に適合しますが、制限があります。これらの制限は、住宅地域において設置する際、有害な電波干渉から機器を適度に保護するためのものです。本機器は電磁波を発生・使用し、放射する場合があります。取扱説明書に従って設置しないと無線通信に電波干渉が起こります。また、設置状況に関わらず妨害を引き起こす可能性もあります。本機器によりラジオやテレビの受信に電波干渉が起こるようであれば(これは、機器の電源を一度切ってから入れるとわかります)、次の手段を1つまたは複数用いて電波干渉を防いでください。

  • 受信アンテナを別の方向に向けるか、別の場所に移す。
  • 機器と受信機の設置間隔を広げる。
  • 受信機を接続しているコンセントとは別の回路にあるコンセントに機器を接続する。
  • 販売店または熟練したラジオ/テレビ技術者に相談する。

ライセンスについて

免許:本機器操作の際、行政上の免許が特定の地域で要求される場合があります。必要条件の有無については国内当局にお問い合わせください。書面によるShure Incorporatedの承認を得ることなく本機器の変更・改造を行った場合、装置を使用する権利が無効となる場合があります。Shureワイヤレスマイクロホン装置の免許取得は使用者の責任であり、免許の取得は使用者の区分とアプリケーション、周波数によって異なります。周波数の選択と購入の前に、適正な免許に関する情報を得るために監督機関にお問い合わせになることを強くおすすめいたします。

電池、パッケージ、電子廃棄物については地域のリサイクル方法に従ってください。