概要

概要

Shure SystemOnソフトウェアは、既存のShureオーディオシステムの大規模設備を拡充し、テクニカル サポートチームは建物やキャンパス全体に渡るデバイスを管理を手助けします。このソフトウェアはネットワーク上のShureデバイスの監視、システムイベントのログ、ユーザーへメッセージ、そして電子メールにより迅速な対応が必要な重大な問題を警告します。直観的なウェブブラウザーインターフェイスによって、技術者やヘルプデスクスペシャリストがデバイスとトラブルシューティングの特定、オーディオのレベル調整やミュート、離れた場所からのワイヤレスマイクロホンの安定性の監視を可能にします。

特長

集約型 サポートツール

  • 組織全体におけるShureデバイスの状況をサブネットを越えて管理
  • 監視ツールやイベント ログを使用して、離れた場所から音声や接続の問題をトラブルシュート
  • 外部のプログラミングを必要としない、直ちに使えるソフトウェアソリューションなので高額な設定費用は不要
  • SystemOnを用いることで既存のShureデバイス用の新しい機能をシームレスに統合

ユーザーアカウントに基づく高信頼性

  • 低電池残量やオフラインデバイスについて電子メールまたはSMSメッセージで警告を受信することで、ネットワークを予防的に管理
  • 各ユーザーのアクセス権を役割と機能に基づいて制限することによって、リスクを最小限に抑え、ワークフローを簡略化
  • 既存のユーザー名とパスワードは、LDAPによって統合して同期
  • アカウントごとに言語を選択して複数の言語で運用

リモートコントロール

  • 即応リモートアシスト:音声ミュート、デバイス認識、ゲイン調整、ハードウェアロックアウト
  • MXW送信機をリモートリンクによって別のサブネットのシステムにリンクさせることでヘルプデスクのサポートを効率化
  • バックアップのMXW送信機をリンクすることで、プレゼンターにマイクロホンの選択肢を提供、充電済みの予備マイクロホンで長い会議に対応

設備例

企業

教育機関

スタートガイド

SystemOn Site へのアクセス

Shure SystemOn ソフトウェアにより、時と場所を選ばず Shure デバイスへ安全にアクセスできます。モバイルデバイスやコンピューターのウェブブラウザーを使って簡単にサイトにアクセスできます。

注:サイト URL は、システム管理者によりカスタマイズできます。

メニューナビゲーション

ナビゲーションバーを使って、アプリケーションを操作します。

メニュー ソフトウェアの他のページにアクセスします。役割とアクセス レベルによっては、使用できないメニュー アイテムもあります。
  • マイアカウント
  • ホーム
  • すべてのデバイス
  • ユーザー
  • イベントログ
  • 設定
  • ロケーション
通知 SystemOn は、重要なデバイスとシステム問題に備えるための通知を提供します。
ヘルプ ヘルプコンテンツにアクセスするとSystemOn体験を向上させることができます。

ホームページシステムのダッシュボード

SystemOnホームページではサブスクリプションに関連する重大な、迅速な対応が必要なイベントのダッシュボードを提供しています。ダッシュボードでは、注意が必要なデバイスを特定し、デバイス名、モデルタイプおよびロケーションといった、問題のトラブルシューティングに必要な情報を提供しています。

インベントリーサマリー 重要なデバイス情報での警告を含む、インベントリでの高レベルのステータスインジケータ―を表示
  • 電池残量低下: 電池残量低下通知を受け取るために設定される閾値よりも低くなったマイクロホン
  • 不明なデバイス:範囲外にあるマイクロホン、ならびに電源が切れているかネットワークから切断されているデバイス。
電池残量低下 今いる場所にある使用中のマイクロホンを管理し、最低電池残量レベルを表示することで、電池の問題を優先し、素早く解決することができます。

マイクロホン、チャンネルおよびデバイスを管理します

デバイスとチャンネル設定の調整、新しいマイクロホンの準備、音声および電池残量のモニターは、各ロケーションの監視タブで行います。配信設定されているロケーションからは、いずれのデバイスにもアクセスできます。

ホームページのダッシュボードからロケーションを開きます。

ホームページに何も表示されない場合

デバイスの表示もしくはアクセスに問題がある場合、追加の設定がSystemOnでの設定をするのに必要となります。

システム管理者にお問い合わせの上、以下の項目が完了していることを確認してください。

  • ライセンス:ライセンスプランが最新のものであること(Settings > Licenses)およびネットワーク上の各デバイスにライセンスが割り当てられていることをチェックしてください。
  • サブスクリプションと通知:こういったデバイスの記録をつけるためにロケーションに対して、ユーザーアカウントはサブスクリプションされる必要があります。加えて、通知はメールアドレスおよび電話番号で警告を受け取れるよう設定していることを確認してください。

ライセンス

Shureは、SystemOnをテストし、評価していただくための30日間の無料のライセンスを提供しています。この期間中、すべての機能およびツールは完全に機能します。30日経過後にソフトウェアを継続して使用するには、ライセンスプランを購入の上、 設定 > ライセンスからライセンスを適用します。

ライセンスプランの購入

試用の開始やライセンスプランの購入につきましては、Shure営業担当者または販売店までお問い合わせください。

ネットワークデバイスにライセンスプランを適用する

受信機や充電器といった管理を行いたいIPネットワーク化されたデバイスの総数にあたるライセンスプランを購入します。ライセンスにより、デバイスおよびそれと通信するワイヤレスマイクロホンといったワイヤレス機器向けの全機能が利用可能となります。

高等教育機関アプリケーション向けのライセンス例

この大学の例では、52台 の Shure ネットワークオーディオデバイスがキャンパス全体に渡って設置されています。これらの機器を同時に管理するためには、最低52デバイスのライセンスプランが必要です。

