設置ガイド

Windows サーバーにShure SystemOn オーディオアセット管理ソフトウェア をインストールするためのガイドです。インストールが完了したのち、ソフトウェアを設定し、チームが簡単にオーディオネットワークを管理できるようにします。詳細はインストール後のアップと実行を参照してください。

Shureサポートチームにお問い合わせください

Shureシステムサポートは、Shureデバイスやデジタルオーディオネットワークについての深い知識を持ち、ご使用の設備に最適な解決策を提供します。ソフトウェアのインストールまたは設定中に問題が発生した場合は、Shureシステムサポートにお問い合わせください。アメリカ国内の場合は、312-736-6006に電話するか、www.shure.comにアクセスしてお近くのサポート連絡先をご確認ください。

ソフトウェアのリリース

このソフトウェアの新しいバージョンは定期的にリリースされ、新しい機能とパフォーマンス向上がこれに含まれます。このドキュメントでは最新のソフトをサポートしています。個々のリリースに関する詳細は、www.shure.comリリースノートを参照してください。

システム要件

必須条件

サポートされているデバイスおよびファームウェア

以下のShureデバイスはSystemOnに対応しています。可能な場合は常に、最新のサポートされたバージョンに更新し、新しい機能とシステム向上の長所を生かしてください。

Shure Update Utilityアプリケーションを使って、お使いのハードウェアがこれらの要件に合致していることを確認してください。

システム ファームウェアバージョン
ANIUSB-MATRIX音声ネットワークインターフェース 3.1.x
MXA310テーブルアレイマイクロホン 3.1.x
MXA910シーリングアレイマイクロホン 3.1.5-4.0.x
MXW Microflex®ワイヤレスシステム 5.2.2–6.0.x
P300 IntelliMix®オーディオ会議プロセッサー 3.1.x
SBC220/240ネットワーク充電ステーション 1.1.43–1.1.x
SBC250/450/850ネットワーク充電ステーション 2.2.24-2.3.x
SCM820デジタルIntellimix®オートマチックミキサー 1.3.x
ULX-D®デジタルワイヤレスシステム 2.2.24-2.3.x

インターネット アクセス

  • ソフトウェアのインストールにおいて(アプリケーションの更新に必要となる可能性あり)
  • SystemOnでのSMS メッセージ通知の送信方法

必要なポート

サーバーのインバウンドポート

HTTP および ウェブ ソケット

80(デフォルト)
  • Mongoデータベースサーバー
  • Web API
  • インベントリサーバー(デバイスAPI)
3つのポート。10000~65535の範囲の空きポートを使用してインストール時に動的に割り当てます。

Windowsの更新プログラムをインストールします

ソフトウェアのインストール前に、お使いのオペレーティングシステムが最新であることを確認します。

推奨事項

MongoDB データベースをバックアップ デフォルトとして、システムはMongoDB データベースのデイリーバックアップを作成します。詳細は「バックアップとMongoデータベースの保存」を参照してください。
SMTP サーバーとSystemOnの統合 ソフトウェアをインストールした後、統合のページから SystemOn を SMTP サーバーに接続します。SMTPは、ユーザー名の復元、ビルトイン管理者アカウントのパスワードを含むパスワードのリセットに必要です。

オペレーティングシステム

以下のオペレーティングシステムが、物理マシンおよびバーチャルマシンでサポートされます:

  • Windows Server 2019(推奨)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 10(Professional または Enterprise)、64 ビット版

ウェブブラウザー

以下はブラウザでサポートされている最低のバージョンです:

  • Chrome 72
  • Safari: 12
  • Windows Edge 44

ハードウェア

システムメモリー 3GB の RAM 
ハードディスク容量 2 GB の空き容量
プロセッサー デュアルコア以上

自動設定更新

以下の設定はソフトウェアのインストール中に自動的に作成されます。

インストーラー必須条件

インストールプロセス中に次の必須条件が自動的に追加されます:

  • PowerShell Community Extensions 3.1
  • Microsoft .NET Framework 4.6.2
  • Microsoft Visual C++ 2013 再配布可能パッケージ (x86)
  • Microsoft Windows Management Framework 4.0
  • MongoDB v3.2.0