ライセンス管理

ライセンスページでは、ライセンスプランの適用、デバイスへのライセンスの割り当て、購入履歴の保存ができます。設定 > 使用許可 に進みます。

ライセンスプランの表示

適用 ライセンスをデバイスに割り当てる前に、ライセンスプランを適用します。
自動割り当て IPアドレス指定が可能なすべてのネットワークデバイスに、一度にライセンスを割り当てます。デバイスの数と等しい、またはデバイス数より多い数の利用可能なライセンスを持っている必要があります。
オフラインでの適用 ライセンスを、インターネット接続を使わずにサーバーに適用します。ソフトウェアのメッセージに従い、Shureソフトウェアポータル(software.shure.com)から受け取った運用数量通知(capability response)ファイルをアップロードします。
製品 Shure製品名
ステータス 製品のライセンスが有効か無効かを識別します。
ライセンス件数 デバイスをカバーするために使用している、プラン内のライセンスの合計数です。
割り当て数 現在デバイスに割り当てられているライセンスの数です。
利用開始日と有効期限 プランの期間で、購入手続きがされた日付から始まります。
付与ID 購入識別番号です。

ライセンスプランを適用する

ライセンスを各デバイスに割り当てる前にライセンスプランを適用します。

  1. 電子メールでお送りした受注書のライセンスを表示します。

    アクティベーション ID: a61c-29f4-df27-4af7-b1df-65d5-1856-9fc5
    SKU:SystemOn
    発注書:
    製品名:SystemOn_製品
    IPアドレス指定できるデバイス:250
    数量:1
    開始日:2018年6月23日
    有効期限:2018年6月25日

  2. アプリケーションのメニューで設定 > 使用許可を選びます。

  3. 適用を選び、IDを入力します。

  4. IDを送信すると、製品がライセンス一覧の新しい行に表示されます。

サーバーがインターネットに接続されていない場合は、「オフラインでのライセンスの適用」を参照して手続きを完了してください。

インターネット接続を使わずにライセンスを適用する

インターネットに接続していないサーバーでは、以下の手順に従ってライセンスをアクティベートします:

オフラインでのライセンスの適用

1IDファイルをエクスポート(運用数量リクエスト:(オフラインの有効化) オフラインの有効化ファイルはユーザーのソフトウェアアカウントとライセンス購入に基づく固有なものです。
  1. サーバーに接続したコンピューターで、SystemOnを開き、メニューから設定 > 使用許可を選びます。
  2. アクティベーションIDまたはユーザー名でサインインします。
  3. 適用を選び、アクティベーションIDを送信します。

    ヒント:ご注文確認メールにアクティベーションIDが表示されます。

  4. コンピューターにオフラインの有効化ファイルをダウンロードします。
2. software.shure.com に送信
  1. software.shure.comのShureソフトウェアポータルに進みます
  2. オフラインの有効化 ファイルをアップロードします。
  3. 確認ファイルをコンピューターに保存します。
3. 確認情報をSystemOnに戻す
  1. SystemOnのライセンスページを開きます。
  2. オフラインの有効化を選び、Shureソフトウェアウェブサイトからの運用数量通知ファイルをアップロードします。

各デバイスにライセンスを割り当て

管理したい各デバイスにライセンスを割り当てます。アクティブなライセンスはそのIPネットワーク化されたデバイスおよび、デバイスと通信するワイヤレスマイクロホンなどのワイヤレスコンポーネントのすべての機能を有効化します。

ライセンスはライセンスプラン中であればいつでもほかのデバイスに割り当てなおせます。

一括して自動でライセンスを割り当て

プランにすべてのデバイスをカバーできる十分なライセンスがある場合、一括して自動で割り当てることができます。

  1. 設定 > 使用許可に進みます。
  2. オートアサインを選択します。ウィンドウはライセンス情報を表示します:
    • 利用可能なライセンスの数
    • 見つかったデバイスの数

  3. はいを選択してすべてのデバイスにライセンスを割り当てます。ライセンスの一覧は割り当てられたライセンスの新しい総数に更新されます。

個別にライセンスを割り当て

デバイス単体もしくは一度に複数にライセンスを割り当て:

  1. すべてのデバイス > Devicesに進みます。
  2. ライセンス許可をしたいデバイスを選択します。

  3. 使用許可を割り当てる)メニューから選択します。

  4. このデバイスからライセンス状態を有効化します。

デバイスからライセンスを解除する

いつでも、デバイスに割り当てたライセンスを解除できます。その後、そのライセンスをシステムの別のデバイスに割り当てることができます。

  1. すべてのデバイス > Devicesに進みます。
  2. ライセンスを持つデバイスを選びます(複数可)。

  3. 使用許可の削除)メニューから選択します。

  4. デバイスは、使用無許可という表示になります。

ライセンスステータスの確認

デバイスがライセンスを持っていない場合は、監視、音声ミュート、ゲイン調整などの主要ツールを利用できません。デバイスはリストに表示されますが、Monitoringタブでは使用できません。

ライセンスを持たないデバイス

SystemOnの機能を利用するには、各ネットワークデバイスがライセンスを持っていることを確認します。

個々のデバイス 各デバイスのステータスを表示するには、ロケーションの1つでデバイスタブを開くか、すべてのデバイス > Devicesに進みます。

システム全体 設定 > 使用許可に進むと、ライセンスページで、ライセンスプランの概要と利用できるライセンスの数を確認できます。

デバイスネットワークへの接続

正しいネットワーク インターフェイス カード (NIC) を選択し、SystemOnサーバーをオーディオネットワークに接続します。マシン上に複数の NIC がある場合、デバイスと同じ範囲の IP アドレスを持つカードを選択します。

NIC の選択

ネットワーク上のデバイスへのアクセス

SystemOnは、ローカルネットワーク上(自動的に登録)、およびその他のサブネット上(手動で追加)のShureデバイスを自動的に検出します。

デバイスネットワークをAll devicesで表示します。リストには以下の重要なデバイス情報の概要が表示されます。

  • Device:モデル名およびユーザーが編集可能な名称
  • Location:ソフトウェアにおけるデバイスの場所
  • Network: IPアドレスおよびオンライン/オフラインステータス
  • License status:ライセンスを持つデバイスは、すべての機能がアンロックされます

サブネットからのデバイスの追加

組織のインフラストラクチャによっては、ネットワーク管理の改善やトラフィックの低減のため、機器はサブネットに分類される可能性があります。建物やキャンパスでは、サブネット上でルーターを使ってメインサーバーに接続するのが一般的です。

SystemOnが同じサブネット上のShureデバイスを自動的に検出します。他のサブネットのデバイスを管理するためには、アプリケーションにてそれらのIPアドレスを追加してネットワークルートを確立します。

サブネットを越えた管理

サブネット上のデバイスのIPアドレスをインポートする

ヒント:静的(手動による)IPアドレスをデバイスに設定し、変わってしまうことがないようにします。

  1. すべてのデバイス > Devicesに進みます。
  2. IPにより追加するを押すとIPアドレスによりデバイスを追加できます。
  3. 追加する各デバイスについてコントロールIP アドレスを入力します:
    • 個別:各デバイスのIPアドレスを1行にひとつづつ入力します
    • 一括:ファイルから追加を選び、IPアドレスの詳細リストをアップロードします
  4. 追加を押すと、接続が確立した際に当該デバイスがデバイスリストに表示されます。

サブネットをまたいだMXWマイクのリンク

ネットワーク経由でMXWマイクロホンを接続するには、上記の方法で充電ステーションをIPアドレスで追加してください。これにより、サブネットに関係なく、どのアクセスポイントでも使用できるようになります。

I待機中のIPアドレス

IPアドレスが誤って入力された場合、またはデバイスがネットワークに正しく接続されていない場合、デバイスはAll devices > PENDINGに表示されます。PENDINGタブには、ソフトウェアサーバーの有効なパスがない、手動で追加されたデバイスの概要が表示されます。

ロケーションによってデバイスを編成する

SystemOnを用いて、デバイスが設置された場所によりネットワークデバイスを分類します。ロケーションによりテクニカルサポートチームに明確で組織立ったシステムをもたらすことで、機器をいつでも追跡し、事態への対応、ワイヤレスマイクロホンのトラブルシュートが可能となります。これは、特に複数の建物やキャンパスを持つ大学や企業といった時間の節約や問題の解決が重要となる組織で役立ちます。

ヒント:技術者へ各ロケーションについての配信を行うことで効率的に機器を管理できます。

ロケーションのデバイスを表示する

ひとつのロケーションはオーディオネットワークのひとつのまとまりで、その場所に設置されたデバイスに注目することができます。

新しいロケーションの作成

  1. 位置に進みます。
  2. 新しいロケーションを選び名前を入力します。
  3. 追加 を選択すると新しいロケーションがリストに追加されます。

を選択してロケーション名を編集します。

ロケーショングループ

より正確に設置を示すには、ロケーションをグループに仕分けします。

  1. メインメニューでLocationsを選びます。
  2. NEW GROUPを選択して新規グループを作成します。
  3. グループ名を入力します。
  4. ADD をクリックしてグループを作成します。
  5. ロケーションを選び、ドラッグしてグループに追加します。

ロケーションを整理する

3階にある2つの会議室

ロケーションにデバイスを追加

ロケーションに追加するデバイスを選びます:

  1. すべてのデバイスに進みます。
  2. デバイスを選択して(次に移動)を選択します。

    ヒント:識別を行い正しいデバイスが選ばれていることを確認します。

  3. ロケーションを選択してAddを選びます。デバイスは、ひとつのロケーションにのみ属することができます。

ユーザー アカウントと役割

ユーザー アカウントの追加

SystemOnは、ユーザーの役割と配信に基づいてコンテンツを動的に表示します。アカウントには、技術者への電子メールの送信や電話連絡に使われる連絡先情報が含まれます。

ヒント:組織のデータベースからユーザーを追加するには、LDAPサーバーと統合します

  1. メインメニューでUsersを選びます。
  2. ユーザーを追加するを選択します。
  3. ユーザー情報を入力して保存するとアカウントが作成されます。LDAPサーバーが統合されている場合は、Add from LDAPを選びユーザー名とアカウント情報をインポートします。

ユーザー情報の編集

アカウント情報を編集するには、を開き、ユーザー名を選択して、マイアカウントに進みます。フィールドによっては、管理者または組織のLDAPデータベースによってのみ編集可能なものもあります。

アカウント情報へのアクセス

適切な権限を持つ場合には、他のユーザーアカウント情報やロケーション配信を編集することができます。

  1. ユーザーに進みます。
  2. ユーザーを選択して、を選び、アカウントを編集します。

SystemOnのユーザーデータベース

アカウント情報

ユーザー情報の編集:

  • チャンネルネーム
  • 使用する言語
  • 役割
  • 連絡先情報

配信

Locationsに進みます。購読タブを選択してロケーションからの配信を受けるユーザーを入力します。配信ではユーザーにデバイスへのアクセスとロケーションに関係のあるシステムアップデートの通知を提供します。

インターフェイス言語の変更

マイアカウント > 、My Infoに進み希望する言語を選びます。

LDAPディレクトリからのユーザーのインポート

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)データベースに統合することによって、使用中のユーザー ディレクトリからアカウントを追加します。LDAPへの統合を行うと、既存のユーザーをインポートすることで設定時間を低減し、同じサインイン認証情報を使うことでチームのワークフローを簡潔化できます。

  1. 設定 > インタロゲーションに進みます。
  2. LDAPセクションで[Enable]をクリックします。
  3. LDAPサーバーの設定に従って必須フィールドにすべて入力します。
  4. テスト接続を選び、統合が完了したことを検証します。
  5. Enableをクリックします。

LDAPのパスワード

LDAPからインポートされたユーザーについては、パスワードはLDAPのデータベースによって保持され、サインイン中SystemOnによって参照されます。データベースとの矛盾を避けるために、これらのユーザーは、各自のパスワードをSystemOnによって再設定することはできません。

役割およびアクセスレベル

ユーザーアカウントには役割が割り当てられ、アクセスできるアプリケーションの機能が決まります。インストールの際には、管理者の役割からの完全な特権を備えた管理アカウントが自動的に作成されます。

ユーザーの作成時には、そのユーザーの責任およびタスクに基づいた役割を割り当てます。SystemOnに提示される役割から選ぶか、あるいはワークフローに必要となる権限からなるカスタマイズされた役割を作成することができます。

ユーザーへの役割の割り当て

ユーザーアカウントを作成時、またはユーザーページのROLES AND PERMISSIONSタブからアカウントを編集して役割を割り当てます。

事前設定された役割

管理者 初期設定での管理者の役割では、ソフトウェアへの完全なアクセス権および権限を持ちます。管理者の中心的な仕事には、ユーザー アカウントの追加、ロケーションの作成、ユーザーのそのロケーションへの配信設定が含まれています。
技術者 技術者の役割は、デバイスの監視とコントロールをすることなので、ソフトウェアの設定を変更するようなアクセスは制限されています。技術者は、管理者によって割り当てられたロケーションの管理に集中することになります。