Windowsファイヤーウォール

ローカルポート 5568, 8427

IIS

アプリケーションプールの設定

  • .NET CLR バージョン v4.0
  • 32ビットアプリケーションの有効化

その他

  • IIS サービスの有効化
  • IIS_IUSRSグループの、アプリケーションディレクトリへの読込み・書き込みアクセスを許可
  • 「CWB」という名称のサイトの作成
  • 「CWB」サイトが完全な .NET 信頼レベルで実行

マルチ ‐ サブネットネットワーク

サブネットをまたいで操作するためにShure SystemOnを設定するには、次の必須条件に従います:

必須条件

  • デバイスのあるすべてのサブネットへの有効なIPルート
  • ポート UDPを5568および8427にポートします
  • ACNデバイスはサーバーからルーティング可能なデフォルトゲートウェイです

通信要件

サーバーと Shure デバイス間の通信には次の条件が必要です。

ネットワーク

  • ユニキャストトラフィックへの対応
  • サーバーマシンは、サポートされるShureデバイスをともなうすべてのサブネットへのIPルートが必要

Shureデバイス

ACN マルチキャスト

  • ポート:5568
  • UDP マルチキャスト
  • Windows 用TTL の現在値は20

Shure の追加の検出

  • IP アドレス:239.255.254.235
  • ポート:8427
  • UDP マルチキャスト
  • TTL は 64

データベースのバックアップと復元

Shureソフトウェア情報を格納するMongoDBデータベース(SystemOnとともにインストール済み)をバックアップすることにより、データ損失から保護します。バックアップは、新しいサーバーに移行する場合にも役立ちます。

バックアップには、チームがソフトウェアで行うすべてのプロジェクト、ロケーション、およびデバイス設定が保存されます。バックアップの復元では、現在のオペレーティングソフトウェアのバージョンに一致するバックアップファイル(.bak)のみがサポートされます。

Mongo データベースのバックアップ

MongoDB のバックアップの作成には、同ソフトウェアがインストールされたマシンを使用します。

  1. データベースのバックアップをアーカイブする場所を特定します。このパスはコマンドラインで使用します。
  2. スタートメニューの検索ボックスに「command」と入力してコマンドプロンプトを開きます。Enterキーは押さないでください。
  3. コマンドプロンプトの項目を右クリックし、[Run as administrator]を選択します。
  4. [ ]でマークされた箇所を置き換えて、次のコマンドラインを入力します(””を含めます):

    "[SystemOnソフトウェアのインストールディレクトリ位置]\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongodump.exe" --host localhost
    --port [インストール時に選択した番号] --gzip --archive="[バックアップのパスとファイル名]"

    ヒント:初期設定におけるコマンドラインのサンプル

    "c:\Program Files\Shure\Shure Networked Systems Software\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongodump.exe" --host localhost
    --port 30000 --gzip --archive="c:\Shure.bak"

  5. Enterキーを押します。ファイルは、プロンプトで指定されたパスでアーカイブされます。

データベースバックアップからの復元

  1. ソフトウェアがインストールされたマシンで、スタートメニューの検索ボックスに「command」と入力してコマンドプロンプトを開きます。Enterキーは押さないでください。
  2. コマンドプロンプトの項目を右クリックし、[Run as administrator]を選択します。
  3. [ ]でマークされた箇所を置き換えて、次のコマンドラインを入力します(””を含めます):

    "[SystemOnソフトウェアのインストールディレクトリ位置]\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongorestore.exe" --host localhost --port [インストール時に選択した番号] --drop --gzip --archive="[バックアップのパスとファイル名]"

    ヒント:初期設定におけるコマンドラインのサンプル

    "c:\Program Files\Shure\Shure Networked Systems Software\Services\MongoDb-3.2.0\Bin\mongorestore.exe” --host localhost
    --port 30000 --drop --gzip --archive="c:\Shure.bak"

  4. ENTERキーを押します。
  5. コマンドプロンプトで

    iisreset

    と入力し、データベース構成を再読み込みします。

インストール後の準備および実行

次の設定はオプションですが、SystemOnに機能を追加し、A/Vサポートチームが効果的にShureデバイスを簡単に管理できるようにします。一部の設定はネットワーク管理者からの情報を必要とすることがあります。