カスタマイズした役割を作成

カスタマイズしたユーザーの役割を作成すればチームのワークフローに最適化することができます。

ユーザー > ROLES AND PERMISSIONSで権限を調整します。役割を選択し、(役割の編集)をクリックして、各カテゴリーの権限を有効または無効にします。

権限カテゴリー

一般
マイアカウント 個人データ、連絡先、配信設定情報
イベントログ SystemOnによって絶えず収集されるシステムデータで、通常トラブルシューティングやシステムメンテナンスに使用されます。
設定
一般 ネットワークの選択やイベントログの保管といったシステム設定を行います。
通知 チームが通知を受け取る方法とタイミングを設定します。
統合 組織のLDAPデータベースと統合し、自動化されたSMSメッセージや電子メールによる通知を設定します。
ライセンス
ライセンスのアクティブ化 ソフトウェアにライセンスプランを適用し、SystemOn機能を有効化します。
デバイスライセンス ライセンスを各デバイスに割り当てるか、各デバイスから削除します。
ユーザー
ユーザー SystemOnのユーザーデータベースです。
役割 各ユーザーのアクセスレベルを設定します。
インベントリー
デバイスの監視と管理 デバイスをリアルタイムで監視し、調整を行います。
ロケーション ロケーションを作成し、デバイスを追加します。

ロケーションの配信

SystemOnは、ロケーションの配信設定に基づいて各ユーザーに関係のある情報を表示します。ロケーションに配信が設定されると、ユーザーは、そこのデバイスへアクセスでき、以下の管理ツールを利用できます。

電池残量低下

ホーム画面には、送信中のすべてのマイクについて電池残量レベル低下を概要表示

通知メッセージ

重要なシステム情報についてSMSメッセージや電子メールの通知を受信

最適化されたロケーションリスト

配信設定されたロケーションに所属するデバイスのみを表示

配信の割り当て

ユーザーを各ロケーションに割り当てることによってチームの配信設定を行います。開始する前にユーザーアカウントを作成しておく必要があります。

  1. 位置 に進み、ロケーションを開きます。
  2. 購読タブを選択します。
  3. ユーザーの名前を入力し、このロケーションに配信を設定します。
  4. 他のロケーションについても同じ手順を繰り返します。

通知と警告

メールやSMSテキストメッセージを受信することで予防的にデバイスを管理します。通知はサブスクリプション内に含まれるデバイスに送付され、携帯電話やモバイルデバイスに最新情報を直接提供します。

  • 電池残量低下:Shureのスマート、充電式電池は、正確にそして継続的に残量を報告することで、信頼できる電池管理が可能です。電池が残量しきい値(残量5から360分で調整可能)に到達したら、通知を受信します。
  • 不明なデバイス:マイクロホンがグループとの通信を停止したとき(範囲外または電源がきれている状態)やP300がネットワーク上にないとき(切断されたか電力を失った状態)など、SystemOnがデバイスを見つけられないときに通知を受け取ります。

設定 > インタロゲーションに移動してSystemOnをSMSテキストメッセージとメール通知で設定します。

通知設定の変更

チームが通知を受け取る方法とタイミングを選びます。各タイプの通知方法を選ぶには、設定 > 通知に進みます。

  • SMSメッセージ
  • 電子メール

SMSおよび電子メールの設定に関係なく、チームは、アプリケーションのどこからでも、通知を開くことによって、いつでもこれらメッセージの履歴を見ることができます。

アプリ上での通知の表示

不明デバイス通知

デバイスがソフトウェアを通じてアクセスできない場合、通知を受け取ります。不明デバイス通知は以下の理由のいずれかで送付されます:

  • ネットワークデバイス: デバイスの電源をオフにした際もしくは、デバイスからの接続が切れているとき
  • MXWマイクロホン: MXWマイクロホンの電源をオフにした際、バッテリーを使い切った場合、もしくはアクセスポイントの範囲から外れた場合。

電池残量低下通知

Shure充電池を使用している場合、いずれかのマイクロホンで電池残量レベル低下が報告されたときに通知されます。通知の設定値は、電池残り時間5分から360分の間で設定できます。

注:その他のバッテリーを使用しているマイクロホンは残り時間を計算できないため、電池残量低下通知が引き起こされません。

SystemOn をネットワーク サービスと統合する

SMTPサーバーへの接続

自動電子メールを設定して、チームにデバイスの重要な更新情報を通知します。

  1. 設定 > インタロゲーション > Eメールに進みます。
  2. SMTPサーバーの設定を入力します。
  3. 設定をテストして、統合が正常に行われたことを確認します。

例:

送信元:AVアラート[mailto:AV-Alerts@mycompany.com]
送信日時:2018年12月16日(金曜日)10:29 AM
送信先:AV技術サポート<AV-techs@mycompany.com>
件名:SystemOn - デバイス不明 - チャンネル1

技術サポート部門各位
デバイスが不明です:
チャンネル1(172.17.30.11)が見つかりません。
最終表示日時:2018年12月16日10:29:19 AM

MyCompany
www.myCompany.com

SMSメッセージ通知の設定

自動SMSメッセージを設定して、チームにデバイスの重要な更新情報を通知します。Shure SystemOnは、そのメッセージの運用にTwilioアカウントを使用します。

注:SystemOnがインストールされたサーバーまたはコンピューターにインターネット接続が必要となります

  1. http://www.twilio.comで、Twilioアカウントを作成します。SystemOnに組み込むために、Twilioアカウントからの以下の情報を使用します。
    • TwilioアカウントID
    • Twilioトークン
    • Twilio アカウントの「発信」電話番号(設定されている場合)
  2. 設定 > インタロゲーション > SMSに進みます。
  3. 設定をテストして、統合が正常に行われたことを確認します。メッセージが、Twilio アカウントで入力された電話番号に送信されます。
  4. ユーザーでアカウントを編集し、各チームメンバーの電話番号を追加します。

ハードウェアの監視と調整

電池の管理

Shure充電池

Shure リチウムイオン充電池は先進の化学組成を採用し、ゼロメモリー効果により送信機の動作時間を最大化しています。コントロールソフトウェアによる電力管理では、充電ステータス、電池の容量、サイクルカウントといった電池の重要なパラメーターを詳細に可視化します。

SystemOnは、Shure製以外の電池についてはこれら詳細情報の提示は行いません。

電池残量の表示

SystemOnを使用すると、ロケーションに属しているワイヤレスマイクロホンの電池情報を表示できます。電池機能と詳細情報はShure製充電池でのみ利用可能です。

ホームページ ダッシュボード

ホームページのあなたのロケーションからバッテリーの状態を一覧表示します。

電池残量低下一覧 送信中のすべてのマイクについて電池残量レベル低下を表示します。一覧には、電池の残り時間が少ない順に並べられ、必要な作業を容易に行えるようにデバイスとロケーションの詳細を表示します。
インベントリーサマリー 電池残量低下しきい値により引き起こされる通知を表示します。これらのロケーションに割り当てられるチームメンバーは、チームの設定に基づき、携帯電話やメールにて同じ警告を受信できます。

ロケーションモニタービュー

位置 > Monitoringから個々のチャンネルを見ます。

チャンネルは、電池が満充電になったこと、マイクロホンの使用中(残り時間)または充電中(充電完了までの時間)には詳細な時間情報を表示します:

Shure製以外の電池では、およその電池残量レベルを表示します:

電池残量の統計情報

電池性能統計値を用いることで、電池の性能を把握して電池の交換時期を計画することができます。ロケーションでチャンネルを選択し、プロパティパネルを開くことで、統計情報を表示します。

電池ヘルス 新品の電池との比較によるマイクロホンの充電容量の割合です。
サイクルカウント 電池に記録されている充電サイクル数です。

デバイスのトラッキング

ソフトウェアからデバイスを識別

ソフトウェアを変更する前に、識別を使用して適切なハードウェアと連携していることを確認してください。デバイス上のインジケーターが点滅し、アプリケーション内の選択とハードウェアとの間の視覚的なリンクが作成されます。

  1. ロケーションの内の一つ、またはすべての Devices ページからデバイスを選びます。
  2. デバイスプロパティパネルの識別をオンにします。ハードウェアが点滅し、アプリケーション上で選択したものが正しいデバイスであることを確認できます。

選択を確認するために識別するを使用

オンライン/オフラインのデバイスの状態

SystemOnを使用してShureデバイスのステータスを一覧表示します。ステータスバーには可用性が示されるため、チームがイベントやトラブルシューティング関連の問題に効率よく備えることができます。

緑色 デバイスはオンラインになり、使用することができます。
赤色 SystemOnは今回デバイスに接続できませんでした。デバイスはロケーションでライセンス許可されているかロケーションに含まれているため、リストに表示されています。デバイスは次の理由のいずれかによりオフラインとして表示されます。
  • 電源オフ
  • 音声ネットワークから切断されました
  • その他のサブネットに設定する場合、IPアドレスによる追加から最初に追加されたため、デバイスのIPアドレスも変更されました

デバイスネットワーク全体は、All devicesページまたは単一ロケーション内(Locations > [select a location] > Devices)ですばやく確認できます。

デバイスかマイクロホン型送信機を検索

すべてのデバイス > DEVICESで、システムの特定のネットワーク化されたデバイスまたはデバイスグループを見付けたりフィルターしたりできます。

ワイヤレスマイクロホン送信機を見つけるには、TRANSMITTER タブを使用します。

表に記載の情報を使用して、デバイスまたはトラブルシューティング関連の問題を追跡します。

フィルター

フィルターを使用して検索範囲を絞り、デバイスのカテゴリ(すべてのグースネックマイクロホン、ライセンスを持たないすべてのデバイスなど)を表示します。

検索

入力するにつれて結果を動的に表示します。

ワイヤレスマイクロホンのトラッキング

インストールを通じて、SystemOnを使用してワイヤレスマイクロホンをトラッキングしてください。ワイヤレスマイクロホンは、レシーバー、アクセスポイントといった対応するIPアドレス指定が可能なデバイスへのリンクを使用し、SystemOnネットワークへの通信を行います。

ヒント:Shure充電池を使用して、SystemOn内で提供される詳細を表示するよう確認します。

送信動作中のマイク ホームページから送信されたマイクロホンのサブセットを一覧表示します。この一覧はインストールした中で最も低い電池状況のマイクロホン10本を集めたものなので、タスクの優先順位をつけられ、問題を可能な限りすぐ解決することができます。Menu > Homeに進みます。
送信機の詳細リスト システム内のマイクロホン送信機の詳細リストを表示するには、DevicesページのTransmittersタブ(Menu > All devices > Transmitters tab)に進みます。検索機能またはフィルターを使用して、特定のマイクロホン、またはマイクロホンのカテゴリを探すことができます。

ロケーションの使用

ロケーションは、デバイスの管理とイベントへ備える技術者にツールを提供します。

ロケーションを使用するには、以下の2つの表示を利用できます:Monitoringデバイス タブ。

モニタリング

ライブイベントの管理のためにデバイス、チャンネル、マイクロホンとのやり取りを実行:

  • 電池/充電状態
  • 音声およびRFの信号レベル
  • MXW マイクロホンリンク
  • オーディオゲイン

デバイス

一目で分かるハイレベル情報の表示:

  • ロケーション中のすべてのデバイスのリスト
  • IP アドレスとオンラインステータス
  • ライセンスステータス

マイクロホンのゲインおよびミュートの調整

ロケーションを設定したら、マイクロホンのゲインを調整し未使用チャンネルをミュートすることで、全体的な音を向上させることができます。

  1. 監視 ページでチャンネルを選びます。
  2. ゲインレベルを調整するか、マイクロホンの状態を変更します。

MXW マイクロホンとのリンク

SystemOnを使用して、 新しいマイクロホンを準備および割り当て、低バッテリー問題か、異なったマイクロホンタイプへの要求を解決します。

既存のMXW充電器もしくは専用のものを使用して、特に サポートセンターから余計なマイクロホンを保存しリンクします。

リモートリンク

SystemOnを使用して、新しいマイクロホンとのリンクおよびネットワークへインストールされたアクセスポイントを作成します。

ハードウェアを準備:

  1. ネットワークへ充電ステーションを接続します。

    ヒント:スペア充電器の名前を付けなおして、ネットワーク上のほかの充電器と簡単に見分けがつけられるようにします(例:「ヘルプデスク充電器」)。

  2. 充電スロットに新しいマイクロホンを置きます。

SystemOnを使用してマイクをリンクします:

  1. SystemOnをアップデートしたいロケーションで開きます。
  2. Monitoringタブで、希望するチャンネルを選択し、すでに開いていない場合は、プロパティパネルを展開します。
  3. プライマリーおよびセカンダリースロットを開き、 マイクロホンをリンクするをクリックします。

    ヒント:プライマリースロットを使用して、最も一般的に使用されるマイクロホンを置き換えるか、セカンダリースロットを使用して、そのチャンネルにバックアップマイクロホンを追加します。

  4. リストから充電器を選択します。

  5. 次に、マイクロホンに使用するスロットを選択します。

    注:充電器に入れたばかりのマイクロホンが表示されない場合は、リストを更新してみてください

  6. リンクを選択して新しいマイクロホンを確認します。

使用したい充電器が見つからない場合、サブスクリプションされているロケーションでライセンス許可されおかれているかを確認してください。充電器が一覧に表示されるのにもかかわらず、アクセスできない場合は、最新のファームウェアバージョンに更新されているかを確認してください。

バックアップマイクロホンの準備

イベントでの信頼性と柔軟性を高めるために、各チャンネルに代替マイクロホンを準備します。一つのチャンネルに2台のMXWマイクロホン送信機をリンクすることが可能で、いずれか一方のマイクロホンを使用することができます。

マイクロホンを予備のスロットとリンクしておくことで、イベント中に必要が生じた場合に備えることができます。

マイクロホンプリファレンス

ハンドヘルドまたはボディーパックマイクロホンというように、プレゼンターが 2 つの異なるタイプのマイクロホンから選ぶことができます。

充電済みのバックアップマイクロホン

フル充電されたマイクロホンをバックアップとしてリンクしておくことで、長時間のイベントに備えます

共有リソース

最も頻繁に使用するマイクロホンのリンクを解除せずに、一時的なマイクロホンを簡単に追加できます。

アクティブなマイクは1チャンネルに1台

チャネルで一度に使用できるマイクロホンは1つのみで、これにより2つ目のマイクロホンがRFおよび音声性能に干渉するのを防ぐことができます。バックアップ用マイクロホンのLEDが数秒間点滅してチャンネルが使用中であることを示した後、電池の消耗を防ぐために自動的に消灯します。2つ目のマイクロホンを使用するには、1つ目のマイクロホンをオフにします。

音声チャンネルに2台のマイクロホンを準備する

システムの各チャンネルに一度に使用できるマイクロホンは1台です。

SystemOn内のバックアップマイクのリンク

チャンネルの予備のリンクスロットを使用して、バックアップマイクロホンを準備します。

  1. 必要なロケーションをMonitorタブで開きます。
  2. チャンネルを選び、プロパティパネルで セカンダリー スロットを開きます。
  3. マイクロホンをリンクするをクリックして、プライマリーマイクロホンでしたのと同じ方法で手順を終えます。

デバイスのプロパティ

Propertiesパネルから、設定とコントロールを表示するチャンネルまたはデバイスを選びます。Propertiesパネルが表示されない場合は、ブラウザーのウィンドウを最大化するか、(Device properties)をクリックして、Propertiesパネルを開きます。

  • 音声をアクティブまたはミュート
  • IP アドレスとネットワーク設定の表示
  • ハードウェアの識別
デバイスのプロパティを開く ロケーションの1つでデバイスタブを開くか、All devicesに進みます。デバイスを選択し、Propertiesパネルを開きます。
チャンネルのプロパティを開く ロケーションの1つでMONITORINGタブを開きます。チャンネルを選択し、Propertiesパネルを開きます。

一般的なデバイスプロパティ

一般

デバイス名

編集可能なデバイスの名前

Danteデバイス名

Dante™ コントローラー (DC) ソフトウェアで表示されるデバイスの名前。

デバイスモデル

Shureのモデル名。

識別ボタン

識別しやすくするため、デバイスに LED を点滅させる信号を送ります。

その他

シリアルナンバー

Shure ウェブサイトへのデバイスの登録、製品保証、カスタマーサポートによるトラブルシューティングで使用する個別の識別番号です。

ファームウェアバージョン

現在デバイスにインストールされているファームウェアバージョンです。

デバイスのランタイム

デバイスの電源投入からの経過時間です。

デバイスコントロール

音声のミュートやフロントパネルのロックなどの変更を行います。コントロールはデバイスにより多少異なります。

マイクロホンの状態
動作 音声オン、RF接続
ミュート 音声ミュート、RF接続
スタンバイ 音声ミュートでRFは最小動作となるスリープモード
OFF 電源オフ(デバイスの電源スイッチをオンにすることが必要)
フロントパネルロック ハードウェアのフロントパネルの操作を無効にして、無許可や誤操作による変更を防止

ネットワークのプロパティ

ネットワークプロパティは、デバイスのプロパティパネルで見ることができます。Danteのデジタルオーディオを搭載したShureデバイスには、以下の2つのネットワークアドレスがあります:

  • コントロールネットワークSystemOnや他のShureソフトウェアツールからのデバイスの検出とコントロール。
  • 音声ネットワーク:Danteデジタルオーディオの 転送とコントロール。
IPモード 選択したネットワークインターフェースのIPモードの設定:
  • DHCP: IPアドレスの自動割り当て用です。
  • 手動(静的):静的IPアドレス用です。
IP設定 各ネットワークインターフェースのIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを表示します。
MACアドレス ネットワークインターフェースの固有の識別番号です。

システムのメンテナンスおよびトラブルシューティング

イベントログ

イベントログは、重要なアカウント、デバイス、ネットワークアクティビティを収集します。各イベントには、時間とデバイスとロケーションに関する情報が含まれます。

オーディオネットワークに関係するシステムイベントを監視し、問題を解決するにはログを参照します。

以下はログでリスト表示されたイベントの例です。

  • オンライン/オフラインのデバイスの運用状況
  • マイクロホン不明(電源オフまたは到達範囲外)
  • サーバーとシステムの統合中断
  • ライセンスステータスと期限切れ通知
  • サインインおよびアカウントのアクティビティ