構成チェックリスト

これらの項目を設定手続きを円滑に進めるために準備し、SystemOnであなたのチームにアップして実行させてください:

  1. 購入または試用ライセンスからのアクティベーションID。ソフトウェアにプランを適用した後、ライセンスを各ネットワークデバイスに割り当て、そのデバイスのためのSystemOnの全機能にアクセスする必要があります。
  2. Shureデバイス上のサポートされたファームウェアバージョン。詳細は「システム要件」を参照してください。
  3. 各サブネットにおけるすべてのデバイス用のIPアドレスのリスト
  4. ユーザーと通知を設定するための情報
    1. LDAPサーバー
    2. SMTP
    3. SMSテキストメッセージ用のTwilio アカウント

デバイスネットワークへの接続

正しいネットワーク インターフェイス カード (NIC) を選択し、SystemOnサーバーをオーディオネットワークに接続します。マシン上に複数の NIC がある場合、デバイスと同じ範囲の IP アドレスを持つカードを選択します。

NIC の選択

サイトの URL の設定

わかりやすい名称から SystemOn サイトにアクセスするための基本 URL を設定できます。例:http://systemon.mycompany.com。これは、チームが SystemOn ソフトウェアにアクセスするのに使用するアドレスです。

ブラウザーを使ったSystemOn へのアクセス

DNS コントローラーに DNS エイリアスを設定して、正規化URL から SystemOn サイトにアクセスします。たとえば、SystemOn という DNS エイリアスを作成すれば、このソフトウェアには次のアドレスからアクセスできます: http://systemon.mycompany.com あるいはhttp://systemon

LDAPディレクトリからのユーザーのインポート

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)データベースに統合することによって、使用中のユーザー ディレクトリからアカウントを追加します。LDAPへの統合を行うと、既存のユーザーをインポートすることで設定時間を低減し、同じサインイン認証情報を使うことでチームのワークフローを簡潔化できます。

  1. 設定 > インタロゲーションに進みます。
  2. LDAPセクションで[Enable]をクリックします。
  3. LDAPサーバーの設定に従って必須フィールドにすべて入力します。
  4. テスト接続を選び、統合が完了したことを検証します。
  5. Enableをクリックします。

LDAPのパスワード

LDAPからインポートされたユーザーについては、パスワードはLDAPのデータベースによって保持され、サインイン中SystemOnによって参照されます。データベースとの矛盾を避けるために、これらのユーザーは、各自のパスワードをSystemOnによって再設定することはできません。

SMTPサーバーへの接続

自動電子メールを設定して、チームにデバイスの重要な更新情報を通知します。

  1. 設定 > インタロゲーション > Eメールに進みます。
  2. SMTPサーバーの設定を入力します。
  3. 設定をテストして、統合が正常に行われたことを確認します。

例:

送信元:AVアラート[mailto:AV-Alerts@mycompany.com]
送信日時:2018年12月16日(金曜日)10:29 AM
送信先:AV技術サポート<AV-techs@mycompany.com>
件名:SystemOn - デバイス不明 - チャンネル1

技術サポート部門各位
デバイスが不明です:
チャンネル1(172.17.30.11)が見つかりません。
最終表示日時:2018年12月16日10:29:19 AM

MyCompany
www.myCompany.com

SMSメッセージ通知の設定

自動SMSメッセージを設定して、チームにデバイスの重要な更新情報を通知します。Shure SystemOnは、そのメッセージの運用にTwilioアカウントを使用します。

注:SystemOnがインストールされたサーバーまたはコンピューターにインターネット接続が必要となります

  1. http://www.twilio.comで、Twilioアカウントを作成します。SystemOnに組み込むために、Twilioアカウントからの以下の情報を使用します。
    • TwilioアカウントID
    • Twilioトークン
    • Twilio アカウントの「発信」電話番号(設定されている場合)
  2. 設定 > インタロゲーション > SMSに進みます。
  3. 設定をテストして、統合が正常に行われたことを確認します。メッセージが、Twilio アカウントで入力された電話番号に送信されます。
  4. ユーザーでアカウントを編集し、各チームメンバーの電話番号を追加します。