イベントログの表示

メインメニューのイベントログを開きます。

イベントログをCSV(カンマ区切り値)ドキュメントにエクスポートするには、Export logをクリックします。

イベントログのエクスポート

SystemOnに関係する問題を解決するために、ファイルをエクスポートしコンピューターに保存して、システムのイベントのスナップショットを保存します。システムイベントの監視、問題のトラブルシューティング、Shureシステムサポートへの問い合わせの際には、ログファイルを参照します。

サポートされているデバイスおよびファームウェア

以下のShureデバイスはSystemOnに対応しています。可能な場合は常に、最新のサポートされたバージョンに更新し、新しい機能とシステム向上の長所を生かしてください。

Shure Update Utilityアプリケーションを使って、お使いのハードウェアがこれらの要件に合致していることを確認してください。

システム ファームウェアバージョン
ANIUSB-MATRIX音声ネットワークインターフェース 3.1.x
MXA310テーブルアレイマイクロホン 3.1.x
MXA910シーリングアレイマイクロホン 3.1.5-4.0.x
MXW Microflex®ワイヤレスシステム 5.2.2–6.0.x
P300 IntelliMix®オーディオ会議プロセッサー 3.1.x
SBC220/240ネットワーク充電ステーション 1.1.43–1.1.x
SBC250/450/850ネットワーク充電ステーション 2.2.24-2.3.x
SCM820デジタルIntellimix®オートマチックミキサー 1.3.x
ULX-D®デジタルワイヤレスシステム 2.2.24-2.3.x

ユーザーガイドのオンラインでの表示

pubs.shure.comでShureデバイスのユーザーガイドおよび詳細情報を見ることができます

ファームウェアアップデート

ファームウェアは各デバイスに内蔵されたソフトウェアで機能をコントロールします。定期的に新しいバージョンがリリースされ、機能の追加や拡張が行われます。改善された設計を反映するために、Shureアップデートユーティリティ(SUU)を使ってファームウェアの新しいバージョンをアップロードしインストールすることができます。SUUは、www.shure.com からダウンロードします。

次のステップを実行し、ファームウェアをアップデートします:

注意! アップデート中はデバイスを安定したネットワークに接続してください。アップデートが完了するまでデバイスの電源を切らないでください。

  1. デバイスとコンピューターを同じネットワークに接続します(同じサブネットにセット)。

    注:ワイヤレス送信機のアップデート手順は製品によって異なります。具体的な手順はデバイスのユーザーガイドをご覧ください。

  2. SUUアプリケーションを開きます。
  3. ウィンドウの上部にある[Updates]ボタンをクリックして、Download Managerを開きます。

    注:このボタンのラベルは"Check for updates..."または"[#] updates available"です

  4. Download Managerから、必要なファームウェアバージョンを選択します。

    ヒント:右上のドロップダウンを使用すると、迅速にSelect: AllまたはSelect: Noneできます。

    注:アップデートが終わりましたら、デバイスのウェブアプリケーションにアップデートを表示するためにブラウザーのキャッシュをクリアすることが必要な場合があります。

  5. Download]をクリックしてからDownload ManagerCloseします。ダウンロードされたファームウェアがリストされ、[Firmware]タブで表示および管理できます。
  6. Update Devices]タブから、新しいファームウェアを選択したら、アップデートを送信を押してファームウェアのアップデートを開始するとデバイス上の既存のファームウェアは上書きされます。

ファームウェアリリース要件

Shureデバイスは、適切な動作を確実にするために連携する複数の通信プロトコルを使用します。お勧めする最善の方法は、同じモデルファミリーのデバイスを同一のリリースに揃えることです。ネットワーク上の各デバイスのファームウェアのステータスの確認は、SUUを開きUpdate Devicesページで現在のバージョンを見ます。

Shureデバイスのファームウェア形式は、MAJOR.MINOR.PATCHです。(例、1.6.2でいうと、1はメジャーファームウェアレベル、6はマイナーファームウェアレベル、2はパッチファームウェアレベルです。)少なくとも同じサブネット上で動作するデバイスは、メジャーとマイナーのリリース番号が同一である必要があります。

データベースのバックアップと復元

Shureソフトウェア情報を格納するMongoDBデータベース(SystemOnとともにインストール済み)をバックアップすることにより、データ損失から保護します。バックアップは、新しいサーバーに移行する場合にも役立ちます。

バックアップには、チームがソフトウェアで行うすべてのプロジェクト、ロケーション、およびデバイス設定が保存されます。バックアップの復元では、現在のオペレーティングソフトウェアのバージョンに一致するバックアップファイル(.bak)のみがサポートされます。

Mongo データベースのバックアップ

MongoDB のバックアップの作成には、同ソフトウェアがインストールされたマシンを使用します。

  1. データベースのバックアップをアーカイブする場所を特定します。このパスはコマンドラインで使用します。
  2. スタートメニューの検索ボックスに「command」と入力してコマンドプロンプトを開きます。Enterキーは押さないでください。
  3. コマンドプロンプトの項目を右クリックし、[Run as administrator]を選択します。
  4. [ ]でマークされた箇所を置き換えて、次のコマンドラインを入力します(””を含めます):

    "[SystemOnソフトウェアのインストールディレクトリ位置]\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongodump.exe" --host localhost
    --port [インストール時に選択した番号] --gzip --archive="[バックアップのパスとファイル名]"

    ヒント:初期設定におけるコマンドラインのサンプル

    "c:\Program Files\Shure\Shure Networked Systems Software\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongodump.exe" --host localhost
    --port 30000 --gzip --archive="c:\Shure.bak"

  5. Enterキーを押します。ファイルは、プロンプトで指定されたパスでアーカイブされます。

データベースバックアップからの復元

  1. ソフトウェアがインストールされたマシンで、スタートメニューの検索ボックスに「command」と入力してコマンドプロンプトを開きます。Enterキーは押さないでください。
  2. コマンドプロンプトの項目を右クリックし、[Run as administrator]を選択します。
  3. [ ]でマークされた箇所を置き換えて、次のコマンドラインを入力します(””を含めます):

    "[SystemOnソフトウェアのインストールディレクトリ位置]\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongorestore.exe" --host localhost --port [インストール時に選択した番号] --drop --gzip --archive="[バックアップのパスとファイル名]"

    ヒント:初期設定におけるコマンドラインのサンプル

    "c:\Program Files\Shure\Shure Networked Systems Software\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongorestore.exe” --host localhost
    --port 30000 --drop --gzip --archive="c:\Shure.bak"

  4. ENTERキーを押します。
  5. コマンドプロンプトで

    iisreset

    と入力し、データベース構成を再読み込みします。

トラブルシューティング

ソフトウェアにサインインできない

考えられる原因 解決策
ユーザー名またはパスワードを忘れた
  • サインイン画面にあるリンクをクリックしてユーザー名を得るか、パスワードをリセットします。
  • ユーザーがLDAPから作成されている場合は、SystemOnからはいかなる変更もできません。ネットワークへサインインし、ネットワーク管理者に連絡してください。
誤った認証情報を入力したためロックアウトされた
  • 10 分程待ってから再試行します。
  • パスワードをリセットします。
  • ユーザーが LDAP から作成されている場合、ネットワーク管理者に連絡してください。

デバイスが表示されない

考えられる原因 解決策
デバイスの準備ができていない
  • デバイスの電源を入れます。
  • デバイスをネットワークに接続します。
正しくないネットワーク インターフェイス カード(NIC)が選ばれている NICがSystemOnサーバーをデバイスネットワークに接続します。Settings > General > Network setupに進み、選択されたNICがデバイスネットワークに対応していることを確認します。
サブネット上のデバイスの IP アドレスが正しくない デバイスが有効でルーティング可能なIPアドレスを持ちAll devices >  Devices > ADD BY IPにてSystemOnに正しく入力されていることを確認します。個別のサブネット上に存在するデバイスについては、DHCPによって変更されないよう、スタティックIPアドレスを使用します。
ネットワークトラフィックがサーバーとデバイス間で流れていない
  • IP アドレスでデバイスを ping し、SystemOn の外では正常に応答しているかどうかを確認します。
  • デバイスを出荷時設定にリセットします。
  • サーバーとデバイス間でユニキャストトラフィックが適切にルーティングされていることを確認します。
  • ネットワーク管理者に相談してください

デバイスを開くことができない、または監視できない

考えられる原因 解決策
デバイスはオフラインです。
  • デバイスをネットワークに接続します
  • 上記の「デバイスが表示されない」に記載された解決策を参照してください
ライセンスがデバイスに割り当てられていない 監視したいデバイスそれぞれにライセンスを割り当てます。デバイスリストには次のように表示されます。.
デバイスがサポートされていないファームウェアバージョンで動作している デバイスのファームウェアバージョンがSystemOnでサポートされていることを確認します。デバイスを選択し、Properties > About > Firmware versionへ進んでください。バージョンがサポートされていない場合は、通知が表示されます。

各デバイスにおいてサポートされるファームウェアの最新リストはインストール ガイドを参照し、Shure Update Utility アプリケーションを使って適切に更新します。
アクセスコントロールはデバイスで有効化されています デバイスがネットワークロックアイコンを表示する場合は、アクセスコントロールを有効化したShureソフトウェアからこの設定を管理できます。アクセスコントロールは、ユーザーがSystemOnのデバイス設定を制御もしくは編集するのを防ぎます。

ユーザーが通知を受け取れない

考えられる原因 解決策
配信がユーザーに割り当てられていない Locations > [Select a location] > Subscriptionsでロケーションに適切なユーザーが配信設定されていることを確認します。
通知がオフになっている Settings > Notificationsにて通知をオンにし、配信方法を選びます。
連絡先情報が正しくない Users > Users > [Select a user]からのユーザーの連絡先情報を確認します。
ユーザーが SMS メッセージを停止している 古いメッセージから START YESまたは UNSTOP で返答してサービスを再開します。
E メールと SMS の統合が設定されていない Settings > Integrationsに、正しいSMTPとTwilioの情報が入力されていることを確認してください。テスト送信により現在問題をトラブルシューティングするために使用しているアカウントでサンプル通知を受信できることを確認します。
サーバーがインターネットに接続されていない SMSテキストメッセージを運用できるようSystemOn サーバーがインターネットに接続されていることを確認します。
E メールがフィルタリングされている E メールアカウントの迷惑メールフォルダーをチェックして、フィルタリングされていないことを確認します。

ライセンスプランを適用できない

考えられる原因 解決策
サーバーがインターネットに接続されていない SystemOn のオフラインでの運用方法に従います。
アクティベーション ID が無効 Shure カスタマー サポートに電話して新しい ID を取得します。
NICは削除されたか、アクセスできません。 Windows > View local servicesからShure Inventory Serverを再起動します。Shureインベントリーサービスを右クリックし、再起動して、SystemOnで再度開きます。

アプリケーションが予想外の動作をする

考えられる原因 解決策
サーバーに接続できていない、あるいは不安定
  • ブラウザーを再起動します。
  • サーバーとの接続が安定していることを確認します。
ブラウザーのキャッシュが問題を起こしている ブラウザーのキャッシュをクリアします。
ブラウザーのバージョンが古い ブラウザーを最新バージョンにアップデートします。サポートされるブラウザーのバージョンについては、インストールガイドを参照してください。
サーバーのクロックが変化した SystemOn アプリケーションとデータベースをアンインストールしてから再インストールします。

その他のトラブルシューティングヘルプ

その他のトラブルシューティングに関するアシスタンス、または複雑な設備に関する詳しい情報については、お近くの Shure 営業担当者、販売会社、または Shure System サポートまでお問い合わせください。北米地域では、システムサポートグループ (847-600-8440) までお電話でお問い合わせください。他の地域では、www.shure.comでお近くのサポート連絡先をご覧ください。

問題のトラブルシューティングをより効果的に行うため、SystemOnイベントログをエクスポートしておき、サポートに連絡する際に参照できるように準備してください。エクスポートされたログには、ハードウェア、サーバー、およびSystemOnアクティビティからのデータが含まれており、Shureサポートの担当者がインストールに関する詳細情報を知ることができます。ログはEvent Log > Export Logからエクスポートできます。